検索
10
2018
OCTOBER
WED

カジュアルな日もおしゃれにキメたい日にも活躍。久留米発、『ASAHI』スニーカーの魅力

福岡県久留米市の老舗シューズメーカーが手がける、オーセンティックなスニーカーで旬のスタイルにトライ


スニーカーブームが継続するこの秋は、ローテク、ハイテク、厚底、ビジューやファーをまとったデコラティブなものまで百花繚乱。モードなアパレルブランド発の主役級の存在感を放つシューズの人気と並行して、90年代のムード漂うオーセンティックな足元も再燃しています。大人っぽくきれいに仕上げたいなら後者がオススメ、ノスタルジックなスニーカーと一緒に旬のスタイルにトライしましょう!

 

(トップ画像)スウェードベルテッドロウシューズ各¥13,000/ASAHI

 

 

スニーカーの街 、福岡県久留米市でつくられるシューズブランド『ASAHI(アサヒ)』


 

最近ではスニーカーの街として注目を集める、福岡県久留米市。この街で創業し120年もの歴史を持つシューズメーカー、アサヒシューズのシューズブランド『ASAHI(アサヒ)』のスニーカーはキャンバス素材やスエードを使用した、クラシカルなデザインが魅力です。奇をてらわないベーシックな佇まいは上品さも加わり、クリーンな足元に。

 

秋冬らしい素材、スエードを使用したベルテッドロウシューズは大きめの作りと厚めのソールがノスタルジック。1970年代にスポーツシューズとしてオリジナルが開発されたときにアッパーととソールの接着の難を解消するために巻いたコットンのヘリンボーンテープを技法として踏襲し、耐久性をアップするとともにデザイン的にもポイントになっています。ニュアンスのあるマスタード、グレーカラーは大人っぽく、季節感もたっぷり。ミニマルなワンピースなど、ムードの異なるアイテムを合わせれば意外性のミックススタイリングで今らしいコーデを楽しんで。

 

 

オールマイティーに使える、キャンバス素材のデッキスニーカー 

デッキシューズ各¥10,000/ASAHI


 

ブランドの象徴的なアイテム、シックなキャンバスデッキスニーカーは80年代に日本人向けに作った美しいシェイプの靴型を採用。デッキシューズの代名詞である波型の切れ込みを施したアウトソールは濡れた床でも滑りにくい仕様に。オーソドックスが好みならブラックカラー、少しパンチ効かせたいならホワイトを基調としたモノクロで。

ギークなカラーソックッスやオーガーンジーのソックスとのコンビネーションで、ベーシックなスニーカーがぐっとモードな印象へ早変わり。デイリーにもおしゃれをしたいときにも活躍してくれそうです。

 

 

ASAHI

https://asahishoes.jp

0120-48-1192

 

 

photograph:Hiroshi Nakamura

styling:Saori Ikeda

text : Momoko Yokomizo

Share
はてなブックマーク

2018年10月のテーマ ジャパンメイド

世界でも注目を集めている、日本生まれの“モノコト”。丁寧な作りや繊細なディティールなど、日本人ならではの美意識が詰まっているアイテムに注目です!


次に欲しいデニムはコレ! シルエットで楽しむ『Urvin』のデニム


この秋はロマンティックに楽しもう。『LENO』の天然染のシャツとドレス


小物からコートまで。『niuhans』とボーイッシュな冬支度


鯖江市の職人の力とファッショナブルな感性をミックス。レディな名脇役、『ayame』のアイウェア


心地よく快適に履く、『UNIQLO』のデニムで秋のスタイルをリフレッシュ!


エレガントにもカジュアルにも! 『Aeta』のポーチで遊び心を忍ばせて


見慣れたスタイルに新風を。『SEA』で見つけた、この秋履きたい大人デニム


はじめまして! インナーウェアメーカーから生まれた『BRAUNGE(ブラウンジ)』が、大人の女性に向けた新しいスタイルを提案します


新しい自分に出会える服。『CNLZ』のブラウスで知的に、可憐に装って


コスチュームジュエリーとブラックドレス。特別な日のオシャレは『petite robe noire』で


いつも一緒にいたい。そう思える秋の一足を『CONVERSE』で見つけて


こだわりのディテールが支える、『UNDECORATED』の美しいフォルム


どんどん使って風合いを育てる愉しさ。日々の暮らしになじむ『TEMBEA』のインディゴ染めバッグ


最愛のニットで出かけよう。ニュアンスもかわいい『WRAPINKNOT(ラッピンノット)』のニットウェア。


シンプルだからこそ上質なものを。素材にこだわる『unfil』のニットで着心地を再確認


着るたびに惚れる。この秋手にしたい『FilMelange』のウェア


ハンサムなシューズを、チャンキーヒールで可愛く歩きやすく!『Anew it』の新作でゆるめにマニッシュ


スタイリングに、インテリアに! この秋は『loomer』のストールをスパイスにして


秋のワードローブを強化!『french_bull』のソックスで足元をカラフルに刷新


メイドインジャパンの実力。寒い日のお守りに『The Loft labo(ロフトラボ)』のダウンを


素材にこだわったコスメティックブランド『shiro』の秋、注目の新作


カジュアルな日もおしゃれにキメたい日にも活躍。久留米発、『ASAHI』スニーカーの魅力


白と黒の色が織りなすシックで美しい、『CHACOLI』のバッグを大人のカジュアルスタイルに添えて


自分好みのデニムがきっと見つかる。『çaqu(サキュウ)』で究極の1本を探して


目にするたびにうっとり。美しく雅な『SIRI SIRI(シリシリ)』のジュエリー


メイクよりも見違える。『n8ise』のアイウェアが作り出す、マスキュリンな表情


本格派だけど女性らしさも満たされる。『オアスロウ』のオーバーオールで、ワークウェアをおしゃれに


暖かくてかわいい。『babaco(ババコ)』の上質なニットウェア


日本女性の肌を考えて生まれた、『do organic』のチカラ


時が経つほどに使いやすさと味わいに惚れこむ、『ポスタルコ』のウォレット


変調を来しやすい時季はセンシティブスキンにもやさしい「OSAJI」でケアしましょ


おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!