検索
12
2018
MAY
SAT

夏のおしゃれを賑わす、『BOSTON CLUB』の80’sなサングラス

フレームやカラー、豊富なラインナップから自分にぴったりのアイウェアを見つけて!


 

この夏はじめてのサングラスを考えているなら、ファッションのように楽しく掛けられる『BOSTON CLUB(ボストンクラブ)』の一本はいかが。80年代のストリートカルチャーをイメージしたコレクションは、フレームのシェイプやカラーも個性豊かに揃い、ひと目惚れする一本に出会えるはず。

 


 

1980年代に人気を博したジャパニーズブランドが、『BOSTON CLUB』として2013年に復活し、クラシカルなアプローチと高いデザイン性で新たなファンを魅了。日本ならではの丁寧なモノづくりで、ストレスの少ない掛けやすさもリアルに使用し続けたくなるポイントです。今季は80'sらしい、アナログとデジタル、アイビーとニュートラ、ミックスされたテイストをデザインに加え、トレンド感のあるサングラスを提案。アイコニックなアイテムは、掛けるだけでスタイルを決めてくれそうです。

 

 

トレンドも実用性も兼ね備えた、メイドインジャパンのサングラス

  


右上から時計回りにTURNER ¥26,000・CHAS各¥26,000・RONALD 各¥32,000

 

トラッドな雰囲気の「TURNER(ターナー)」にはフレームに小粋なアクセントが。一見シンプルなデザインは、じつは6角形のクラウンシェイプになっていてさりげなくお洒落を演出してくれます。

 

ブランドの定番、ラウンドシェイプの「CHAS(チャス)」はオールマイティーに使える一本。ほどよくボリューム感のあるフレームが顔とのバランスを取りやすく、タウンやバカンスで活躍してくれること間違いなし。

 

掛ければ、80’sのムードに包みこむ「RONALD(ロナルド)」はアクセサリーのように楽しんで。極細のβチタンのフロントと耳に掛かるツルがエレガントに仕上げ、チープにならず大人の遊び心を感じさせてくれます。

 

サングラスは軽装になりがちなサマーコーデをスタイリッシュにアップデートしてくれるアイテム、そして夏の大敵・紫外線の対策にも効果的! お気に入りの一本を見つけて、快適でおしゃれな夏の準備を。

 

 

BOSTON CLUB 

www.gloss-eyes.com

03−5579−9890(GLOSS)

 

 

photograph:Masatomo Murakami

styling:TAMA

text : Momoko Yokomizo

 

Share
はてなブックマーク

2018年05月のテーマ ガーデニンググッズと花柄アイテム

暑過ぎず寒くもなく、過ごしやすい気候と堂々と長期休暇の取れるGWもあったりと、お出かけに持ってこいな5月。ペルルでは、最近気になる “ガーデニンググッズ”と 暖かくなって色んなお花が見られる季節、ということで、“花柄アイテム”を集めてみました。

この夏は抜け感がキーワード。メガネ感覚で掛けられる『YUNO』のサングラスに注目


毎日のUVケアには、心地よさを求めたい。そんなナチュラル派の肌に嬉しい4ブランドをピックアップ!


アウトドアライフをさらに楽しむために。ルックスも実力も自慢の道具を揃えたい


初夏の暑さだって平気。やっぱりデニムが好き!


ストライプ×花柄刺繍に注目! 『Sally Scott』のマニッシュな最旬セットアップ


華やかさの中に大人のエッジがキラリ。『MUVEIL』のフラワーモチーフをチェックして


足もとに花々を咲かせて! 『ANTIPAST(アンティパスト)』の花柄ソックスで心軽やかに歩こう


ポットカバーで印象がガラリと変わる。自分好みで飾る、観葉植物のインテリアアイデア


インダストリアルなモチーフを、インドの刺しゅうでとびきりポップに。『PUEBCO』がオーダーメイドしたポーチ


『beautiful people』のロゴバッグとTシャツで、スタイルに遊び心をプラス


部屋に合うオリジナルサイズの棚を、『PLAYWOOD』で簡単DIY


マメじゃなくても簡単に育てられる、観葉植物。『WECK WATERIUM PLANTS』が彩る、夏らしい空間作り


初夏に映えるフラワープリントとストライプ。『FWK by ENGINEERED GARMENTS』のドレスを日常に


『GREEN MOTION(グリーンモーション)』の2つのアイテムで、コルクを好きになる!


PVCとキャンバス地のシックな化学反応。夏の本命トレンドは『TEMBEA』のバッグと一緒に。


花の季節をファッションでも存分に楽しむ、『muller of yoshiokubo(ミュラー オブ ヨシオクボ)』のセットアップ


ワークウェアをもっと楽しく。『OUTIL(ウティ)』のスリーピースで初夏を制して


機能美に優れた『SMART(スマート)』の道具で楽しくお掃除!


エプロンも軍手も妥協したくない!  ファッションとして楽しむ『NAPRON』のワークウェア


夏のおしゃれを賑わす、『BOSTON CLUB』の80’sなサングラス


不変の美を追求する『Nigel Cabourn(ナイジェル・ケーボン)』のワーカーズドレスが、初夏をより快適で楽しいものにする


ずっと履いていたくなる心地いいフィット感、『Talla(タッラ)』のウッドクロッグ


いつでもどこでも手軽にリフレッシュ! アロマテラピー発想のお手ふきをガーデニングの友に


植物ともっと仲良くなれる道具。『Sustee』があれば誰でも水やり上手に


もうガーデニング時の日差しも怖くない! 人気の『MiMC』ボディーパウダーサンスクリーンが進化! 


植物の恵みをコスメにも。夏を心地よく過ごすために大切な3つのケア


自然の中に身を置く楽しみを存分に味わわせてくれる、ナチュラルな防虫スプレー


さりげなく、気取らず植物を愛でる。ガラス作家が作る一輪挿し『葉壜(はびん)』で彩りのある暮らし


メイクにも遊び心を忘れずに。『RMK』のネイルで指先に花を咲かせて


台湾のオリエンタルなムードに包まれて。『ヂェン先生の日常着』の手染めショール


日本人の頭のかたちにしっくり、『CLASKA Gallery & Shop “DO” 』別注の手作り麦わら帽子


おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!