『MOSCOT(モスコット)』のクラシカルモードなフレームで、顔の印象をフレッシュに。

1915年創業、NY生まれの老舗ブランド『MOSCOT(モスコット)』。顔の印象がスタイリッシュに変わる、とっておきのデザインが人気です。
MILTZEN¥33,480/MOSCOT

 

100年以上の歴史を持つNYの眼鏡ブランドを春の味方に。

 

1915年、ニューヨークでスタ―トした眼鏡店『MOSCOT(モスコット)』。クラシカルな過去のデザインの良さをしっかり踏襲しつつ、現代のファッショにもマッチするようアップデートされたデザインと、より心地よくつけられる快適性を追求し、創業から100年以上たった今でも老若男女を問わず世界中から愛されています。

 

 

MILTZEN¥33,480/MOSCOT

 

ボストン型の「MILTZEN(ミルゼン)」は、ブランドを代表する定番モデル。小振りなシェイプが知的でクラシカルな印象を与え、日本はもちろん、海外でも愛用者の多いシリーズです。デザイン自体はクラシックながらも、フレームが細めなのでやりすぎ感がなく、かける人を選ばないのも人気の秘密。丸みを帯びたシェイプが品良く優しい雰囲気なので、シンプルなカジュアルスタイルにも、きれいめのワンピーススタイルにも女性らしくフィットします。眼鏡の他にサングラスの展開もあるので、ライフスタイルに合わせていろんな着け方を楽しめそうですね。

 

 

主張しすぎず鮮度を上げる、洗練されたシェイプが魅力

 

LEMTOSH¥33,480/MOSCOT

 

もうひとつの人気モデルである『LEMTOSH(レムトッシュ)』は、ウエリントンとボストンの中間にある独特なレンズシェイプが魅力。50年以上前に誕生したデザインながら、不思議といま見ても現代的で、飽きのこないスタイリッシュな佇まい。俳優のジョニーデップが愛用していることでも有名なモデルです。

 

 

LEMTOSH¥33,480/MOSCOT

 

 

今回ご紹介した2タイプとも、フレームのボリュームが少なく軽量なため、長い時間かけていてもストレスを感じにくいのも特長。主張しすぎないデザインなので、眼鏡に抵抗のある方にもぜひ気軽に取り入れてほしいアイテムです。

 

ほどよくクラシカルで品のあるデザインは、デイリーカジュアルはもちろん、この春注目のアメリカントラッドスタイルにもぴったり。シンプルなスタイルにプラスするだけで、顔まわりがぱっとあかぬけるとっておき。フレームやカラーバリエーションも豊富なので、ぜひ、自分にぴったりな眼鏡を見つけてみてはいかがでしょうか。

 

 

モスコット トウキョウ

03-6434-1070

https://moscot.com/

 

 

  • photograh:Kimyongduck

    styling:Rina Taruyama

    text:Sakura Komiyama