検索
10
2018
SEPTEMBER
MON

秋の風が吹いたら、『プチバトー』のヨットパーカを羽織って

さりげなくお洒落な『PETIT BATEAU(プチバトー)』のヨットパーカで、秋の雨対策


赤ちゃん用の愛らしいパジャマからエスプリの効いた大人のお洒落着まで、幅広いラインナップが揃う『PETIT BATEAU(プチバトー)』は言わずと知れたフランスブランド。生まれたばかりのベビーから着ることができる安心で優しい素材を使用したアイテムは、大人にとっても魅力的です。シックを愛するフランスらしい、華美ではないけれど捻りのあるデザインはデイリースタイルを小粋にアレンジ。そんな『プチバトー』の代名詞のひとつに、ヨットパーカがあります。意外と雨の多い秋に、便利な一枚をいかがでしょうか。

(トップ画像)ヨットパーカ ¥20,000・トートバッグ ¥5,000/プチバトー

ヨットパーカ 各¥20,000/プチバトー


ブルターニュ地方の漁師が着ているオイルクロスのコートをインスピレーションに、タウンユースで着られるように生まれ変わったヨットパーカ。表地には風を通さず撥水性の高いポリウレタンコーティングを施し、裏地には細かく編み上げた丈夫なミラレ素材を使用して着心地も快適です。定番のイエローとネイビーに加え、この秋冬はタイプの異なるカラーバリエーションが登場。ガーリーなピンクからエッジの効いたゴールドまでお好みで。袖口をまくって裏地のボーダー柄を見せるとワンポイントにもなります。ベビーと子供サイズもあるので家族でお揃いで着るのも素敵ですね。


人気のボーダーアイテムをオータムカラーで

ワンピース¥20,000・カットソー(画像は参考色、ネイビー×ゴールドで展開予定)¥12,000/プチバトー


人気のプルオーバーに、今季はゴールドがお目見え。落ち着いたトーンのゴールドのボーダーがカジュアルな装いをさりげなく華やかに。さらにピアスやネックスレスを合わせれば、ぐっと大人っぽい印象へ。

秋らしい色使いが目を引くボーダー柄のワンピースは、タイツに合わせたりパンツにレイヤードしたり、一枚で手軽にスタイルが完成。色の切り返しで視線が上に行き、スタイルアップ効果も狙えそうです。


プチバトー

http://www.petit-bateau.co.jp/shop/

0120-190-770(プチバトー・カスタマーセンター)


photograph:Hiroshi Nakamura

styling:Saori Ikeda

text : Momoko Yokomizo

Share
はてなブックマーク

2018年09月のテーマ フレンチベーシック

ボーダーやトリコロールカラーのものなど、この秋のスタイリングをワンランク上にしてくれる上質で洗練されたフレンチテイストなベーシックアイテムをコレクションしています。季節の変わり目、ぜひマイワードローブを新調してみませんか?

スカーフブームがやってきた!フレンチシックなシルクスカーフで秋ファッションに差をつける


レディのための美しいデニム。服好きも唸る『ANATOMICA(アナトミカ)』で発見


とっておきのワンピースは『Honnete(オネット)』で探そう


カップルでも楽しめる『DANTON』で見つける! 秋の日常を楽しむ3つのアイテム


日常にほんの少し贅沢を。 『アスティエ・ド・ヴィラット』の器と一緒にアートな暮らし


『agnès b.』×『BACH』がコラボ! エレガントなバックパックで出かけよう


服を着るという楽しみを改め知る、『Vincent et Mireille』の秋色セットアップ


この秋真っ先に欲しいのは、老舗メゾン『Glacon』の着心地のいいカットソー


レディなエッセンスを最後にプラス。『A.P.C.』で探すフレンチシックな小物


MADE IN FRANCEの上質なベレー帽をひとつ。『LAULHÉRE』で始めるクラシカルな秋


まだまだ湿度の高い初秋にも! 『Art Of Soule』のエスパドリーユが活躍


ポロシャツ? それともワンピース? 『LACOSTE』に学ぶフレンチエレガンス


フレンチカジュアルのスタンダード、『AIGLE』の新作はもうチェックした?


パリジェンヌの美しさを支える『NUXE』でしなやかなボディを目指して


カジュアルはもちろんドレスアップしたスタイルでも一緒に過ごしたい『PATRICK』の靴


秋の風が吹いたら、『プチバトー』のヨットパーカを羽織って


スカートやヒールにもマッチ!『エルベシャプリエ』のちょうどいいカジュアル感


ハピネスを呼び込む南仏カラー、『レ・トワール・デュ・ソレイユ』の小物


フラットでこの上なくエレガントに魅せる、『レペット』の秋色シューズ


女性らしい好感度を印象付ける、バラ専門のフレグランスメゾン『パルファン・ロジーヌ パリ』


レストランにも公園にも似合う、『メゾン キツネ』のアーバンシック


今日は何色を選ぶ? 指先に落とす『Kure BAZAAR』の色が秋へと誘う


パリジェンヌの日常着、『セントジェームス』のカットソー


パリジェンヌの定番『ORCIVAL』のボーダーは、サイズ感とカラーで楽しんで


新しい香りに出会いたくなる、秋。フランスのフレグランスメゾン『diptyque』で探して


COLUMN

関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!