日常のさまざまなシーンで役立つ『fog linen work(フォグリネンワーク)』リネン100%バッグ

普段使いをテーマに製品づくりを行う『fog linen work(フォグリネンワーク)』から旅先のバッグやエコバッグ代わりになる使い勝手の良いリネンバッグが届きました。

バルト三国のひとつで、ポーランドの北に位置するリトアニア。そこで生産する丈夫なリネン素材を用い、関根由美子がデザインしたオーソドックスな『fog linen work(フォグリネンワーク)』の斜め掛けバッグが、さまざまな用途に使えると人気です。

 

コンパクトにたたんで、持ち運びもラクラク!

左/袋状のシンプルな形で中身が出し入れしやすく、収納力もたっぷり。リネン100%。ヨハン 斜めがけバッグ ヘリンボーン ¥4,428、右/小ぶりに見えて街がたっぷりあるため、収納力は抜群。リネン100%・ケイト ショルダー バッグ グラフィット ¥3,888/ともにfog linen work ※季節によって色柄が変わります

 

リネンの材料になるフラックスの栽培に適した気候というのは、夏が暑く、冬は寒いのが第一条件。そんな寒暖差のあるリトアニアで栽培された丈夫なリネンを用いて、今回紹介するフォグリネンワークのバッグは生まれました。シンプルでオーソドックス、でも、生活のさまざまシーンで役立つ普段使いのバッグは、旅先でいろいろなものを入れて持ち運ぶのに重宝。歩き回るにつれて、お土産がどんどん増える旅に、タフな仕立てはやっぱり必要。とはいえ、いくら丈夫さを求めても、味気ないナイロン素材のエコバッグでは、旅先の装いの楽しみも半減するもの。味のある素材や、装いに寄り添うシンプルデザイン、自分好みの長さに調整できるハンドル、そんな魅力を取り入れたバッグがあれば、旅先のおしゃれも街歩きもぐっと楽しくなります。コンパクトに折りたためるため、旅行用バッグに忍ばせておけるのもうれしいポイント。

 

大きな口で荷物の出し入れもスムーズに!

 

ケイト ショルダー バッグには、携帯電話やパスケースなどを収納できる内ポケットが完備。大きく口が広がるので、荷物の出し入れもスムーズです。カゴバッグを持つとき、中の荷物をカバーするバッグインバッグとしてもおすすめ。自宅で気軽に洗濯できるのも、普段使いのバッグとしてうれしいポイント。

 

斜めがけすることで、両手が空くので、旅バッグとしてはもちろん、自転車に乗る際のサコッシュとしても大活躍。斜めがけして、背中にクルッとまわせば、自転車に乗っても邪魔になりません。持ち手を結んで、自分好みの長さを調整できるのも魅力です。

 

fog linen work

https://www.foglinenwork.com

 

photograph:kimyongduck
styling:Rina Taruyama
text:Tokiko Nitta