カップルでも楽しめる『DANTON』で見つける! 秋の日常を楽しむ3つのアイテム

男性からの支持も高い『ダントン』で、フレンチカジュアルスタイルをもっと身近で豊かに
カバーオール ¥22,800 / DANTON(ビショップ)

 

 

女性はもちろん、男性にもファンの多い『DANTON(ダントン)』。たくさんのアイテムの中でも冬の「ダウン ジャケット」は、スタンダードなフォルムの中にもキュートな雰囲気を持たせ、あらゆるシーンで活躍してくれる人気の1着です。

 

そんな『ダントン』の歴史は古く、1935年にフランスでデビューしました。

創始者のガブリエル=ダントンは、姉の経営する会社「MANUFACTURE TEXTILE DU CENTRE」を買い受け、そこで展開していたアイテムを「DANTON」というブランド名でリスタートさせたことに始まります。印象的な“ひし形のロゴマーク”は、この時にアイコンとして商標登録されたものだそう。

 

 

ひし形のロゴマークと並ぶ、もう一つのブランドのアイコン「カバーオール」

 

『ダントン』の前身である「MTC(MANUFACTURE TEXTILE DU CENTRE)」の初期から現在まで続くアイテムが作業用のカバーオールそして料理人やガーデナーのユニフォームやエプロンなどがあります。これらのワークウェアは、70~80年代にはパリ市内のメトロ(パリ交通公団R.A.T.P)や行政機関へユニフォームに採用され、パリ市の御用達サプライヤーとしては長い間親しまれたそう。さらに、フランスの国鉄S.N.C.Fのユニフォームとしてもお馴染み。『ダントン』は由緒あるフランスのワークウェア・ブランドであることがわかります。

 

そのブランドの代名詞とも言える「カバーオール」の遺伝子を忠実に受け継ぎながらも、クラッシックなフレンチワークでモダンさを加味した、モールスキン素材の「カバーオールジャケット」をピックアップ。

ポケットディティールやスマートなシルエットなど、いかにもフランスらしい機能性とデザイン性を兼ね備えた、クオリティーの高い一着。ユーズド感のある風合いを追求し、硫化染料で染められた本格的な仕上がりも魅力です。

 

 

シャツ白 ¥11,800、ギンガムチェック ¥12,800 / DANTON(ビショップ)

 

 

クラシカルなフォルムの「ダントン」のスタンダードは、重ね方で変わる表情も楽しい

 

クラシカルな丸襟と両サイドのポケットが特徴の、定番のプルオーバーシャツもこれからの季節に活躍してくれる1枚。

しっかりとしたやわらかさにつややかさも感じさせる素材は、綿100%のオックスフォードなのだそう。プルオーバーのスモックのようなデザインは、カットソーやタートルネックのセーターなど、レイヤースタイルで楽しむのも一興。

 

 

帽子 ¥6,800 / DANTON(ビショップ)

 

 

耳までカバーしてくれる帽子で冬の寒さを和らげて

 

「エターミン」と呼ばれるウール素材を用いた帽子で、ふわっとしたやわらかさが特長。裏地には中綿がキルティングされています。耳あてにはボアがつけられているため、高い防寒性を望める帽子です。

 

 

ユニセックスで使えるデイリーカジュアルウェアは、長く楽しめるものばかり。そんなアイテムを感じさせるように、ブランドの象徴である『ダントン』のひし形のロゴマークもまたブランド誕生からずっと愛され続け、変わることなくずっと引き継がれています。

 

 

Bshop(ビショップ)

03-5775-3266

http://bshop-inc.com

 

 

photograph:Hiroshi Nakamura
styling:Saori Ikeda
text : Akira Watanabe