検索
11
2018
OCTOBER
THU

素材にこだわったコスメティックブランド『shiro』の秋、注目の新作

デイリーに行うスキンケアやメイクアップだからこそアイテム選びは慎重になりがち。そんな大人の女性へ


shiro タマヌ オイルインセラム 30ml ¥15,000/ローレル

 

 

“自分たちが毎日使いたいものを作るという信念のもと、スキンケアやメイクアップを中心としたアイテムを提案している『shiro(シロ)』。
創業時より、厳選した自然の恵みや国内でのモノづくりに拘る姿勢に、たくさんの支持を集めています。
その人気は今や、日本だけでなく海外にも広がり、ロンドンに3店舗、ニューヨークに1店舗を展開しています。
国内のショップの最近のニュースは、自由が丘の路面店のカフェメニューを全面的にヴィーガンにリニューアルしたこと。食や衣類などのライフスタイルアイテムも充実させたショップとして、暮らしを豊かにする提案をし続けています。

今や、たくさんの魅力のある『shiro』ですが、そのベースとなるのは、コスメ。今回は気になる2つの新作にフォーカスします。

 

 

植物エキスをぎゅっと閉じ込めた、2層式の高保湿オイル

 

太平洋の島々で神聖な木と言い伝えられているタマヌオイル。健康や美容のために使われるそのオイルを豊かに配合した2層タイプのオイル「タマヌ オイルインセラム」は、植物エキスとオイルを組み合わせて作られる新しいシリーズで、この秋、発売されたばかり!
創業時より大切にしている、ブランドを代表する素材の北海道の酒かすや、和漢植物のカンゾウなどの美容成分をプラス。
これから冬に向かって移りゆくに連れ、ますます肌の乾燥が気になる頃。その乾燥によって招きやすくなる様々なトラブルやストレスを未然に防ぎ、潤いを届かせ、しなやかな肌へと導く美容液です。

 

 

(右から) shiro タピオカコンシーラー SPF30/PA+++相当8H01、8H02 各5g ¥4,000/ローレル

 

大人としての嗜み、メイクアップも大事

 

自然素材を主にしたスキンケアブランドという印象の強い『shiro』ですが、実はメイクアップアイテムもスキンケアに負けないほどの人気です。
そんなメイクアップシリーズの中から、8月にリニューアル発売されたばかりの「タピオカコンシーラー」にフォーカス。
今回のリニューアルで使用感はさらに滑らかになり、保湿力と紫外線カット効果をパワーアップしました。よりクリアな肌になるよう、追求したカラー2種を展開。日中の日差しから守るタフさがありながら、美しいベースメークを支えてくれるアイテムです。
すでにUVケアは通年が常識となった昨今。旅先や外出にも持っていけるコンパクト設計は頼もしい味方になってくれるはず。

 


コスメティックブランド『shiro』の人気は、古より続く自然の恵みと叡智によって支えられているのです。

 

 

 

shiro
0120-275-606(ローレル)
https://shiro-shiro.jp

 

 

 

photograph:Hiroshi Nakamura
styling:Saori Ikeda
text : Akira Watanabe

 

Share
はてなブックマーク

2018年10月のテーマ ジャパンメイド

世界でも注目を集めている、日本生まれの“モノコト”。丁寧な作りや繊細なディティールなど、日本人ならではの美意識が詰まっているアイテムに注目です!


次に欲しいデニムはコレ! シルエットで楽しむ『Urvin』のデニム


この秋はロマンティックに楽しもう。『LENO』の天然染のシャツとドレス


小物からコートまで。『niuhans』とボーイッシュな冬支度


鯖江市の職人の力とファッショナブルな感性をミックス。レディな名脇役、『ayame』のアイウェア


心地よく快適に履く、『UNIQLO』のデニムで秋のスタイルをリフレッシュ!


エレガントにもカジュアルにも! 『Aeta』のポーチで遊び心を忍ばせて


見慣れたスタイルに新風を。『SEA』で見つけた、この秋履きたい大人デニム


はじめまして! インナーウェアメーカーから生まれた『BRAUNGE(ブラウンジ)』が、大人の女性に向けた新しいスタイルを提案します


新しい自分に出会える服。『CNLZ』のブラウスで知的に、可憐に装って


コスチュームジュエリーとブラックドレス。特別な日のオシャレは『petite robe noire』で


いつも一緒にいたい。そう思える秋の一足を『CONVERSE』で見つけて


こだわりのディテールが支える、『UNDECORATED』の美しいフォルム


どんどん使って風合いを育てる愉しさ。日々の暮らしになじむ『TEMBEA』のインディゴ染めバッグ


最愛のニットで出かけよう。ニュアンスもかわいい『WRAPINKNOT(ラッピンノット)』のニットウェア。


シンプルだからこそ上質なものを。素材にこだわる『unfil』のニットで着心地を再確認


着るたびに惚れる。この秋手にしたい『FilMelange』のウェア


ハンサムなシューズを、チャンキーヒールで可愛く歩きやすく!『Anew it』の新作でゆるめにマニッシュ


スタイリングに、インテリアに! この秋は『loomer』のストールをスパイスにして


秋のワードローブを強化!『french_bull』のソックスで足元をカラフルに刷新


メイドインジャパンの実力。寒い日のお守りに『The Loft labo(ロフトラボ)』のダウンを


素材にこだわったコスメティックブランド『shiro』の秋、注目の新作


カジュアルな日もおしゃれにキメたい日にも活躍。久留米発、『ASAHI』スニーカーの魅力


白と黒の色が織りなすシックで美しい、『CHACOLI』のバッグを大人のカジュアルスタイルに添えて


自分好みのデニムがきっと見つかる。『çaqu(サキュウ)』で究極の1本を探して


目にするたびにうっとり。美しく雅な『SIRI SIRI(シリシリ)』のジュエリー


メイクよりも見違える。『n8ise』のアイウェアが作り出す、マスキュリンな表情


本格派だけど女性らしさも満たされる。『オアスロウ』のオーバーオールで、ワークウェアをおしゃれに


暖かくてかわいい。『babaco(ババコ)』の上質なニットウェア


日本女性の肌を考えて生まれた、『do organic』のチカラ


時が経つほどに使いやすさと味わいに惚れこむ、『ポスタルコ』のウォレット


変調を来しやすい時季はセンシティブスキンにもやさしい「OSAJI」でケアしましょ


おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!