時が経つほどに使いやすさと味わいに惚れこむ、『ポスタルコ』のウォレット

ディテールの一つ一つにまでこだわりを感じる、『ポスタルコ』のウォレット。

暮らしのパートナーともいえる財布は、あらゆる点で納得できるものを選びたい。使い勝手の良さはもちろん、デザイン、素材、プライス、どこかひとつでも満たされていないと取り出すたびに残念な気持ちになり、それはなんだかサイズの合わない洋服を着せられているかのよう。でも逆に、すべてが満たされたぴったりの財布に出会えたら何年経っても愛着を持って使い続けることができるはず。

 

(トップ画像)ケトルジッパーウォレット ロング¥50,000 スモール¥36,000/ポスタルコ

 


 

財布に必要なスペックは人それぞれ求めるものは多少異なってきますが、実用性の高さは長く使い続ける予定なら譲れないポイントです。カードスロットが少ない、コインが取り出しにくい、デザインが気に入っていれば我慢できるような気がするけれど、日々蓄積されると結構ストレスを感じるもの。財布は実用性があって長く使いたい派の人にレコメンドしたいのは、書類入れやペンケースなどステーショーナリーアイテムが性別年代を問わず人気の『POSTALCO(ポスタルコ)』のレザーウォレット。角が丸いデザインが小粋なウォレットは収納力抜群で、ロングなら内側の4つのポケットに20枚以上のカードを入れることができます。

ディテールのひとつひとつにもこだわりが行き届き、たとえばジップ部分はジッパーのサイドまで職人の手作業により丁寧に革が縫い付けられているので、開け閉めもスムーズ。ジッパープルはひとつひとつ真鍮を削り出したものを使用し、財布に温かみのある格好良さを添えています。

時間を経て変わるレザーの風合いも、飽きずに長く使い続けられる魅力のひとつ。ユニセックスなデザインなので大切なパートナーと一緒にお揃いで使うのも素敵です。

 

(左から)キーホルダーSado Jasper¥13,000・Lapis Lazuli¥14,000・Rhodonite¥14,000・Tokachi¥13,000・Moss Agate¥14,000/ポスタルコ



 



 

財布と同様に大切な、“カギ”もまとめるアイテムにこだわりを持つ人が多いですよね。同じくポスタルコのトーテムキーホルダーは、真鍮の棒に鍵を通してまとめられるアイテムで、ミニマルなデザインがモダン。複雑な色の鉱物を組み合わせ、種類によってはもちろん、同じ石の中でもひとつひとつが違う表情が楽しめます。

 

ポスタルコ

https://postalco.net/

03-6262-6338

 

 

photograph:Hiroshi Nakamura

styling:Saori Ikeda

text : Momoko Yokomizo