検索
13
2019
MARCH
WED

オフィス仕様のきちんと感。英国発『SIMPSON LONDON(シンプソン ロンドン)』の褒められバッグ

レディースラインも上陸!『SIMPSON LONDON』の品格漂うレザーバッグを通勤のパートナーに。


ワーキングウーマンにとってバッグは名刺代わりのような存在。社内外の人がじつはチェックしているものです。その点、英国発の『SIMPSON LONDON(シンプソン ロンドン)』のバッグなら重要なプレゼンの日にも頼もしいほどの品格! ユニセックス仕様のエレガントな佇まいは女性からも男性からも褒められること間違いなし。

 

ハンドメイドで作られる、由緒正しきレザーバッグ

歴史あるブランドはその背景にあるストーリーをつい語りたくなりますよね。『SIMPSON LONDON(シンプソン ロンドン』もそんなブランドのひとつで、その歴史は19世紀までさかのぼることができるそう。1860年創業の英国王室にも愛用されるブランドとして知られる名門バッグメーカー、タナー・クロール社のビスポーク(オーダーメイド)部門の職人たちが1997年に誕生させ、現在ではロンドン市内に工房を構える唯一のビスポーク鞄メーカーなんだとか。

 

職人の技術と知識を活かしながら、洗練されたデザインにアップデートされた「ブリッジオブウィアー レザー トートバッグ」は、ユニセックス仕様の機能美も追求されたハンドメイドのバッグ。自然なシボ感が美しいレザーで仕立て、フロントのポケットはなんと鍵付なんです! 大事なものは鍵付のポケットに収納し、頻繁に出し入れしたい携帯電話やICカードは背面のオープンポケットへ。

 


ブリッジオブウィアー レザー トートバッグ<W34.5×H34.5×D11cm>¥155,000/SIMPSON LONDON

 

マチもあるので、書類やPCも十分収まります。取り外し可能なショルダーストラップも付き、動きやすさにも対応。スクエア型の端正な佇まいは持っているこちらも背筋が伸びるようです。

 

 

レディースコレクションが日本初お目見え


クラシックショルダー¥100,000<W23×H19×D9cm>/SIMPSON LONDON

 

待望のレディースコレクションも今年日本にデビューし、ユニセックスライン同様のクラシカルな高級感はそのままにフェミニンな装いにもマッチするバッグがラインナップ。バーガンディカラーのショルダーバッグは、ほんのり艶めくレザーが上品。きちんとした装いからカジュアルなデニムスタイルにもマッチする万能性もうれしいポイントです。

 

 

SIMPSON LONDON
https://www.simpsonlondon-jp.com/

0798-20-8607

 

 

photograph:kimyongduck

styling:Rina Taruyama

text : Momoko Yokomizo

Share
はてなブックマーク

2019年03月のテーマ 名品図鑑


新生活におススメ。知的でスマートな『SEIKO(セイコー)』の革バンド腕時計


長く一緒に暮らしたい。マーガレット・ハウエルが惚れ込んだ、『ERCOL(アーコール)』の椅子


スポーツアイテムを日常のワードローブにとけ込ませて


やさしいカラーで春の透明感を。 『COS(コス)』の淡色ワンピース


ハレの日も職場も、『REGAL(リーガル)』プレミアムラインの革靴でハンサムな足元


北欧デザインに心ときめく『イケア』から、プレイフル&ハッピーな3つのアイテムをご紹介。


『DELFONICS(デルフォニックス)』のダイアリーカバーで、日常を特別に。


スーツからデニムまで、春トレンチさえあれば!『A.P.C.』のトレンチコートで添える、フレンチエッセンス


靴のソールを使用!? 遊びココロを感じるステーショーナリーグッズ


オフィス仕様のきちんと感。英国発『SIMPSON LONDON(シンプソン ロンドン)』の褒められバッグ


足先までおしゃれ宣言!長時間履いても快適な『CHICSTOCKS(シックストックス)』のソックス


『PAPIER LABO.(パピエラボ)』のグッズがもたらしてくれる、ユーモラスな心地よさ。


ユニセックスが今年の気分。『GYMPHLEX(ジムフレックス)』のスウィングコートで颯爽と。


カラーやシルエットにこだわって。『A.P.C.』で見つける、大人のマイベストデニム


『BALMUDA(バルミューダ)』から、シンプルを追求した空気清浄機がデビュー。


『GIANNI CHIARINI(ジャンニ キアリーニ)』のキャンバスバッグで、日常に上質な遊び心を。


オンもオフも頼れる名品、『Paraboot(パラブーツ)』のアイコンシューズ。


春のお出かけに活躍。コーデのバリエーションを増やす、『ユニクロ/イネス・ド・ラ・フレサンジュ』のセットアップ


ポロシャツの原点、「LACOSTE(ラコステ)」の「L.12.12」が愛される理由。


植物染料由来の神秘的な美しさ。 『Pastel d'Occitanie(パステル・ドクシタニ)』の唯一無二のブルー。


『studio CLIP(スタディオクリップ)』のコットンリネンアイテムで、身も心も軽やかな春を迎えて。


1本で、メガネにも、サングラスにも!?『JINS(ジンズ)』の新発想アイウェア


おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!