カラーやシルエットにこだわって。『A.P.C.』で見つける、大人のマイベストデニム

ラフすぎず、ほどよいトレンド感。ウォッシュド、スリム、ストレートから一番自分にマッチする『A.P.C.』のデニムを見つけて。

年齢を重ねると、鏡に映った自分の姿に「デニムがしっくりこない」とため息をつくこともしばしば。でもそれって10代に比べて体型が変わってしまったからだけじゃない! しばらくデニムの更新をしてないのではないでしょうか?

スタンダードなデザインではありますがデニムにもトレンドがあり、今らしい着こなしに仕上げたいならデニムもシルエットやサイズ感の見直しがマスト! この春は自分にマッチするマイベストデニムを見つけて。

 

 

女性らしさ薫る、キレイなデニムスタイル

 

パリジェンヌ、パリジャンが愛する『A.P.C.(アー・ペー・セー)』のデニムはラフすぎず、ほどよいトレンド感が大人女子のチョイスにぴったり。今シーズンも旬が続くハイウエスト採用したウォッシュドデニムは、深すぎず浅すぎずの股上が絶妙な塩梅。ウエストを包み込むようにフィットしてくれます。淡い色のブルーが人気の’90Sなムードにも寄り添いながら、ストレートシルエットできれいめな仕上がりへ。

 




インディゴのスリムジーンズは濃いカラーと細身のレッグで、メリハリのあるスタイルを演出。クリーンな印象も与えてくれ、オフィスカジュアルにも合わせられる一本です。

 

 

ワードローブの基本にしたい、「スタンダードジーンズ」


ストレートジーンズ インディゴ¥21,600/A.P.C.(アー・ペー・セー カスタマーサービス)


 

ブランドの定番、インディゴのストレート「スタンダードジーンズ」はオールマイティーに活躍してくれる、まさにスタンダードな一本。ハイウエストのノンウォッシュで、今らしいシルエットと上品さを両立。ゆとりによるほっそり見えも期待できます。

 


 

バレエシューズやパンプスに合わせてフェミニンに履いたり、裾を折り返してカジュアルにキメたり、タウンもアウトドアでも重宝してくれます。

 

 

(トップ画像)右からスリムジーンズ インディゴ¥22,680、ウォッシュド¥24,840/A.P.C.(アー・ペー・セー カスタマーサービス)

 

アー・ペー・セー カスタマーサービス

03-3710-7033

http://www.apcjp.com/jpn/

 

 

photograph:kimyongduck

styling:Rina Taruyama

text:Momoko Yokomizo