検索 はてなブックマーク

スポーティーすぎるのもストリートすぎるのもイヤ。スニーカー選びのわがままに応えてくれる賢い一足

上品さと機能美をミニマムデザインに閉じこめた『GERMAN TRAINER』のスニーカー

 

スニーカーひとつとっても、形や素材によって、その持ち合わせる個性は思いの外さまざま。スケーターのようなちょっとしたやんちゃさがでるものもあるし、機能性バッチリの生真面目さがでるものもある。トータルコーディネートの中で言えば足元なんてほんの一部だけど、なぜか、足元の個性は全体の雰囲気を包括してしまうから、スニーカー選びには積極的にわがままでありたい。

今回ご紹介する『GERMAN TRAINER』(ジャーマントレーナー)のスニーカーは、ゴツすぎず、スポーティーすぎず、スカートやワンピースにも合わせやすく、履き心地もよい、というわがままな要望を見事に叶えてくれる優秀な一足。もともと、1970年代から1994年までドイツ軍のトレーニングシューズとして支給されていたとあって、疲れにくさを考慮しクッション性と耐久性に優れたソールなど、そのスマートなフォルムに隠れたミリタリーアイテムならではの機能美がさりげない。

 

 


 

プロトタイプ ¥18,800

 

ドイツ軍での支給終了後の1994年から現在至るまで、その製造方法は当時と同じラスト(木型)、カットナイフ、革、紐を用いた仕様。時代を超えて、機能・デザイン共に愛されて続けている。

 

 

 


 

ベビーカーフタイプ ¥28,800

 

定番のデザインはそのままに、素材にベビーカーフ(生後1年未満の子羊の革)スウェードを使ったスペシャルラインが登場。ライニング(内側)にも全てレザーを使った贅沢仕様で馴染みがいいので、履き心地も抜群。ミルクをイメージさせるような奥行きのある白は、全体のイメージをやわらかく包み込んでくれるはず。

 

カジュアルと大人の上品さ。一見、相反するこのふたつを、ちゃんと合わせ持って、そしてニュートラルにさらりと美しくまとめてくれるとは、なんと賢い一足なのだろう。

 

〈問い合わせ先〉

GERMAN TRAINER(タナカユニバーサル)

tel:03-5775-4256

info@tanaka-u.co.jp

 

 

photograph:kimyongduck
styling:Mari Nagasaka

text:Orika Uchiumi

 

Share
はてなブックマーク

おすすめ記事

関連記事

Follow us!
Follow us!