検索
2
2018
OCTOBER
TUE

時が経つほどに使いやすさと味わいに惚れこむ、『ポスタルコ』のウォレット

ディテールの一つ一つにまでこだわりを感じる、『ポスタルコ』のウォレット。


暮らしのパートナーともいえる財布は、あらゆる点で納得できるものを選びたい。使い勝手の良さはもちろん、デザイン、素材、プライス、どこかひとつでも満たされていないと取り出すたびに残念な気持ちになり、それはなんだかサイズの合わない洋服を着せられているかのよう。でも逆に、すべてが満たされたぴったりの財布に出会えたら何年経っても愛着を持って使い続けることができるはず。

 

(トップ画像)ケトルジッパーウォレット ロング¥50,000 スモール¥36,000/ポスタルコ

 


 

財布に必要なスペックは人それぞれ求めるものは多少異なってきますが、実用性の高さは長く使い続ける予定なら譲れないポイントです。カードスロットが少ない、コインが取り出しにくい、デザインが気に入っていれば我慢できるような気がするけれど、日々蓄積されると結構ストレスを感じるもの。財布は実用性があって長く使いたい派の人にレコメンドしたいのは、書類入れやペンケースなどステーショーナリーアイテムが性別年代を問わず人気の『POSTALCO(ポスタルコ)』のレザーウォレット。角が丸いデザインが小粋なウォレットは収納力抜群で、ロングなら内側の4つのポケットに20枚以上のカードを入れることができます。

ディテールのひとつひとつにもこだわりが行き届き、たとえばジップ部分はジッパーのサイドまで職人の手作業により丁寧に革が縫い付けられているので、開け閉めもスムーズ。ジッパープルはひとつひとつ真鍮を削り出したものを使用し、財布に温かみのある格好良さを添えています。

時間を経て変わるレザーの風合いも、飽きずに長く使い続けられる魅力のひとつ。ユニセックスなデザインなので大切なパートナーと一緒にお揃いで使うのも素敵です。

 

(左から)キーホルダーSado Jasper¥13,000・Lapis Lazuli¥14,000・Rhodonite¥14,000・Tokachi¥13,000・Moss Agate¥14,000/ポスタルコ


 


 

財布と同様に大切な、“カギ”もまとめるアイテムにこだわりを持つ人が多いですよね。同じくポスタルコのトーテムキーホルダーは、真鍮の棒に鍵を通してまとめられるアイテムで、ミニマルなデザインがモダン。複雑な色の鉱物を組み合わせ、種類によってはもちろん、同じ石の中でもひとつひとつが違う表情が楽しめます。

 

ポスタルコ

https://postalco.net/

03-6262-6338

 

 

photograph:Hiroshi Nakamura

styling:Saori Ikeda

text : Momoko Yokomizo

Share
はてなブックマーク

2018年10月のテーマ ジャパンメイド

世界でも注目を集めている、日本生まれの“モノコト”。丁寧な作りや繊細なディティールなど、日本人ならではの美意識が詰まっているアイテムに注目です!


次に欲しいデニムはコレ! シルエットで楽しむ『Urvin』のデニム


この秋はロマンティックに楽しもう。『LENO』の天然染のシャツとドレス


小物からコートまで。『niuhans』とボーイッシュな冬支度


鯖江市の職人の力とファッショナブルな感性をミックス。レディな名脇役、『ayame』のアイウェア


心地よく快適に履く、『UNIQLO』のデニムで秋のスタイルをリフレッシュ!


エレガントにもカジュアルにも! 『Aeta』のポーチで遊び心を忍ばせて


見慣れたスタイルに新風を。『SEA』で見つけた、この秋履きたい大人デニム


はじめまして! インナーウェアメーカーから生まれた『BRAUNGE(ブラウンジ)』が、大人の女性に向けた新しいスタイルを提案します


新しい自分に出会える服。『CNLZ』のブラウスで知的に、可憐に装って


コスチュームジュエリーとブラックドレス。特別な日のオシャレは『petite robe noire』で


いつも一緒にいたい。そう思える秋の一足を『CONVERSE』で見つけて


こだわりのディテールが支える、『UNDECORATED』の美しいフォルム


どんどん使って風合いを育てる愉しさ。日々の暮らしになじむ『TEMBEA』のインディゴ染めバッグ


最愛のニットで出かけよう。ニュアンスもかわいい『WRAPINKNOT(ラッピンノット)』のニットウェア。


シンプルだからこそ上質なものを。素材にこだわる『unfil』のニットで着心地を再確認


着るたびに惚れる。この秋手にしたい『FilMelange』のウェア


ハンサムなシューズを、チャンキーヒールで可愛く歩きやすく!『Anew it』の新作でゆるめにマニッシュ


スタイリングに、インテリアに! この秋は『loomer』のストールをスパイスにして


秋のワードローブを強化!『french_bull』のソックスで足元をカラフルに刷新


メイドインジャパンの実力。寒い日のお守りに『The Loft labo(ロフトラボ)』のダウンを


素材にこだわったコスメティックブランド『shiro』の秋、注目の新作


カジュアルな日もおしゃれにキメたい日にも活躍。久留米発、『ASAHI』スニーカーの魅力


白と黒の色が織りなすシックで美しい、『CHACOLI』のバッグを大人のカジュアルスタイルに添えて


自分好みのデニムがきっと見つかる。『çaqu(サキュウ)』で究極の1本を探して


目にするたびにうっとり。美しく雅な『SIRI SIRI(シリシリ)』のジュエリー


メイクよりも見違える。『n8ise』のアイウェアが作り出す、マスキュリンな表情


本格派だけど女性らしさも満たされる。『オアスロウ』のオーバーオールで、ワークウェアをおしゃれに


暖かくてかわいい。『babaco(ババコ)』の上質なニットウェア


日本女性の肌を考えて生まれた、『do organic』のチカラ


時が経つほどに使いやすさと味わいに惚れこむ、『ポスタルコ』のウォレット


変調を来しやすい時季はセンシティブスキンにもやさしい「OSAJI」でケアしましょ


おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!