フレンチスタイルに習う。テーブルの名脇役、『Jean Dubost Laguiole(ジャン デュボ ライヨール)』のカトラリー

デイリー使いのカトラリーにもこだわりたい。使い勝手も抜群な『Jean Dubost Laguiole(ジャン デュボ ライヨール)』のテーブルウェア

カフェやレストランでの食事が美味しく、特別な時間に感じるのはプロが作り出す味はもちろんのこと、その“ムード”も大事なスパイスになっていますよね。室内の装飾からテーブルウェアまで、ひとつひとつへの気配りが美味しいひと皿をもっと美味しくさせているはずです。家で食べる普段のごはんも、ちょっとした変化で洗練されたムードがテーブル上に。器に加えて、カトラリーにもこだわりを持つとぐっと見栄えがよくなります。

 

 

カジュアルに使えるフレンチカトラリー、『Jean Dubost Laguiole(ジャン デュボ ライヨール)』

左からティースプーン¥1,000、デザートフォーク¥1,000、テーブルスプーン¥1,400、テーブルフォーク¥1,400、イングリッシュナイフ¥2,000/Jean Dubost Laguiole(ザッカワークス)


 

フランスのカトラリーブランド『Jean Dubost Laguiole(ジャン デュボ ライヨール)』は1920年に刃物の町として有名なフランス・ティエール地方の小さな工房から始まり、アイテムの多くの工程が今も職人たちによってハンドメイドで作られています。カトラリーはクラシカルな雰囲気をまといながら、ぽってりとしたフォルムが親しみやすく、気取らない普段の食事に使えるデイリーなアイテムです。

 

軽すぎず重すぎず、持つのにちょうどいい重さで、柄の緩やかな窪みが手にフィット。慣れないフォーク&ナイフの扱いも、いつもよりスムーズにできてしまいそう。カラーバリエーションも豊富に揃い、スタンダードなカラーに加え、写真のカフェオレカラーのようなフレンチシックなテイストも見つけることができます。

 

 

愛らしいシンボルマークがチャームポイント 


 

柄元に施されたマルハナバチのマークは、生産地であるティエール地方のシンボル。使っているアイテムのルーツを感じさせてくれる、かわいいワンポイントになっています。ステンレスとABS樹脂製なのでお手入れも簡単に済み、毎日使うにはぴったりのアイテム。朝食からおやつタイム、ディナーまでフレンチなムードをカトラリーから楽しんでください。

 

 

ジャン デュボ ライヨール

https://store.zakkaworks.com/

03-3295-8787 (ザッカワークス)

 

 

photograph:kimyongduck

styling:Rina Taruyama

text:Momoko Yokomizo