検索
5
2018
OCTOBER
FRI

本格派だけど女性らしさも満たされる。『オアスロウ』のオーバーオールで、ワークウェアをおしゃれに

秋の装いのマンネリ化の脱却に、オーバーオールの新鮮なコーデを。大人のカジュアルに似合う、『オアスロウ』の一本


着るだけでサマになるオーバーオールやオールインワンは、コーディネートに悩んだ時の心強い味方。トップスとボトムスのワンツーコーデのマンネリ化を解消し、合わせるアイテム次第でいろんな着こなしが楽しめます。とはいえワークウェアを元にしているデザインが多いので、ファッション性を高く取り入れたいならシェイプや素材にこだわったアイテム選びが大切に。大人が似合うリラクシングなカジュアルを叶える一本を、関西発のブランドからお届け。

 

オーバーオール¥23,000/オアスロウ


 

ワークウェアやミリタリーウェアをインスピレーションに、その特徴を保ちながらファッションアイテムへと進化させたスタイルが男女ともに支持の高いジャパニーズブランド『orSlow(オアスロウ)』。時代にあった旬のスタイリングを取り入れられることができるよう、細部にまでこだわって生まれた服はナチュラルなムードで着こなすのはもちろん、合わせる服や小物でモードなコーディネートも楽しむことができます。

吟味しながら“slow”なものづくりを基本にし、アイテムによっては味を出すためにあえて何十年も前のローテクな機械を使うこともあるんだそう。そうして作られた服はシンプルでありながらタイムレスな魅力を放ち、時間を追って着ていくうちにその価値を改めて感じられるはず。

 

定番のオーバーオールは、作業着として着られていたスタンダードなデザインを引き継ぎながら、今らしい洗練されたシルエットを叶えてくれます。ほどよくヴィンテージな雰囲気もありながら清潔感をキープし、キレイめなコーディネートも楽しめそうです。

 

 

一枚もレイヤードも楽しめる、ロング丈のシャツは秋のマストハブアイテム

 

スタンドカラーロングシャツ¥19,800/オアスロウ


 

同じくオアスロウのロング丈のシャツは、オーバーオールにレイヤードして羽織ると秋らしい装いに。オリジナルのカモフラージュ柄は今シーズンの新作で、カラーや柄のミリタリー色は控えめに、都会的な印象に仕上がっています。ワンピースのように単品で着てタイツとショートブーツやスニーカーを合わせれば、また別の表情も。メンズライクなディテールが却って女性らしさを強調し、大人のカジュアルスタイルにオススメの一枚です。

 

 

オアスロウ

http://orslow.jp

0798-74-8106

 

 

photograph:Hiroshi Nakamura

styling:Saori Ikeda

text : Momoko Yokomizo

Share
はてなブックマーク

2018年10月のテーマ ジャパンメイド

世界でも注目を集めている、日本生まれの“モノコト”。丁寧な作りや繊細なディティールなど、日本人ならではの美意識が詰まっているアイテムに注目です!


ハンサムなシューズを、チャンキーヒールで可愛く歩きやすく!『Anew it』の新作でゆるめにマニッシュ


スタイリングに、インテリアに! この秋は『loomer』のストールをスパイスにして


秋のワードローブを強化!『french_bull』のソックスで足元をカラフルに刷新


メイドインジャパンの実力。寒い日のお守りに『The Loft labo(ロフトラボ)』のダウンを


素材にこだわったコスメティックブランド『shiro』の秋、注目の新作


カジュアルな日もおしゃれにキメたい日にも活躍。久留米発、『ASAHI』スニーカーの魅力


白と黒の色が織りなすシックで美しい、『CHACOLI』のバッグを大人のカジュアルスタイルに添えて


自分好みのデニムがきっと見つかる。『çaqu(サキュウ)』で究極の1本を探して


目にするたびにうっとり。美しく雅な『SIRI SIRI(シリシリ)』のジュエリー


メイクよりも見違える。『n8ise』のアイウェアが作り出す、マスキュリンな表情


本格派だけど女性らしさも満たされる。『オアスロウ』のオーバーオールで、ワークウェアをおしゃれに


暖かくてかわいい。『babaco(ババコ)』の上質なニットウェア


日本女性の肌を考えて生まれた、『do organic』のチカラ


時が経つほどに使いやすさと味わいに惚れこむ、『ポスタルコ』のウォレット


変調を来しやすい時季はセンシティブスキンにもやさしい「OSAJI」でケアしましょ


COLUMN

関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!