気持ちを明るく導く香りをお守り代わりに

2010年にニューヨーク州のハドソンバレーで生まれたウェルネスブランド『Cold Spring Apothecary(コールドスプリングアポセカリー)』。厳選された植物と薬草を主成分につくられた香りのプロダクトは、どれも機能性と原材料のバランスを大切にしながら調合し、人と環境に優しいアイテムに。

香りというのは、ときに落ち込んだ気持ちを浮上させてくれたり、仕事が詰まったときの気分転換になるもの。今回は、働く女性のお守り代わりに提案したい2つのルームスプレーをご紹介します。

 

爽やかなラベンダーの香りを1日のスタートに

ルーム・リネンスプレー(ラベンダー)¥5,184/コールドスプリングアポセカリー(HOEK)

 

ストレスからくる緊張をほぐし、疲労を回復する効果があるとされるラベンダーを用いたルームリネンスプレー。部屋の気になるにおいを消臭するだけでなく、さわやかなラベンダーの香りで気分もリフレッシュ。朝起きがけに部屋にシュッとひと吹きするだけで、気持ちいいスタートを切れそうです。衣類にも使えるため、ハンカチなどにつけておくと、仕事中のちょっとした気分転換にも。化学薬品は一切使っていないものの、ラベンダーの精油にが抗菌作用があるため、枕などの寝具の清潔を保つのにもおすすめです。

 

心に小さな情熱を灯す、ブラックペッパータバコの香り 

左/ルームスプレー(ブラックペッパータバコ)¥8,424/コールドスプレーアポセカリー(HOEK)

 

そして、ラベンダーの他にも自宅に置きたいのが、ブラックペッパー&タバコという珍しい組み合わせのルームスプレー。タバコというとニコチンを連想しがちですが、実はこれはニコチン要素をほとんぼ含まない植物のタバコの下葉から採取された香料を使っているため、有毒性はなし。ブラックペッパーとの相性も秀逸で、2つが混ざることで官能的で温かみのあるハンサムな香りに仕上がっています。ブラックペッパーの香りには、感情が冷めて集中できない心を活性化する働きがあり、タバコの香りには、疲れや不安を取り除く効果が。オーバーワークで疲れた心身に、ほんのり情熱をもたらす手伝いをしてくれそうです。

 

『Cold Spring Apothecary(コールドスプリングアポセカリー)』は、すべての商品を自社の製造ラボで小ロットで製造するため、香りが良いのはもちろん、薬効果に基づく調合を行うのが特徴。人にも環境にも優しい処方を大切にし、一般的な商品に使われるホルムアルデヒド・鉛・砒素はもちろんのこと、防腐剤及び酸化防止剤も一切含みません。自宅やオフィスで安心して香りを楽しめるのが魅力です。

 

HOEK

http://www.hoek.jp/

 

photograph:kimyongduck
styling:Rina Taruyama
text:Tokiko Nitta