ガーゼなのにタオル!? 『YARN HOME(ヤーンホーム)』の至福のブランケットとタオル

日本のものづくり文化を大切にするブランドから、使うほどに馴染むブランケットとタオルが届きました。

暮らしを見つめ直したとき、肌触りはとても大切だと気づきます。肌触りと聞くと、肌に直接触れる下着や衣類を想像してしまうけれど、実は家の中には肌に触れるものがたくさんあります。それが、毎晩触れるベッドのシーツやブランケットに、体や手を拭くタオル。

 

糸からはじめるものづくりを大切にする『YARN HOME』は、ベッドルームやバスルーム、リビングルームやキッチンなどで使える、心地いいファブリックを取り扱うブランド。「UKIHA」と名付けられたシリーズは、医療用の脱脂綿をガーゼで挟んでキルトをかけた生地が特徴。早速その魅力をご紹介します。

 

使うほどにふんわり育つブランケット。
UKIHA ブランケット(140cm×200cm)¥23,000/YARN HOME


「UKIHA」シリーズは、福岡県うきは市の『pasima(パシーマ)』という、赤ちゃんや肌の弱い人でも安心して使えるように開発された生地を使用。医療用脱脂綿とガーゼで作られていて、キルトのような見た目。最初はブランケット?と思うけれど、使うほどに生地が馴染み、柔らかさと膨らみが増していきます。

 

吸収性と放湿性に優れている、というのもおすすめの理由。冬場は、脱脂綿が空気を含むから優しい温もりに包まれる感覚。夏場は、寝汗も吸い取ってくれるうえに、肌当たりがさらりとしているから寝苦しさもありません。

ブランケットですが、シーツやマットとして使ったり、ソファのカバーにもなってくれるから、家中で大活躍してくれます。もちろん、洗濯機で丸洗い可能です。

 

サイズ違いで揃えたい至福のタオル。
UKIHA バスタオル¥5,400、UKIHA フェイスタオル各¥2,600、ハンドタオル¥1,600/すべてYARN HOME


ブランケットだけでなく、タオルだって揃っています。しかも、3種類という充実ぶり。

バスタオルは、60㎝×120㎝のサイズ。軽く触れるだけで水分を吸収してくれ、洗い上がりの肌や髪にも優しいというところも魅力です。パイルのタオルに比べて乾きも早く(UKIHAは約2時間半で乾くそう!)、室内干し派の人も大喜び間違いなし。

 

一番の人気は、34㎝×80㎝サイズのフェイスタオル。家庭だけでなく、スポーツやアウトドアシーンでも活躍してくれる万能選手です。

 

34㎝×35㎝のハンドタオルは、持ち運びに便利なサイズ。赤ちゃんにも安心して使えるので、ママバッグの中の必需品となりそうです。

 


詩的な情景が浮かんできそうな、美しいカラーは全部で4色。深い青の「インディゴ」、ペールグレーの「ドリズル」、薄いピンクの「カーム」、もくもく広がる雲のような「クラウド」。単色で揃えてもいいし、家族それぞれの色を選んでも楽しそう!

 

心地いいブランケットとタオルを手に入れて、お家時間をもっと健やかなものにしましょう。

 

YARN HOME

http://yarn-home.jp/