検索
7
2019
APRIL
SUN

大型連休のお出かけにいちおし!『Uniqlo U(ユニクロ ユー)』のデニムショートパンツ

ゴールデンウィークが待ち遠しい!お出かけに向けて、『Uniqlo U(ユニクロ ユー)』人気アイテムのデニムイージーショーツとクルーネックTシャツでワードローブを更新。


Uniqlo U(ユニクロ ユー)』から、人気のデニムイージーショーツがアップデートされて再登場。スポーティだけど女性らしさもあるショートパンツは、大人のアクティブなスタイルにもってこいの一枚です。待ち遠しいゴールデンウィークのお出かけに向けて、ワードローブに取り入れて。

 

 

人気アイテムがバージョンアップして再登場 


デニムイージーショーツ¥3,229(4月中旬発売 一部店舗にて販売)/Uniqlo U

 

クリストフ・ルメール率いるデザイナーチームが手がけるUniqlo U(ユニクロ ユー)』のデニム素材のショートパンツは、ウエストゴムならではのイージーさと洗練されたデザインで、昨年の発売では人気だったアイテム。再販を待望された今年は、腰回りをゆったりとリラクシングなサイズ感にアップデートし、よりフェミニンな印象へ。両サイドには大きなポケットを配置し、大人っぽいシルエットのなかに遊び心を感じさせます。カラーは今季のシーズンカラーである、深みのあるアースカラーや夏を彩るアクセントカラーをラインナップ。初夏の陽気も感じる連休中のイベントごとから、ビーチバカンスまで活躍してくれることまちがいなし!のショートパンツです。

 

 

定番Tシャツはカラーバリエーションがさらに豊富に


クルーネックTシャツ¥1,080/Uniqlo U

 

“透けにくいTシャツ”として評判の、クルーネックTシャツもユニクロ ユーの大ヒットアイテムのひとつで、夏の定番として愛用者も多いですよね。ハリのある肉厚の素材を使用し、美シルエットかつガシガシと洗濯できる点もありがたいかぎり。今年はカラーバリエーションが増え、ネックラインのリブ幅も太めでおしゃれ着感がアップしています。Tシャツはシンプルなフォルムなだけにちょっとの違いで見映えが変わってくるので、本格的な夏がやってくる前にリニューアルしてみてはいかがでしょうか。

 

 

ユニクロ  

www.uniqlo.com

0120-170-296

 

 

photograph:kimyongduck

styling:Rina Taruyama

text : Momoko Yokomizo

Share
はてなブックマーク

2019年04月のテーマ 「アメリカントラッド」


アメトラの王道ブランド『Brooks Brothers(ブルックス ブラザーズ)』のシングルブレザー


永遠のスタンダードアイテム。世界中で愛される『Champion(チャンピオン)』のスウェットパーカ


セレクトショップ『heliopole(エリオポール)』発、カジュアル&モードなワイドパンツ


世界的デザイナーが手がける『ENGINEERED GARMENTS(エンジニアド ガーメンツ)』の、涼感シャツ&スカート


レザーハンドルでワンランクアップ。日本限定発売の『L.L.Bean(エル・エル・ビーン)』カタディントート


再ブームの兆しを見せる『Polaroid(ポラロイド)』で、新年度スタートの思い出を撮ろう!


デニムの聖地で培ったモノづくり精神が宿る、『ordinary fits(オーディナリーフィッツ)』のオーバーオール


シャープな見た目なのに超実用的!『IGNOBLE(イグノーブル)』の2WAYバックパック


トレンド感もクオリティも、コスパもよし!『CRAFT STANDARD BOUTIQUE(クラフト スタンダード ブティック)』でつくる春コーデ


アメリカントラッドに不可欠な『CONVERSE(コンバース)』のオールスターが、さらに軽量に!


穿く人のからだに心地よくなじむ、オーセンティックな『Levi’s®(リーバイス®)』のリジッド(未洗い)デニム。


ワンランク上のカジュアルを叶える、こだわり抜かれた『ANATOMICA(アナトミカ)』のデザイン。


春になったらシャツが気分。袖を通せば違いがわかる、シャツテーラーが作る本格派シャツ


『MOSCOT(モスコット)』のクラシカルモードなフレームで、顔の印象をフレッシュに。


世界のジェットセッターも選ぶ、アメリカ西海岸発のハイクオリティスーツケース


大型連休のお出かけにいちおし!『Uniqlo U(ユニクロ ユー)』のデニムショートパンツ


『LENO(リノ)』の新アイテムでつくる、大人のためのこなれベーシックスタイル。


『GH BASS(ジーエイチバス)』のローファーで、この春はアイビー・ガールを気取って。


老舗デニムメーカー『JOHNBULL(ジョンブル)』でかなえる、オーセンティックな春デニムスタイル。


あえてメンズをチョイス。春先から使える『Hanes(ヘインズ)』のパックTシャツ


『COMESANDGOES(カムズアンドゴーズ)』のキャップで軽やかなスタイルを楽しんで。


履くほどに愛しさが増す、『RED WING(レッド・ウィング)』で一生もののワークブーツを。


おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!