インダストリアルなモチーフを、インドの刺しゅうでとびきりポップに。『PUEBCO』がオーダーメイドしたポーチ

刷毛、クランプ、ハサミなどポーチには珍しい、道具をモチーフにした『PUEBCO』のアイテム。

 

いくつあっても欲しくなる魅惑のアイテムは沢山ありますが、なかでもポーチは買い足すことが多いモノの上位。なにかと携帯品が多い女性にとって、バッグの中で整理して収納するために欠かせません。コスメ、サニタリーのほかに必要な薬や、職場では身につけにくいディナー用のアクセサリーも持っておきたい。ポーチのサイズや素材にしても、収納するものによって変えたいから細々となりますが、それも楽しみのひとつ。好きなデザインだと持ち出すたびに気分が上がります。

 

メイド イン インディア、『PUEBCO』のきらめくユニークポーチ

 


クラフトマンポーチ (Brush・Scissors・Chisel・C-Clamp・Tape Measure) 各¥3,700/PUEBCO

 

作りたいものをつくる、欲しいものを見つける、という想いから2007年にスタートした『PUEBCO(プエブコ)』。ブランドがオリジナルのポーチ作りのパートナーに選んだのはインドの縫製工場で、お互いを尊重したモノづくりからなんとも楽しいアイテムが生まれることに。

 

依頼したのはビーズやスパンコール、刺しゅうなどインド特有のきらびやかな素材を使った縫製を得意とする工場で、PUEBCO側からはベースデザインだけを伝え、配色や素材の組み合わせは現地のアイデア。クランプやハサミ、メジャーなど男勝りなインダストリアルなモチーフが華やかに変身、みっちりと刺しゅうされた丁寧な技は圧巻です。

 

カードやアクセサリーのケースに。

 


 

裏側にはハンドステッチがあしらわれていて、味のあるタッチにキュンとします。

コンパクトなサイズですが、デザインによってはICカードも収まるそう。男性のポーチデビューにもぜひ。

 

 

PUEBCO

http://www.puebco.jp/

050−3452−6766 

 

 

photograph:Masatomo Murakami

styling:TAMA

text : Momoko Yokomizo