検索
3
2019
APRIL
WED

あえてメンズをチョイス。春先から使える『Hanes(ヘインズ)』のパックTシャツ

アメリカンな定番から日本人の体型に合わせた仕様まで。『Hanes(ヘインズ)』のメンズTシャツからぴったりの一枚を見つける!


まだ寒暖差の激しい桜の季節を楽しんだら日を追うごとに気温は上昇していき、ちょっと汗ばむくらいの夏日も出てくるほど。気候の変化に洋服が追いつけないのがこの時期の悩みでもあります。衣替えをする前の暖かい日から夏真っ盛りまで、基本の服としてオススメしたいのが、『Hanes(ヘインズ)』のメンズラインのTシャツ。女性が着るとちょうどいいゆったりシルエットになり、じつは使えるアイテムなのです。

 

(トップ画像)

ビーフィーTシャツ¥1,620、ジャパンフィット 2枚セット クルーネックTシャツ(2色入り)¥3,024/Hanes

 

 

日本人の体型に合わせたシルエット


ジャパンフィット 2枚セットの白Tシャツ

 

アメリカのカジュアルウェアブランド『Hanes(ヘインズ)』の代名詞ともいえるTシャツは、スタンダードなデザインとコストパフォーマンスの良さが魅力。シンプルなシルエットはずっと変わらないように見えますが、毎年アップデートされていたり、素材も進化していたり、種類も豊富に揃えています。

 

「ジャパンフィット」は日本人の体型に合わせたシルエットで作られていて、着丈を短くアームホールを絞り、ネックも細めに設定しているので女性が着たときにも馴染みやすいフィット感。今季はほどよい厚みの5.3ozの生地を採用し、従来より透けにくくなっているのもポイントです。2枚組セットでも税込み三千円程度で、コットン 100%のTシャツが白黒のカラーバリエーションが揃うというお得感。どちらも万能カラーなので、このセットがあれば基本は安心ですね。

 

 

クラシカルなフォルムが今らしい、定番Tシャツ


右からビーフィーTシャツ(ポケット付き)¥2,160、ビーフィーTシャツ¥1,620/Hanes


 

ヘインズの定番アイテム、ビーフィーTシャツはアメリカンなボックスシルエットを求めている人に最適な一枚。牛のようにタフでたくましいことから名付けられたほど、丈夫な作りが自慢です。ヘビーウェイト(肉厚)の生地は洗濯を繰り返しても型崩れしにくく、シルエットを持続。洗うほどに肌になじむコットン素材は、首元など当たりが気になる部分もストレスフリーで着ることができます。

 

ヘインズのTシャツはパックに包装されているのも、着る前のお楽しみ。クオリティが高い上にコスパもよく、今らしいシルエットに仕上がるメンズTシャツをぜひお試しください。

 

 

ヘインズブランズ ジャパン カスタマーセンター
https://www.hanesbrandsinc.jp/

0120-456-042

 

 

photograph:kimyongduck

styling:Rina Taruyama

text:Momoko Yokomizo

Share
はてなブックマーク

2019年04月のテーマ 2019年4月のテーマは「アメリカントラッド」


世界的デザイナーが手がける『ENGINEERED GARMENTS(エンジニアド ガーメンツ)』の、涼感シャツ&スカート


レザーハンドルでワンランクアップ。日本限定発売の『L.L.Bean(エル・エル・ビーン)』カタディントート


再ブームの兆しを見せる『Polaroid(ポラロイド)』で、新年度スタートの思い出を撮ろう!


デニムの聖地で培ったモノづくり精神が宿る、『ordinary fits(オーディナリーフィッツ)』のオーバーオール


シャープな見た目なのに超実用的!『IGNOBLE(イグノーブル)』の2WAYバックパック


トレンド感もクオリティも、コスパもよし!『CRAFT STANDARD BOUTIQUE(クラフト スタンダード ブティック)』でつくる春コーデ


アメリカントラッドに不可欠な『CONVERSE(コンバース)』のオールスターが、さらに軽量に!


穿く人のからだに心地よくなじむ、オーセンティックな『Levi’s®(リーバイス®)』のリジッド(未洗い)デニム。


ワンランク上のカジュアルを叶える、こだわり抜かれた『ANATOMICA(アナトミカ)』のデザイン。


春になったらシャツが気分。袖を通せば違いがわかる、シャツテーラーが作る本格派シャツ


『MOSCOT(モスコット)』のクラシカルモードなフレームで、顔の印象をフレッシュに。


世界のジェットセッターも選ぶ、アメリカ西海岸発のハイクオリティスーツケース


大型連休のお出かけにいちおし!『Uniqlo U(ユニクロ ユー)』のデニムショートパンツ


『LENO(リノ)』の新アイテムでつくる、大人のためのこなれベーシックスタイル。


『GH BASS(ジーエイチバス)』のローファーで、この春はアイビー・ガールを気取って。


老舗デニムメーカー『JOHNBULL(ジョンブル)』でかなえる、オーセンティックな春デニムスタイル。


あえてメンズをチョイス。春先から使える『Hanes(ヘインズ)』のパックTシャツ


『COMESANDGOES(カムズアンドゴーズ)』のキャップで軽やかなスタイルを楽しんで。


履くほどに愛しさが増す、『RED WING(レッド・ウィング)』で一生もののワークブーツを。


おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!