この秋真っ先に欲しいのは、老舗メゾン『Glacon』の着心地のいいカットソー

1枚でサマになるカットソーは、季節の変わり目に万能なアイテム。だからこそ質のよさで選びましょう。

『Glacon(グラソン)』の創業地は、フランスのシャンパーニュ地方。その名の通り、シャンパンの生産地としても有名ですが、もうひとつの誇るべき名産がカットソーなのです。この地方は古くから繊維産業で栄え、今でも工場やファブリックメーカーが点在しています。

 

ハイブランドの生産も請け負うカットソーメーカーが1971年にはじめたのが、今回ご紹介する『Glacon』です。今でもMade in Franceにこだっているのに、ファクトリーオリジナルのブランドだから価格もリーズナブル。老舗ならではの確かな技術で、高品質で着心地のいいカットソーを生み出しています。

 

主役になるトリコロール。

ボートネック Tシャツ¥13,000/Glacon(グラストンベリーショールーム)


定番で使える無地もいいですが、着るだけで主役になるカットソーは1枚は持っておくべきアイテム。このトリコロールのボーダーがまさにそれ。コットン100%の生地は、肌当たりがとても優しく、夏は涼しく冬はあったかいのが特徴。首もとをすっきりと演出してくれるボートネックだから、カジュアルなカットソーも女性らしく着こなせます。

 


裾にあるのは、ブランドの誇りを感じられる「GL」のエンブレム。丁寧な裁縫は細かいところまで行き届き、伸びやすい首まわりはステッチで補強されているから長く愛用できます。

 

シンプルなデニムやスカートを合わせると、トリコロールボーダーが際立ちます。今の時期はこれ1枚で、もう少し寒くなったら、コートの間からちらりと覗かせてみるのも素敵です。

 

チクチクしないタートルネック。

タートルネックカットソー白¥7,500、ボーダー各¥11,000/Glacon(グラストンベリーショールーム)


肌寒くなると恋しくなるのがタートルネック。ただ首に直接触れる分、チクチク感が苦手という人もいるはずです。そんな人にもおすすめしたいのが、『Glacon』のタートルネックカットソー。コットン100パーセントだから肌に優しく、チクチクして首がかゆくなる現象からは卒業できます。また7㎝というネックの高さも絶妙で、立てて着るネックがクールなんです。カラーバリエーションも豊富なので、差し色としても大活躍してくれます。

 

シンプルならがもどこか気品のあるカットソーで、秋のおしゃれを楽しみましょう。

 

グラストンベリーショールーム

03-6231-0213

 

photograph:Hiroshi Nakamura
styling:Saori Ikeda

 

text:Kisae Nomura