検索
10
2019
APRIL
WED

春になったらシャツが気分。袖を通せば違いがわかる、シャツテーラーが作る本格派シャツ

別格の美シルエットにほれぼれ。アメリカントラッドの神髄、『INDIVIDUALIZED SHIRTS(インディビジュアライズドシャツ)』のシャツ


1961年創業の『INDIVIDUALIZED SHIRTS(インディビジュアライズドシャツ)』は、高級ドレスシャツファクトリーとして歴代の米国大統領をはじめとするセレブリティにも愛されてきたアメリカントラッドの代表格。カスタムメイドのシャツ作りを原点に進化してきたブランドのシャツは、ドレスのようなエレガンスがありながら日常着としての着やすさを兼ね備え、着るほどにその価値に納得。クラシカルなスタイルから、リラクシングなリネンまでこの春着たい一枚を見つけて。

  

ドレスシャツファクトリーの技が光る、クレリックシャツ

襟が白無地のクラシカルなスタイルのクレリックシャツは赤のストライプをチョイスして春らしい明るさを。かっこよくキメたいときにもチノパンやデニムなど合わせたカジュアルな装いのときにもマッチ。ボトムスでカジュアルダウンしても、品よく仕上げてくれるのはさすがです。コットン100%の生地を使用し、もちろんメイド・イン・アメリカ。ほどよいゆとりのあるサイズ設定は着心地も快適で、メンズライクなムードも楽しめます。

 

(トップ画像)クレリックシャツ¥29,160/INDIVIDUALIZED SHIRTS

 

春夏に活躍、スモックシャツ


左から チェックシャツ¥28,080、リネンシャツ¥28,080/INDIVIDUALIZED SHIRTS

 

リラクシングなムードで着られるバンドカラーのスモックシャツは、柄や素材選びで春らしい軽やかさを演出。身幅は広め、丈は短めに設定しボトムスとのバランスが取りやすくなっています。やや肩を落としたシルエットが女性らしく、後ろ姿のラインの美しさなどシャツテイラーならではの技を感じます。

 
さらりと気持ちいいリネン素材


 

ブルーのスモックシャツはリネン素材を使用。ナチュラルな風合いを残しつつ、シルエットの綺麗さによってほっこりしすぎない絶妙な具合です。上から二つ目までボタンを外すと抜け感が出て、フェミニンな別の表情に。スモックシャツはふわりと見た目にも涼やかで、夏の間も活躍してくれそうです。

 

 

INDIVIDUALIZED SHIRTS

http://www.individualizedshirts.jp/

03-5410-9777

 

 

photograph:kimyongduck

styling:Rina Taruyama

text : Momoko Yokomizo

Share
はてなブックマーク

2019年04月のテーマ 「アメリカントラッド」


アメトラの王道ブランド『Brooks Brothers(ブルックス ブラザーズ)』のシングルブレザー


永遠のスタンダードアイテム。世界中で愛される『Champion(チャンピオン)』のスウェットパーカ


セレクトショップ『heliopole(エリオポール)』発、カジュアル&モードなワイドパンツ


世界的デザイナーが手がける『ENGINEERED GARMENTS(エンジニアド ガーメンツ)』の、涼感シャツ&スカート


レザーハンドルでワンランクアップ。日本限定発売の『L.L.Bean(エル・エル・ビーン)』カタディントート


再ブームの兆しを見せる『Polaroid(ポラロイド)』で、新年度スタートの思い出を撮ろう!


デニムの聖地で培ったモノづくり精神が宿る、『ordinary fits(オーディナリーフィッツ)』のオーバーオール


シャープな見た目なのに超実用的!『IGNOBLE(イグノーブル)』の2WAYバックパック


トレンド感もクオリティも、コスパもよし!『CRAFT STANDARD BOUTIQUE(クラフト スタンダード ブティック)』でつくる春コーデ


アメリカントラッドに不可欠な『CONVERSE(コンバース)』のオールスターが、さらに軽量に!


穿く人のからだに心地よくなじむ、オーセンティックな『Levi’s®(リーバイス®)』のリジッド(未洗い)デニム。


ワンランク上のカジュアルを叶える、こだわり抜かれた『ANATOMICA(アナトミカ)』のデザイン。


春になったらシャツが気分。袖を通せば違いがわかる、シャツテーラーが作る本格派シャツ


『MOSCOT(モスコット)』のクラシカルモードなフレームで、顔の印象をフレッシュに。


世界のジェットセッターも選ぶ、アメリカ西海岸発のハイクオリティスーツケース


大型連休のお出かけにいちおし!『Uniqlo U(ユニクロ ユー)』のデニムショートパンツ


『LENO(リノ)』の新アイテムでつくる、大人のためのこなれベーシックスタイル。


『GH BASS(ジーエイチバス)』のローファーで、この春はアイビー・ガールを気取って。


老舗デニムメーカー『JOHNBULL(ジョンブル)』でかなえる、オーセンティックな春デニムスタイル。


あえてメンズをチョイス。春先から使える『Hanes(ヘインズ)』のパックTシャツ


『COMESANDGOES(カムズアンドゴーズ)』のキャップで軽やかなスタイルを楽しんで。


履くほどに愛しさが増す、『RED WING(レッド・ウィング)』で一生もののワークブーツを。


おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!