トレンドに流されない、トラッドなシューズで自分らしいスタイルを磨く

一生モノの品格、英国の老舗シューズブランド『JOSEPH CHEANEY(ジョセフ チーニー)』のタッセルローファー

トレンドを追うよりも、トレンドに流されないスタイルのほうがじつは難しいものです。しかもそれをおしゃれに見せようと思うなら、尚更のこと。トレンドのメインストリームなら、ショップでも選択肢はたくさんあるし雑誌やSNSでお手本になるコーディネートを簡単に見つけられるけれど、脱トレンドの独自のスタイルにはセンスが求められます。そんな時に頼りになるのが本格派のアイテムたち。たとえば老舗と呼ばれるブランドで、いつの時代も愛されてきたモノはそうした普遍的な魅力が宿っているのではないでしょうか。

 

 

英国生まれのシューズブランド、『JOSEPH CHEANEY(ジョセフ チーニー)』


 

トラッドなスタイルと一口にいっても、トレンドとしての要素だったり、そのブランドらしく再構築したものだったり、色々。今回ご紹介したいのは、正真正銘のトラディショナルなアイテムです。『JOSEPH CHEANEY(ジョセフ チーニー)』は1886年にイギリス・ノーサンプントン州の郊外、デスバラーで設立された老舗シューズブランド。英国の紳士靴の代表的な製法であるグッドイヤー・ウェルトで作られるシューズの生産地として有名なエリアです。

 

メンズのタッセルローファーをレディース仕様にして誕生した「LACEY」は女性らしさと洗練さを兼ね備え、学生っぽくならない大人の表情に。踵廻りや履き口をシャープに狭めているのでフィット感が増し、シェイプもすっきりとしています。U字型のステッチであしらわれた、革の立ち上がりの少ない縫製もほかでは見かけないジョセフ チーニーならではの作り。しなやかなアッパーにあしらわれたタッセル、サイドに通したレザーの紐がミニマルなデザインのアクセントとなり、都会的な印象も叶えてくれます。

 

 

大事に長く履きこむほどにわかる、シューズの実力。



 

カーフ素材は、お手入れをすることで美しさが増し、より長持ちするそう。レザーのソールも履くほどに柔らかくなり、歩きやすさを感じられるはず。なにかとお出かけの多い年末年始にカジュアルなシーンから特別な集まりまで、これさえ履いていればどんなオケージョンにも恥ずかしくない頼もしい一足です。脱トレンドを目指すならまずは足元から自分らしさを作り上げ、少しずつスタイルを磨いていきましょう!

 

タッセルローファー¥62,000JOSEPH CHEANEY(渡辺産業プレスルーム)

 

JOSEPH CHEANEY

03-5466-3446(渡辺産業プレスルーム)

 

 

photograph:kimyongduck

styling:Mari Nagasaka

text : Momoko Yokomizo