検索
10
2018
NOVEMBER
SAT

あの『トムブラウン』と『koe』の最後のコラボ。長く愛したいプレッピーな名品

人気デザイナーとコラボした最後のコレクション。シックなカラーのアイテムは、ずっと愛せるアイテムです。


クロップドシャツ¥22,000、カーディガン¥7,900/koe×THOM BROWNE.(koe 渋谷店)


トレンド感と手頃な価格帯が人気のブランド『koe(コエ)』。今シーズン注目したいのは、『THOM BROWNE.(トムブラウン)』とのコラボレーションアイテムです。

 

『THOM BROWNE.』といえば、世界的にも人気の高いニューヨークのブランドで、デザイナー自身の名を冠していることは周知の通り。彼と『koe』の最後となるコレクションのテーマは、「preppy tea ceremony(プレッピーなお茶会)」。さて、ここでおさらい。プレッピーとは、名門私立校に通学する学生のことを指し、彼らが着るカーディガンやボタンダウシャツ、ジーンズ、ローファーやブレザーといった上質なアイテムをカジュアルに着たスタイルのことを、〝プレッピースタイル〟と表します。

 

プレッピーにはカーディガンがなくちゃ。

カーディガン¥7,900/koe×THOM BROWNE.(koe 渋谷店)


プレッピースタイルに挑戦するなら、カーディガンは外せません。こちらは、『THOM BROWNE.』とのコラボで生まれリブニットカーディガン。ポケットと肘の部分で細かい編み目の別カラーのニットが使われ、シンプルなカーディガンがグッと表情豊かに。また、今回のコレクションのためにデザインされたという、カラフルなボタンも素敵。トラッドスタイルにもハマる、コンパクトな着丈も注目したいポイントです。

 

遊び心あるカラー配色に一目惚れ。

クロップドシャツ¥22,000/koe×THOM BROWNE.(koe 渋谷店)


柔らかな着心地を楽しめるコーデュロイ素材を使ったシャツは、クロップド丈のデザインで今年らしさ満点。裾がコンパクトだから、ハイウエストなボトムスとのスタイリングもサマになります。一見すると、メイビーのシンプルなボタンダウンシャツに見えますが、実は『THOM BROWNE.』らしい遊び心が隠れているのです。

 

注目して欲しいのは、襟と袖もと。同系色でまとめられていますが、実は違う素材を合わせることでシンプルなシャツに動きをプラス。1枚で着ても、主役になるシャツなのです。淡いピンクとブルーのカラーもありますが、まず欲しいのはこちらのネイビー。深みのある色がとてもシックで、いろいろなコーディネートを楽しむことができます。

 

これで最後となる『THOM BROWNE.』とのコラボアイテム。ポップなカラーリングも注目されていますが、クラシカルなアイテムを探すならシックな色を狙うのがおすすめ。とはいえ、無難にまとまることはなく、新鮮なプレッピースタイルを楽しめます。

 

koe 渋谷店

03-5612-7253

http://wear.koe.com/

Share
はてなブックマーク

2018年11月のテーマ クラシカルな逸品

トレンドを追うことは大事だけど、流されてしまってはNG。トラディショナルでクラッシックなアイテムをきちんと取り入れるのがこの秋冬の気分。長年愛されながらも古臭くなく、進化し続ける傑作を紹介します。


軽くて、暖かい。『AUGUSTE-PRESENTATION(オーギュスト プレゼンテーション)』のブルゾン


これぞ美しきスタンダード。『niuhans』のアウターとワンピース


知的さ、女性らしさを手に入れたいなら。『ayame』のメガネが叶える、フレッシュな表情


雨の日も待ち遠しくなる。『SCYE BASICS (サイベーシックス)』 のトレンチマックコート


真っ白な雪景色が似合う。『Phlannèl(フランネル)』のニットとコーデュロイ


『MHL(エムエイチエル)』×『CANTON』が紡ぐ、 タイムレスなマスターピース


冬ムードが高まる、メイド・イン・USAのコーデュロイシャツ


スモールプライスで老舗のクオリティを堪能。『BRONTE BY MOON』のマフラーで首元あったか


履くだけでスタイルがきまる。『R&D.M.Co-』のリネンワイドパンツ


凛とした表情も似合う、『Barbour』×『ビームス ボーイ』のキルティングコート


懐かしくて新しい。『NOVESTA』と『niuhans』のコラボレーションスニーカー


スポーツテイストとボリューム感が新鮮。『GYMPHLEX』のラグビースカート


ワードローブの新たな基本に。 『A.P.C.(アー・ペー・セー)』で変化する冬の装い


後ろ姿にときめく、 『FILL THE BILL(フィル ザ ビル)』のトレンチコート


多彩なスタイルにフィットするシンプル。 レザーベルトが新鮮な、『TIMEX』のMK1


あえてメンズサイズを。 『MORRIS & SONS(モリス&サンズ)』で叶う、ニュアンスのある女


ベッドタイムも、外着としても欠かせない。 『L.L.Bean(エル・エル・ビーン)』のフランネルローブ


毎日ニットとトラッドパンツ。頼もしい相棒は『ユニクロ』で見つける


トレンドに流されない、トラッドなシューズで自分らしいスタイルを磨く


ベーシックなのにひと味違う。『unfil』のバイカラーニットワンピを優美に着る


あの『トムブラウン』と『koe』の最後のコラボ。長く愛したいプレッピーな名品


デイリーなアイテムをラグジュアリーに。『ALWEL』のトップスで毎日心地よく


冬こそ纏いたい『FilMelange(フィルメランジェ)』の心地よいウェア


あのロングセラーが冬仕様に。『ムーンスター』のコーデュロイスリッポン


冬コーデのスタメンに、『A.P.C.』の大判ストール


硬派な傘でいつでも淑女に。ロンドンの新鋭ブランド『LOCKWOOD』のアンブレラ


『LENO』のアノ定番が進化。冬でもあたたかなデニムジャケットの登場


シンプルな美しさが魅力。マーガレット・ハウエル×ミズノのコラボスニーカー


センシュアルな女性に捧げる『Johnbull(ジョンブル)』のリバーシブルニット


このスカート、パンツさえあれば。コーディネートのベース力を上げる『Scye』のボトムス


おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!