冬ムードが高まる、メイド・イン・USAのコーデュロイシャツ

アメリカ・ニュージャージー州生まれのシャツメーカー『 INDIVIDUALIZED SHIRTS(インディビジュアライズドシャツ)』のコーデュロイアイテム

食べ物に限らず旬のものってやっぱり魅力的。服でいうならトレンドということだけでなく、季節感のある素材やカラーもその時期ならではの“旬もの”ですよね。たとえばコットン生地のシャツはオールシーズンで活躍してくれますが、コーデュロイは秋冬のお楽しみ。この素材を着ると、寒い季節のスイッチが入ったのを感じます。

 

 

アメリカンブランド、『 INDIVIDUALIZED SHIRTS(インディビジュアライズドシャツ)』

 

バンドスモックシャツ¥26,000/INDIVIDUALIZED SHIRTS(ラ ジュンヌ ブティック)

 

コーデュロイを洗練されたシルエットで、脱ノスタルジックに仕立てたスモックシャツは、アメリカンブランドの『 INDIVIDUALIZED SHIRTS(インディビジュアライズドシャツ)』から。一見メンズライクなアイテムですが、コーデュロイの艶感や生地の厚みで作り出される立体的なフォルムが、着てみると女性らしさを感じさせるデザインに。すっきりとしたバンドカラーはボタンを閉めたきちんとスタイルも、2つくらい開けて首元に抜け感を出すのも素敵。

 

 

おしゃれの幅が広がる、ワンピースタイプ

ワイドワンピース¥36,000/INDIVIDUALIZED SHIRTS(ラ ジュンヌ ブティック)


 

同素材で作られたロング丈のシャツワンピースは、オーバーサイズ感が今らしいバランス。インナーに薄手のニットやタートルネックを合わせれば暖かさもバッチリ。ボタンを全て開けてガウンのようにラフに羽織ることもでき、着こなしのアイディアが広がる一枚です。

 

シャツの綺麗なシルエット、しっかりとした作りはテーラードメイドのようで、INDIVIDUALIZED SHIRTSが元々はカスタムメイド(オーダーメイド)専門のファクトリーとして創業したシャツメーカーだと聞いて納得! 1961年にニュージャージー州の小さな町パースアンボイでスタートし、カスタムメイドシャツの分野では現在もアメリカ国内シェア1位を誇っているそう。メイド・イン・USAのシャツは、歴代大統領やハリウッドスターなどセレブリティーが顧客リストに名を連ね、その実力は折り紙付きです。アメリカンなコーデュロイで、セレブも愛する冬のハイカジュアルを楽しんで。

 

 

ラ ジュンヌ ブティック

03-5772-5088

http://lajeuneboutique.maiden.jp

 

 

photograph:kimyongduck

styling:Mari Nagasaka

text : Momoko Yokomizo