検索
7
2018
OCTOBER
SUN

目にするたびにうっとり。美しく雅な『SIRI SIRI(シリシリ)』のジュエリー

コンテンポラリーなジュエリーを生み出す『SIRI SIRI』。しっとりと美しく寄り添ってくれるアイテムをご紹介します。


イヤーカフ34,000円/SIRI SIRI


意外性のある素材に日本の伝統的な職人技術を加え、現代的なジュエリーにして表現する『SIRI SIRI(シリシリ)』。モードながらも、日本的な美意識を感じるジュエリーたちは、まるで芸術作品のようで目にするたびにうっとり。もちろん、身につけたときの空気感も秀逸で、主張しすぎないエレガンスがまた魅力です。

 

どんなときも一緒にいたいジュエリー。

イヤーカフ34,000円/SIRI SIRI


凛としたカッコよさと、儚げな美しさ。そのふたつが共存したイヤーカフは耳たぶにはさむだけなので、ピアスホールがあいていない人もうれしいアイテム。鉱石のような見た目ですが、素材はアクリルでとても軽いのも特徴。大ぶりなサイズながらも適度な力で挟んでくれるので落ちにくく、想像するよりも心地よく身につけられます。

 

左からイヤーカフ¥34,000、¥33,000、¥29,000/SIRI SIRI


使われている国産アクリルは、高品質で透明度が高く、色が変わりにくいので、ジュエリーにぴったりの素材。最後にひとつひとつ職人が磨き上げているので、このなめらかな質感が生まれるのだそう。

 

こちらのコレクションは、動物の骨からインスピレーションを受けて誕生。この独特のフォルムを楽しむために、シンプルなトップスに合わせて楽しみたいイヤーカフです。

 

まるでオブジェのような存在感。

バングル ¥34,000、ピアス¥24,000/SIRI SIRI


藤のツルで編まれたジュエリー「ARABESQUE Collection」から、バングルとピアスをご紹介。こちらはお祝いごとで用いられる「あわじ結び」をモチーフにしたコレクションで、その幾何学的なパターンからどこかオリエンタルな空気感が漂います。左右の輪が互いに結び合うこの「あわじ結び」は、両端を引っ張るとさらに結ばれ、“末長いおつきあい”を意味を持つのだそう。この日本の伝統的な文化に想いを馳せながら、長く愛したい逸品です。

 

藤を磨きあげることで生まれたツヤと、美しい結び模様がとてもエレガント。秋冬の重くなりがちなコーディネートに、この透明感のあるジュエリーがいいヌケ感を演出してくれます。

 

SIRI SIRI

03-6821-7771

http://sirisiri.jp/

 

photograph:Hiroshi Nakamura
styling:Saori Ikeda

hair&make:Daisuke Yamada(Cake)

model:Kurumi Emond(BE NATURAL)

text:Kisae Nomura

 

Share
はてなブックマーク

2018年10月のテーマ ジャパンメイド

世界でも注目を集めている、日本生まれの“モノコト”。丁寧な作りや繊細なディティールなど、日本人ならではの美意識が詰まっているアイテムに注目です!


次に欲しいデニムはコレ! シルエットで楽しむ『Urvin』のデニム


この秋はロマンティックに楽しもう。『LENO』の天然染のシャツとドレス


小物からコートまで。『niuhans』とボーイッシュな冬支度


鯖江市の職人の力とファッショナブルな感性をミックス。レディな名脇役、『ayame』のアイウェア


心地よく快適に履く、『UNIQLO』のデニムで秋のスタイルをリフレッシュ!


エレガントにもカジュアルにも! 『Aeta』のポーチで遊び心を忍ばせて


見慣れたスタイルに新風を。『SEA』で見つけた、この秋履きたい大人デニム


はじめまして! インナーウェアメーカーから生まれた『BRAUNGE(ブラウンジ)』が、大人の女性に向けた新しいスタイルを提案します


新しい自分に出会える服。『CNLZ』のブラウスで知的に、可憐に装って


コスチュームジュエリーとブラックドレス。特別な日のオシャレは『petite robe noire』で


いつも一緒にいたい。そう思える秋の一足を『CONVERSE』で見つけて


こだわりのディテールが支える、『UNDECORATED』の美しいフォルム


どんどん使って風合いを育てる愉しさ。日々の暮らしになじむ『TEMBEA』のインディゴ染めバッグ


最愛のニットで出かけよう。ニュアンスもかわいい『WRAPINKNOT(ラッピンノット)』のニットウェア。


シンプルだからこそ上質なものを。素材にこだわる『unfil』のニットで着心地を再確認


着るたびに惚れる。この秋手にしたい『FilMelange』のウェア


ハンサムなシューズを、チャンキーヒールで可愛く歩きやすく!『Anew it』の新作でゆるめにマニッシュ


スタイリングに、インテリアに! この秋は『loomer』のストールをスパイスにして


秋のワードローブを強化!『french_bull』のソックスで足元をカラフルに刷新


メイドインジャパンの実力。寒い日のお守りに『The Loft labo(ロフトラボ)』のダウンを


素材にこだわったコスメティックブランド『shiro』の秋、注目の新作


カジュアルな日もおしゃれにキメたい日にも活躍。久留米発、『ASAHI』スニーカーの魅力


白と黒の色が織りなすシックで美しい、『CHACOLI』のバッグを大人のカジュアルスタイルに添えて


自分好みのデニムがきっと見つかる。『çaqu(サキュウ)』で究極の1本を探して


目にするたびにうっとり。美しく雅な『SIRI SIRI(シリシリ)』のジュエリー


メイクよりも見違える。『n8ise』のアイウェアが作り出す、マスキュリンな表情


本格派だけど女性らしさも満たされる。『オアスロウ』のオーバーオールで、ワークウェアをおしゃれに


暖かくてかわいい。『babaco(ババコ)』の上質なニットウェア


日本女性の肌を考えて生まれた、『do organic』のチカラ


時が経つほどに使いやすさと味わいに惚れこむ、『ポスタルコ』のウォレット


変調を来しやすい時季はセンシティブスキンにもやさしい「OSAJI」でケアしましょ


おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!