検索
6
2019
APRIL
SAT

『LENO(リノ)』の新アイテムでつくる、大人のためのこなれベーシックスタイル。

肩の力の抜けたベーシックウェアが人気の『LENO(リノ)』。さりげないのにどこか違う、ディテール自慢の新アイテムが届きました。


シャツ¥20,520、グルカショーツ¥22,680/LENO

 

さりげないのになぜか気になる、大人のためのニューベーシック

 

2015年、原宿の小さなマンションで産声をあげた『LENO(リノ)』。肩に力を入れずに長く着られるベーシックな服づくりが、着々とファンを増やしています。シーズンテーマはあえて設定せず、ヴィンテージクロージングの時代背景や製造過程などを分析し、長年愛用したのちに次の世代に引き継げるようなアイテムを展開。旧き良きエッセンスを大切に残しつつも、「いつの時代でも着たい」ファッションに変化させて提案しています。

 

 

 

シャツ¥20,520、グルカショーツ¥22,680/LENO

 

この春届いたニューピースは、コットン100%のシャツとショートパンツ。オリジナルファブリックのシャツは、女性のものとしては珍しい開襟デザインが特長です。ほどよくからだが泳ぐ大きめのサイズ感に、インでもアウトでもちょうどよいうれしい丈感。『LENO(リノ)』らしい、かわいくなりすぎないパステルカラーが、絶妙なこなれ感を放ちます。

 

 

ヴィンテージライクなグルカショーツでさりげない旬感をプラス

 

そして開襟シャツにぜひウエストインで合わせてほしいのが、今シーズン注目のグルカパンツ。

 

 

シャツ¥20,520、グルカショーツ¥22,680/LENO

 

グルカパンツとは、幅広のウエストベルトが特長のミリタリーパンツのこと。古着ではよく見る形ですが、いま改めて見るととっても新鮮!『LENO(リノ)』では、ヨーロッパビンテージのグルカショーツをデザインソースに据えつつ、現代でもはきやすいようにディテールをブラッシュアップ。マニッシュなイメージはそのままに、ウエストをきゅっと絞って女性らしいニュアンスを出しています。
また、大人でも履きやすい長めの丈感なので、トレンドのショートボトムスにトライしたいけどあまり太ももを出したくない…という方にもぴったり。ウエストとのメリハリ効果で、ひざ下の印象もすっきり。ソックスとマニッシュ靴できれいめにまとめれば、リラックス感がありつつも上品な印象のショーツスタイルが楽しめます。

 

 

シャツ¥20,520、グルカショーツ¥22,680、トートバッグ¥4,104/LENO

 

仕上げに遊び心を足したくなったら、ブランドオリジナルのトートバッグを。10号帆布で作った日本製のトートは、持ち手も長く、肩掛けもOK。ほどよくやわらかく、大きなマチ付きで荷物もたくさん入るので、普段使いはもちろん、お買いもの用として畳んで持ち運んでも。ロゴ面の裏には、改装前のアトリエショップに点在していたアンティークアイテムのイラストをオン。『LENO(リノ)』のファンなら実際に見たことがあるかもしれないものばかりです。

 

デイリーに楽しめる等身大のアイテムながら、上品にあかぬけて見えるのは、ディテールへの細やかなこだわりが光っているから。着れば着るほど愛着のわく『LENO(リノ)』のアイテム、ぜひ春の新定番として取り入れてみてくださいね。

 

 

グッドスタンディング  03-6447-2478

https://lenoandco.com/

 

 

photograh:Kimyongduck

styling:Rina Taruyama

text:Sakura Komiyama

hair&make:Keita Iijima(modshair
model:Lisa Bayne(hirata office)
Share
はてなブックマーク

2019年04月のテーマ 2019年4月のテーマは「アメリカントラッド」


世界的デザイナーが手がける『ENGINEERED GARMENTS(エンジニアド ガーメンツ)』の、涼感シャツ&スカート


レザーハンドルでワンランクアップ。日本限定発売の『L.L.Bean(エル・エル・ビーン)』カタディントート


再ブームの兆しを見せる『Polaroid(ポラロイド)』で、新年度スタートの思い出を撮ろう!


デニムの聖地で培ったモノづくり精神が宿る、『ordinary fits(オーディナリーフィッツ)』のオーバーオール


シャープな見た目なのに超実用的!『IGNOBLE(イグノーブル)』の2WAYバックパック


トレンド感もクオリティも、コスパもよし!『CRAFT STANDARD BOUTIQUE(クラフト スタンダード ブティック)』でつくる春コーデ


アメリカントラッドに不可欠な『CONVERSE(コンバース)』のオールスターが、さらに軽量に!


穿く人のからだに心地よくなじむ、オーセンティックな『Levi’s®(リーバイス®)』のリジッド(未洗い)デニム。


ワンランク上のカジュアルを叶える、こだわり抜かれた『ANATOMICA(アナトミカ)』のデザイン。


春になったらシャツが気分。袖を通せば違いがわかる、シャツテーラーが作る本格派シャツ


『MOSCOT(モスコット)』のクラシカルモードなフレームで、顔の印象をフレッシュに。


世界のジェットセッターも選ぶ、アメリカ西海岸発のハイクオリティスーツケース


大型連休のお出かけにいちおし!『Uniqlo U(ユニクロ ユー)』のデニムショートパンツ


『LENO(リノ)』の新アイテムでつくる、大人のためのこなれベーシックスタイル。


『GH BASS(ジーエイチバス)』のローファーで、この春はアイビー・ガールを気取って。


老舗デニムメーカー『JOHNBULL(ジョンブル)』でかなえる、オーセンティックな春デニムスタイル。


あえてメンズをチョイス。春先から使える『Hanes(ヘインズ)』のパックTシャツ


『COMESANDGOES(カムズアンドゴーズ)』のキャップで軽やかなスタイルを楽しんで。


履くほどに愛しさが増す、『RED WING(レッド・ウィング)』で一生もののワークブーツを。


おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!