水をはじく心強いアウターが強い味方! 雨の日の散歩が楽しくなる

小さい雨なら傘を持たずに歩こう。梅雨時の外出を快適にする、頑強なアウター2着をピックアップ!

 

 

雨の日に傘をささずに歩けたらどれだけ楽しいだろう。子どもの頃、ママの目を盗んで、そうしていたように。大人になったいまでも、たまにはそんな気持ちになったりするもの。

 

そんな気持ちに寄り添ってくれるのが撥水加工されたアウター。今回ピックアップした2着は、大雨はさすがにNGだけれど、小雨程度ならOK! というもの。大人になった今もあの頃のような雨の日のワクワクした気持ちを蘇らせてくれます。

 

マウンテンパーカ 各¥46,000 ナイジェル・ケーボン

 

 

小雨に強いだけじゃない、たっぷりとしたAラインの美しいシルエットも魅力

 

ヴィンテージのマウンテンパーカをデザインソースに、たっぷりとしたAラインのシルエットにアレンジされた『Nigel Cabourn(ナイジェル・ケーボン)』の1着。裾やフードにはコットンヘリンボーンテープを施し、サイドには大容量のフラップポケットが加えられています。

 

ナイジェル・ケーボンらしさが光るこだわりのファブリックは、このマウンテンパーカも同様。

海に落ちた空軍パイロットの命を守るため、英国で第二次世界大戦時に開発された高密度に織り上げられた防水性のあるコットン素材がベースになっているそう。

英国らしいクラフトマンシップを感じさせるファブリック、ベンタイルの質の高さはそのままに、日本の高い技術で進化させながら再構築させたオリジナルのコールドウェザークロス(C.W.C.)は、雨の日の外出を力強く後押してくれます。

 

多少の雨にも負けないタフさを備えながら、清涼さを感じさせるコットン素材は、度詰めを採用。その高い撥水性は梅雨時の頃はもちろんのこと、旅のバッグにも忍ばせたい1着です。

 

 

撥水加工のノーカラーロングジャケット 各¥22,000 kha:ki(カーキ)

 

 

コーディネートの幅を広げる、ロング丈のフォルムはボトムスまで雨をガード!

 

ナイロンやポリウレタンのハイテンションストレッチ素材を用いた『kha:ki(カーキ)』のロングジャケットは、高い撥水効果! フロントのファスナーで自由に開閉でき、両サイドにはポケットもあるデザインで機能性にも配慮されているのもいい。

 

着心地はドライで、さらっとした肌触り。さらに、縦横2WAYに伸びる伸縮性や、水を弾いてくれる機能もあるため、小雨の日にも重宝するアイテムです。ふわりと軽く羽織れ、梅雨時の重くなりがちな気持ちを吹き飛ばすかのように軽やかなスタイルに仕上げてくれそう。全身をすっぽりカバーしてくれるロング丈なのも嬉しいポイント。

 

 

 

パーカとロングジャケットの2着はどちらも長く楽しめるデザインで、梅雨時の新定番に加えたいアイテム。機能性とデザイン性を兼ね備えた1着は、これからの季節の心強い味方になってくれるはず。

 

 

 

ナイジェル・ケーポン

03-5413-6957

http://www.cabourn.jp/

 

kha:ki(カーキ)

06-4390-7008

http://kha-ki.com/

 

 

 

photograph:Masatomo Murakami
styling:TAMA
text : Akira Watanabe