検索
21
2018
NOVEMBER
WED

凛とした表情も似合う、『Barbour』×『ビームス ボーイ』のキルティングコート

カジュアルだけじゃない、コーディネートにきちんと感をプラスしてくれるアウターをチェック!


寒くなってくると、さっと羽織れるアウターが大活躍。それがトラディショナルであればあるほど、どんなシーンでも使える万能選手になってくれます。とはいえ、個性を大切にしたい気持ちも。そんなワガママに応えてくれたのが、今年20週年を迎えた『BEAMS BOY(ビームス ボーイ)』が『Barbour(バブアー)』に別注したコートです。

 

オンもオフも、いつでも一緒にいたいコート。

アウター¥30,000/バブアー×ビームス ボーイ(ビームス ボーイ 原宿)


『Barbour(バブアー)』といえば、英国王室御用達としても知られるアウトドアウェアブランド。元々は生地屋として1894年に英国北東部の港町で創業し、水夫のために防水加工を施したウェアを開発。その評判はイギリス全土に広がり、1974年には英国御用達ブランドとして注目が集まります。近年では、アウトドアウェアのみならず、デイリーに着用できるウェアとして、世界中で愛されるブランドです。

 

特に女性に愛されるのが、キルティングコートの「リッズデイル ロング」。通常は、ノーカラーのデザインなのですが、『BEAMS BOY』はフーディー付き仕様に別注。ナイロン素材のコートは、程よい光沢感のおかげで高級感があるのがポイント。とはいえ、『BEAMS BOY』らしいカジュアルさも健在で、どんなシーンでも活躍してくれるコートに仕上がっています。

 

パイピングが粋なアクセントに。


ところどころに施された、コーデュロイのパイピングもこのコートの魅力。例えば、フードまわりや袖口をぐるりと囲んでいたり、ポケットのフチのアクセントになっていたり。シックなネイビーカラーと、ゴールドのボタンがよりクラシックな雰囲気に仕上げています。フーディーのおかげで首元を寒さから守ってくれるのも、これからの時期にうれしいポイント。


サイドにはスリットが入っていて、スナップボタン式に。ボタンを留めるとラインがタイトになって、よりきちんと感が増します。レイヤードスタイルを楽しみたいときは、ボタンを開けてコートに動きを出すのもおすすめ。

 

スタンダードな美しさと、コーディネートに遊びを加えるデザイン、そのどちらも兼ね備えたキルティングコート。オンもオフも活躍してくれるので、ついつい手にとってしまうはずです。

 

ビームス ボーイ 原宿

03-5770-5550

https://www.beams.co.jp

Share
はてなブックマーク

2018年11月のテーマ クラシカルな逸品

トレンドを追うことは大事だけど、流されてしまってはNG。トラディショナルでクラッシックなアイテムをきちんと取り入れるのがこの秋冬の気分。長年愛されながらも古臭くなく、進化し続ける傑作を紹介します。


軽くて、暖かい。『AUGUSTE-PRESENTATION(オーギュスト プレゼンテーション)』のブルゾン


これぞ美しきスタンダード。『niuhans』のアウターとワンピース


知的さ、女性らしさを手に入れたいなら。『ayame』のメガネが叶える、フレッシュな表情


雨の日も待ち遠しくなる。『SCYE BASICS (サイベーシックス)』 のトレンチマックコート


真っ白な雪景色が似合う。『Phlannèl(フランネル)』のニットとコーデュロイ


『MHL(エムエイチエル)』×『CANTON』が紡ぐ、 タイムレスなマスターピース


冬ムードが高まる、メイド・イン・USAのコーデュロイシャツ


スモールプライスで老舗のクオリティを堪能。『BRONTE BY MOON』のマフラーで首元あったか


履くだけでスタイルがきまる。『R&D.M.Co-』のリネンワイドパンツ


凛とした表情も似合う、『Barbour』×『ビームス ボーイ』のキルティングコート


懐かしくて新しい。『NOVESTA』と『niuhans』のコラボレーションスニーカー


スポーツテイストとボリューム感が新鮮。『GYMPHLEX』のラグビースカート


ワードローブの新たな基本に。 『A.P.C.(アー・ペー・セー)』で変化する冬の装い


後ろ姿にときめく、 『FILL THE BILL(フィル ザ ビル)』のトレンチコート


多彩なスタイルにフィットするシンプル。 レザーベルトが新鮮な、『TIMEX』のMK1


あえてメンズサイズを。 『MORRIS & SONS(モリス&サンズ)』で叶う、ニュアンスのある女


ベッドタイムも、外着としても欠かせない。 『L.L.Bean(エル・エル・ビーン)』のフランネルローブ


毎日ニットとトラッドパンツ。頼もしい相棒は『ユニクロ』で見つける


トレンドに流されない、トラッドなシューズで自分らしいスタイルを磨く


ベーシックなのにひと味違う。『unfil』のバイカラーニットワンピを優美に着る


あの『トムブラウン』と『koe』の最後のコラボ。長く愛したいプレッピーな名品


デイリーなアイテムをラグジュアリーに。『ALWEL』のトップスで毎日心地よく


冬こそ纏いたい『FilMelange(フィルメランジェ)』の心地よいウェア


あのロングセラーが冬仕様に。『ムーンスター』のコーデュロイスリッポン


冬コーデのスタメンに、『A.P.C.』の大判ストール


硬派な傘でいつでも淑女に。ロンドンの新鋭ブランド『LOCKWOOD』のアンブレラ


『LENO』のアノ定番が進化。冬でもあたたかなデニムジャケットの登場


シンプルな美しさが魅力。マーガレット・ハウエル×ミズノのコラボスニーカー


センシュアルな女性に捧げる『Johnbull(ジョンブル)』のリバーシブルニット


このスカート、パンツさえあれば。コーディネートのベース力を上げる『Scye』のボトムス


おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!