検索
14
2018
SEPTEMBER
FRI

ポロシャツ? それともワンピース? 『LACOSTE』に学ぶフレンチエレガンス

ワニのマークでおなじみ『LACOSTE(ラコステ)』は、スポーツウェアに上品さを与えたパイオニア。そのエスプリが香る、日常使いにしたいウェアをご紹介します。


『LACOSTE(ラコステ)』と聞くと、スポーツ、特にテニスウェアをイメージする人も多いことでしょう。それもそのはず、ブランド創始者であるルネ・ラコステ氏は、伝説的なテニスプレイヤー。1920年代にその才能とプレイスタイルで世界中を魅了しました。

 

ブランドのスタンダードといえば、ワニのマークを左胸に宿したポロシャツです。このワニは、ルネ・ラコステ氏のニックネームであった「ワニ」をデザインしたもので、今もブランドを象徴するマークです。

そして半袖のポロシャツは、彼が動きやすさを追求して生み出したアイテム。ルーズニット生地の専門家であるアンドレ・ジリエ氏と一緒に、通気性がよく、軽量で丈夫な「ピケコットン」を開発したのです。そして、ネックラインにはボタンをつけ、腕の動きを邪魔しないよう袖を半分に。こうして、1933年にラコステの象徴であるポロシャツが誕生しました。

 

 

シンプルなスタイルに映えるポロシャツ。

ポロシャツ¥16,000/LACOSTE


 

ブランドのスタンダードであるポロシャツは、1枚は持っていたいアイテム。今秋挑戦するなら、肩の部分にラインが入ったクールな一枚に挑戦してみましょう。こちらのポロシャツはMade in France! 濃いネイビーと白のラインはクールで、首から後ろの袖にかけてのポイントになってくれます。また、通常のポロシャツは前方にボタンがあるのに対し、こちらは背中側にボタンが。バックスタイルまでも楽しめるポロシャツです。

 


3色のコットンキャビアピケで編まれた生地は、近くでみるとこんなにも味わい深い色。ブランドを象徴するワニのマークも、ポロシャツ生地と同じくネイビーで統一すると、とてもシックな印象に演出してくれます。シワになりにくいので、お家でのケアも簡単です。

 

程よいリラックス感のあるドレス。

ウェストドロストドレス¥21,000/LACOSTE


横うねが特徴のリップルジャージー素材で作られたワンピースは、体に優しくフィットしてくれて着心地のよさが魅力。ミニマルなデザインが上品ですが、素材のおかげで抜け感も与えてくれます。ウエストのギャザーも調整できるから、ウエストをキュッとマークしてキュートに、ストンとしたシルエットでナチュラルに、さまざまな表情をみせてくれるドレスです。右下の裾部分にちょこんといるワニのマークもご愛嬌。七分袖なので今の時期からすぐに活躍してくれます。

 

LACOSTE

0120-37-0202(ラコステお客様センター)

 

photograph:Hiroshi Nakamura

styling:Saori Ikeda

text:Kisae Nomura

Share
はてなブックマーク

2018年09月のテーマ フレンチベーシック

ボーダーやトリコロールカラーのものなど、この秋のスタイリングをワンランク上にしてくれる上質で洗練されたフレンチテイストなベーシックアイテムをコレクションしています。季節の変わり目、ぜひマイワードローブを新調してみませんか?

スカーフブームがやってきた!フレンチシックなシルクスカーフで秋ファッションに差をつける


レディのための美しいデニム。服好きも唸る『ANATOMICA(アナトミカ)』で発見


とっておきのワンピースは『Honnete(オネット)』で探そう


カップルでも楽しめる『DANTON』で見つける! 秋の日常を楽しむ3つのアイテム


日常にほんの少し贅沢を。 『アスティエ・ド・ヴィラット』の器と一緒にアートな暮らし


『agnès b.』×『BACH』がコラボ! エレガントなバックパックで出かけよう


服を着るという楽しみを改め知る、『Vincent et Mireille』の秋色セットアップ


この秋真っ先に欲しいのは、老舗メゾン『Glacon』の着心地のいいカットソー


レディなエッセンスを最後にプラス。『A.P.C.』で探すフレンチシックな小物


MADE IN FRANCEの上質なベレー帽をひとつ。『LAULHÉRE』で始めるクラシカルな秋


まだまだ湿度の高い初秋にも! 『Art Of Soule』のエスパドリーユが活躍


ポロシャツ? それともワンピース? 『LACOSTE』に学ぶフレンチエレガンス


フレンチカジュアルのスタンダード、『AIGLE』の新作はもうチェックした?


パリジェンヌの美しさを支える『NUXE』でしなやかなボディを目指して


カジュアルはもちろんドレスアップしたスタイルでも一緒に過ごしたい『PATRICK』の靴


秋の風が吹いたら、『プチバトー』のヨットパーカを羽織って


スカートやヒールにもマッチ!『エルベシャプリエ』のちょうどいいカジュアル感


ハピネスを呼び込む南仏カラー、『レ・トワール・デュ・ソレイユ』の小物


フラットでこの上なくエレガントに魅せる、『レペット』の秋色シューズ


女性らしい好感度を印象付ける、バラ専門のフレグランスメゾン『パルファン・ロジーヌ パリ』


レストランにも公園にも似合う、『メゾン キツネ』のアーバンシック


今日は何色を選ぶ? 指先に落とす『Kure BAZAAR』の色が秋へと誘う


パリジェンヌの日常着、『セントジェームス』のカットソー


パリジェンヌの定番『ORCIVAL』のボーダーは、サイズ感とカラーで楽しんで


新しい香りに出会いたくなる、秋。フランスのフレグランスメゾン『diptyque』で探して


COLUMN

関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!