検索
11
2018
MAY
FRI

不変の美を追求する『Nigel Cabourn(ナイジェル・ケーボン)』のワーカーズドレスが、初夏をより快適で楽しいものにする

ガーデニングやレジャーを楽しむ時は何を着る? 例えばそれが美しい一枚なら、今日が特別な時間になる。



 

時代に流されない普遍的なデザインに定評がある『Nigel Cabourn(ナイジェル・ケーボン)』。英国の伝統的な雰囲気を感じさせつつも女性らしい柔らかさも併せ持つ、そんなスタイルを支えているのが、オリジナルのファブリックです。これは、Lee社によって開発されたhickory striped denimがベース。縦縞の樹皮を持つ樹木のヒッコリーがその名の由来だとか。

 

1920 年代の開発以来、ブランドを問わず多くのヒッコリーストライプの生地が流通していましたが、その多くはコットンでした。それをリネンに置き換えることでこのスペシャルな素材が生まれました。

 

 

細部にまで徹底的に拘ることで生まれる美しさ
 

その数字が大きいほど細くなるという糸。それを『ナイジェル・ケーボン』のワーカーズドレスでは、60番単糸という超細番の糸に撚りをかけて(=撚糸)にして使用しているのだそう。

通常の細番の糸は30番から40番程度。つまりこの60番は、それよりさらに細いという事になります。

とはいえ、「100番双糸のブロード」などがあるように細番に撚糸する事自体はそれほど特殊ではありません。ただし、これはコットンの場合です。このドレスの素材でもあるリネンの場合となると話は違ってきます。非常に困難なのだそう。それは、細番に撚糸すること自体が難しく、さらにそれを高密度に織り上げることがその理由であると言います。

 

ワーカーズドレスのファブリックは、超細番のリネン糸を限界まで本数を打ち込む事により織り上げられています。これが薄くてかつ頑丈なスペシャルな一着を支えているのです。

 

 

 

技術の粋を結集したスペシャルなドレス

 

今回、ピックアップしている『ナイジェル・ケーボン』のワーカーズドレスは、高い技術を要する度詰めでリネンを製作されています。

リネンという素材には清涼感があり、ピンと張った素材感が特徴であり魅力です。その一方で、テンションをかけすぎると簡単に切れてしまうという面もあります。

そんな素材の持つ特徴を考え、『ナイジェル・ケーボン』では、度を詰め、テンションを常にかけた状態で製織されています。これをプリントではなくヒッコリーに織るということを実現させるのは、大変に難しく、すべてを緻密に計算しなくてはなりません。そんな背景から生まれるワーカーズドレスは、スペシャルという言葉がしっくりくる一着なのです。

 

 

 

アイデア次第で楽しみ方が広がる
 

初夏の装いにぴったりの清涼感がある一着は、あらゆる着方を楽しめるドレス。

一枚でシンプルに着るのはもちろん、ブラウスやワンピースの上にさらりと羽織ってコート代わりにしても素敵です。レイヤードで変わる表情を楽しめ、着続けることで自分だけの一着になる大人のためのワーカーズドレスです。

 

リネンヒッコリーのWorker’s Dress 各¥49,000

ナイジェル・ケーボン

03-5413-6957

http://cabourn.jp/

 

 

photograph:Masatomo Murakami
styling:TAMA
text : Akira Watanabe

Share
はてなブックマーク

2018年05月のテーマ ガーデニンググッズと花柄アイテム

暑過ぎず寒くもなく、過ごしやすい気候と堂々と長期休暇の取れるGWもあったりと、お出かけに持ってこいな5月。ペルルでは、最近気になる “ガーデニンググッズ”と 暖かくなって色んなお花が見られる季節、ということで、“花柄アイテム”を集めてみました。

この夏は抜け感がキーワード。メガネ感覚で掛けられる『YUNO』のサングラスに注目


毎日のUVケアには、心地よさを求めたい。そんなナチュラル派の肌に嬉しい4ブランドをピックアップ!


アウトドアライフをさらに楽しむために。ルックスも実力も自慢の道具を揃えたい


初夏の暑さだって平気。やっぱりデニムが好き!


ストライプ×花柄刺繍に注目! 『Sally Scott』のマニッシュな最旬セットアップ


華やかさの中に大人のエッジがキラリ。『MUVEIL』のフラワーモチーフをチェックして


足もとに花々を咲かせて! 『ANTIPAST(アンティパスト)』の花柄ソックスで心軽やかに歩こう


ポットカバーで印象がガラリと変わる。自分好みで飾る、観葉植物のインテリアアイデア


インダストリアルなモチーフを、インドの刺しゅうでとびきりポップに。『PUEBCO』がオーダーメイドしたポーチ


『beautiful people』のロゴバッグとTシャツで、スタイルに遊び心をプラス


部屋に合うオリジナルサイズの棚を、『PLAYWOOD』で簡単DIY


マメじゃなくても簡単に育てられる、観葉植物。『WECK WATERIUM PLANTS』が彩る、夏らしい空間作り


初夏に映えるフラワープリントとストライプ。『FWK by ENGINEERED GARMENTS』のドレスを日常に


『GREEN MOTION(グリーンモーション)』の2つのアイテムで、コルクを好きになる!


PVCとキャンバス地のシックな化学反応。夏の本命トレンドは『TEMBEA』のバッグと一緒に。


花の季節をファッションでも存分に楽しむ、『muller of yoshiokubo(ミュラー オブ ヨシオクボ)』のセットアップ


ワークウェアをもっと楽しく。『OUTIL(ウティ)』のスリーピースで初夏を制して


機能美に優れた『SMART(スマート)』の道具で楽しくお掃除!


エプロンも軍手も妥協したくない!  ファッションとして楽しむ『NAPRON』のワークウェア


夏のおしゃれを賑わす、『BOSTON CLUB』の80’sなサングラス


不変の美を追求する『Nigel Cabourn(ナイジェル・ケーボン)』のワーカーズドレスが、初夏をより快適で楽しいものにする


ずっと履いていたくなる心地いいフィット感、『Talla(タッラ)』のウッドクロッグ


いつでもどこでも手軽にリフレッシュ! アロマテラピー発想のお手ふきをガーデニングの友に


植物ともっと仲良くなれる道具。『Sustee』があれば誰でも水やり上手に


もうガーデニング時の日差しも怖くない! 人気の『MiMC』ボディーパウダーサンスクリーンが進化! 


植物の恵みをコスメにも。夏を心地よく過ごすために大切な3つのケア


自然の中に身を置く楽しみを存分に味わわせてくれる、ナチュラルな防虫スプレー


さりげなく、気取らず植物を愛でる。ガラス作家が作る一輪挿し『葉壜(はびん)』で彩りのある暮らし


メイクにも遊び心を忘れずに。『RMK』のネイルで指先に花を咲かせて


台湾のオリエンタルなムードに包まれて。『ヂェン先生の日常着』の手染めショール


日本人の頭のかたちにしっくり、『CLASKA Gallery & Shop “DO” 』別注の手作り麦わら帽子


おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!