検索

梅雨の靴環境をバージョンアップ。『shoe stripes』のふわふわインソールでいつでも快適に

雨が続くこの季節は、靴の中がムレて不快になることもしばしば。そんなときは、心地いいインソールを取り入れて靴環境をアップデートしましょう。

靴ひもやインソールなど、遊び心あるデザインのシューズアクセサリーを提案するブランド『shoe stripes(シューストライプス)』。このブランド名には、「ひもは靴の美しいストライプ」という意味が込められていて、カラフルな靴ひもが感度の高い人たちに愛されています。

 

気温や湿度が高くなってくるこの季節にぜひ取り入れて欲しいのが、あの今治タオルのパイル地で作ったインソール。汗や水分を素早く吸収してくれて、しかもふわふわの心地よさが持続するという、夏にぴったりの逸品なのです。

 

今治タオルの気持ち良さをインソールで体験!

今治インソール 各¥1,800/shoesstripes (ジー・エム・ティー )


世界の名ホテルでも使用されている日本のタオルと言えば、愛媛県今治市で作られている『今治タオル』。その歴史は古く、明治27年まで遡ります。瀬戸内の美しい自然と豊富な水源のもと、改良を重ねられながらタオル産業はどんどん拡大し、今ではタオルづくりに関わる200近くの工場が集まる日本屈指のタオル産地となっています。

 

今治タオルの品質基準のひとつに、〝5秒ルール〟という独自の基準が。これはタオル片を水に浮かべたときに、5秒以内に沈み始めるかを調べるテストのこと。今治タオルが持つ吸水性という特徴を保証するために設けられているのです。

 

素足でシューズを履く機会が増えるこれからの季節は、この吸水性抜群の今治タオルを使ったインソールが大活躍!  表面はふわふわとした肌触りのタオル地だから、足を入れたときの心地よさは言わずもがな。汗をすぐに吸収してくれるので、靴の痛みや汚れ、嫌なにおいを防いでくれます。夏場のローファーやレースアップシューズも、このインソールがあればひと安心。常にムレやすい長靴に入れれるのも、梅雨の時期はおすすめです。水洗いできるのでいつでも清潔な状態で使えるのもうれしいところ。

 

シューズに面する裏面には凹凸のあるノンスリップ機能素材が使われ、滑りにくい工夫が。歩いているときの衝撃も和らげてくれるので、足の疲労も軽減してくれます。カラーは、グレー×ブラック、オレンジ×ブラウン、ブラック×ブルーの3種。靴の中が見えても、おしゃれに見えるのも高ポイントです。

 

足もとを彩るシューレースに衣替え。

シューレース ¥800/shoesstripes (ジー・エム・ティー )、シューズ¥32,000/JALAN SRIWIJAYA(ジー・エム・ティー )


靴だけでなく、靴ひもだって雨に濡れることで傷んでしまうもの。その結果、歩行途中で突然切れてしまう、なんてことも起こりうる話です。いざ代わりを探そうとしても、すぐに手に入れられるアイテムではないので、あたふたしてしまうばかり…。まさにこんなアクシデントから誕生したブランドの顔が、この美しい靴ひもです。このひもは、綿素材にろう引き加工を施しているので、丈夫さはお墨付き。写真の平ひもタイプの他に、丸ひもタイプもあり。シューズと相性のいい方を選べます。

 

全部で12色! 豊富なカラーも魅力です。

シューレース 各¥800/shoesstripes (ジー・エム・ティー )


この靴ひもの魅力は、丈夫なだけではありません。パッと目を引くレッドやオレンジ、イエロー、ブルーなどの気持ちが明るくなる色、ホワイトやブラック、ネイビーにグレーなどのベーシックな色と、12色ものカラーバリエーションがあるのです。

アクセサリーやスカーフなど、ファッション小物を変えるだけでコーディネートの印象が変わるように、シューズだって靴ひもを変えるだけでイメチェン可能に。何色か持ち合わせて、気分に合わせて変えてみるという楽しみ方もできます。

 

快適で機能的なインソールや靴ひもを自由に取り入れて、足もとをもっとおしゃれに彩りましょう。

 

ジー・エム・ティー

03-5453-0033

http://shop.gmt-tokyo.com/

 

 

photograph:Masahiro Arimoto

styling:Yumika Asai 

text:Kisae Nomura

Share
はてなブックマーク

関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!