検索

みんなを呼びたくなる玄関に様変わり!ロンドンの雑貨店『LABOUR AND WAIT』のドアマット

自宅の玄関やオフィスやショップの入り口に、「WELCOME」を添えておもてなし。

 

ロンドンの東側、ショーディッチにある雑貨店『LABOUR AND WAIT』(レイバー・アンド・ウェイト)に初めて訪れたのは7年前。シンプルで無駄な装飾のない店内に入ると日用雑貨がずらりと並ぶ。洋服のデザイナーだったサイモンとレイチェルが選んだ美しいデザインと実用性を兼ね備えた生活の道具や雑貨は世界各国から集められてきたものだが、それはどれもなぜかイギリスらしい実直な雰囲気があった。

 

北欧ともイタリアやフランスとも異なる、真面目な学生のような佇まい。素朴さのあるアイテムは家に持ち帰ってもすぐに馴染んでくれそうだ。一緒に訪れた当時の上司が迷わずに買っていたのは、「WELCOME」と書かれたドアマット。正直その時はなぜ今ここで買うんだろう?と思ったものだが、その良さは帰国してから知ることになる。

 


 

東京に戻って間もなく、あのドアマットはエントランスの前に敷かれた。扉とセットになったマットは、すぐにその場に溶け込みドアの前に温かさを添えてくれる。昔ながらのデザインだから類似したものはあるが、文字のフォントやシュロの長さやギュッと詰まった感じなど全てが合わさってパーフェクトな一枚に。あの時これじゃなきゃとパンパンのスーツケースに詰め込んだ元上司の気持ち、名品が揃う『LABOUR AND WAIT』で選ばれる価値がやっとわかった気がした。

 

 

WELCOME ドアマット¥1,800

 

LABOUR AND WAIT TOKYO

https://www.instagream.com/labourandwait_tokyo/

03-6804-6448(レイバー・アンド・ウエイト・トウキョウ)

 

 

photograph:kimyongduck

styling:Mari Nagasaka

text : Momoko Yokomizo

Share
はてなブックマーク

おすすめ記事

関連記事

Follow us!
Follow us!