真っ白な雪景色が似合う。『Phlannèl(フランネル)』のニットとコーデュロイ

いよいよ冬本番。今年は真っ白な気分で『Phlannèl(フランネル)』のセーターとトラウザーズを揃えよう

日本が誇る繊細な美意識と、確かな技術によって作られる「美しい服・受け継がれる服」を根ざしている『Phlannèl(フランネル)』。ブランド名は、非凡、並外れたという意味を持つ「PHENOMENAL」と、伝統的な織物の「FLANNEL」を掛け合わせた造語です。今の空気を纏いながら、時が経ても魅力が失われない、着る人と共に育める装いを目指しています。

 

マテリアルの良さを実感しながら、日常に取り入れる

シェットランドウールクルーネックセーター¥21,000/Phlannèl(ブルーム&ブランチ青山)

 

普遍的なデザインこそ、汎用性が高くて長く愛せるものが魅力だと思います。それに加えてこだわりたいのは素材の良さ。『Phlannèl(フランネル)』のシェットランドウールは、オーストラリアのジロン地方で産出されるエクストラファインラムウールを混紡したもの。ラムウールの繊細で軽く柔らかな素材感と、シェットランドウールの保温と保湿性を合わせ持った、まさにいいとこ取りの糸によって作られた、クルーネックセーター。今季は気分も真っさらに白で決めたいとこですが、カラーバリエーションは7色あるので、クローゼットと睨めっこして選ぶのもひとつの手です。

 

肌触りが違う、他とは別格のコーデュロイ

 

コットンコーデュロイトラウザーズ¥28,000/Phlannèl(ブルーム&ブランチ青山)

 

共布のベルト仕様で、ふっくらとしたシルエットがメンズライクなグルカパンツ。美しい畝をもつコーデュロイは他とは別格の仕上がりです。高密度に織り上げて畝を丸くカットすることで、見た目の良さだけでなく、なめらかな肌触りの生地に。この繊細な作業は日本の職人だからこそ出来る技ですが、継承者も希少であるため、素材自体も貴重なものになっています。程よいワイドシルエットはマニッシュに着ても良いですし、ジャケットと合わせて、少し力の抜けた大人カジュアルを演出しても。また穿くことで身体に馴染むため、デニムと同様に育てる楽しさもあります。

 

毎日を彩るからこそ、身に纏う洋服はデザインと品質にもこだわりたいと思う。しかし扱いにくい素材のものや、着る時に身構えてしまうものは結局、箪笥の肥しとなって活躍してくれません。本当に欲しいと思えるのは、作りが良いというのはもちろんであり、『Phlannèl(フランネル)が提案する、着る人と共に育める洋服だと思います。

 

 

ブルーム&ブランチ青山

03-6892-2014

http://bloom-branch.jp

 

 

photograph:kimyongduck

styling:Mari Nagasaka

text : Shizuka Takehara