その極上の履き心地で脚の疲れを軽減してくれる、『RoToTo』のソックス

とりわけ旅やアウトドアなど、屋外で長時間過ごす時にはリラックスで快適さを求めたいもの。要となるのは、足もと。どんなソックスを選びますか?

 

 

国内一の生産量を誇り、ソックス産地として名高い奈良県・広陵町を中心とした工場で生産している『RoToTo(ロトト)』。

そんな『RoToTo』の履き心地にこだわったソックス作りは、ブランドの理念に賛同して協力してもらえる工場を探し、その職人たちと話し合うことから始まると言います。

 

ブランドの考えるイメージを具現化するためには、工場で直接職人の方ととことん話し合うことが肝要。『RoToTo』は、編み機や糸の相談しながら、何度も細かな調整を経てひとつのソックスを作り上げるという製品には、一切の妥協がないところに誇りを感じさせてくれます。

 

国内でも台数の限られた珍しい特殊編み機に、コンピュータ化されていない旧式の編み機。それから最新のハイテク編み機など、さまざまな編み機を使い分け、シーンに応じて快適な履き心地を追求しています。

 

 

 

 

懐かしいチューブソックスがデザインソース

 

一般的な編み機とは異なる、特殊な編み機を使用。これは、太番手のコットン糸を編み立てて弾力のある履き心地を表現するため。ローゲージの「コース リブ パイル ライン ソックス」はこうして生まれています。
かかとから上のゴム部分はゆったりとフィットしながらも、ずれにくいように考慮して成型されているため、長時間着用してもストレスなく快適に過ごせます。

 

 

 

 

どれを選ぶ? キュートな4つのカラーバリエーション

 

トラディショナルでスポーティ。デイリーに使う、カジュアルスタイルのスニーカーとの組み合わせは最高です! 例えば、パンプスなどに合わせるとまた、違った趣を楽しむこともできるはず。頭の中でイメージを膨らませば、様々なシーンで活躍できるソックスは、季節を問わず取り入れたい、マストアイテムです。

 

 

 

COURSE RIB PILE LINE SOCKS 各¥1,800
RoToTo
06-6585-9660(germination inc)
http://www.rototo.jp

 

 

 

photograph:Hiroshi Nakamura
styling:Saori Ikeda
text : Akira Watanabe