検索
30
2017
NOVEMBER
THU

トレンドのグレンチェックは古着のような仕立てのジャケットでロンドンの青年風に着こなして

丁寧な作りで信頼が置けるジャパンブランド『R&D.M.Co-(アールアンドディーエムコー)』のジャケットで目指したいのはブリティッシュボーイ。


この秋冬、原点回帰でトレンドにもなっているグレンチェック。ファストファッションからハイブランドまで、グレンチェックのアイテムが大豊作。中でもミモレ丈のスカート、タック入りのハイウエストパンツ、ボリューミーなベルテッドコートなど、古き良き時代のクラシカルで上品な女性を演じるのにぴったりなものが人気のよう。もちろん、そんな優等生なお嬢さんスタイルも好きだけれど、あえて流行スタイルに逆らった着こなしもしてみたい。だって、みんなと同じおしゃれじゃつまらないから。目指すは、古き良き時代の真面目で勤勉なロンドンの青年のイメージ。

 

真面目な青年が大事に大事に着ている一張羅。くったりしたけどそれも経年変化による味で、もうずっと着ている。そんな洋服愛が感じられるイメージで選んだのは、古着のような風合いの『R&D.M.Co-(アールアンドディーエムコー)』のジャケット。ブランドのオリジナル生地で仕立てられていて、製品洗いを施すことによって、このくったりした生地感を再現。また、あえて表現されたウールのゴワっとした手触りも、温かみと味があり、長年着てきたかのように錯覚してしまう。

形はボタンを上まで閉めれば首元への風の侵入も防げるスタンドカラー。このありそうで、他ではあまり見かけない形も嬉しいところ。

スタイリングは思い切りカジュアルにしたい。ゆったりとしたリネンパンツにスニーカーとバックパックを合わせて、大きなストライドで風を切って街を歩いたらなんだか気持ち良さそう。

 

寒さが厳しくなるこれからの季節、ジャケットだけじゃ寒くないかしら?なんて心配はご無用。肉厚のウール100%生地に加えて、高密着のコットン100%のしっかりとした裏地付きなので防寒性にもぬかりなし。真冬には、この上に無地のゆったりしたオーバーサイズのコートを羽織ってみるのもいいだろう。

今年のトレンドをこんな風に取り入れてみるのも悪くないんじゃないかしら?

 

GLENCHECK TWEED JACKET¥59,000

R&D.M.Co-

0555-22-8040(オールドマンズテーラー)

 

ニット¥42,000/ANDERSEN-ANDERSEN(メイデン・カンパニー☎03-5410-9777)

リネンコットン起毛パンツ¥25,000/nest Robe(ネストローブ表参道店☎03-6438-0717)

ハイカットスニーカー¥5,800/CONVERSE(コンバースインフォメーションセンター☎0120-819-217)

デイパック¥20,000/GREGORY(サムソナイト・ジャパン☎0800-12-36910)

 

photograph:kimyongduck

styling:Mari Nagasaka

text : Tomomi Nishihara

Share
はてなブックマーク

2017年11月のテーマ この冬着たいアウターコレクション


トレンドのグレンチェックは古着のような仕立てのジャケットでロンドンの青年風に着こなして


キュートな裏地に心が踊る。女の子をきれいにみせてくれる美シルエットコート


シンプルなデザインが嬉しい。ふわっとゆるっとオーバーサイズで着たい中綿入りのコート


お洒落は我慢とはさようなら。驚くほど軽くて優しいコンフォートなアウターは永遠のワードローブ


アクティブな貴女のためのアウターはコレ!ガーリーにもハンサムにもなれる英国仕立てのショートジャケット


『LAVENHAM』のチェスターは3WAY仕様でエレガントにもカジュアルにも着回せる最強コート


ダークトーンの冬に明るさを。ロング丈のコートは抜け感のあるベージュカラーが正解。


トラッドの定番、愛らしさと清潔感を併せ持った『LONDON TRADITION』のダッフルコート


寒がり女子の心強い味方。ロングダウンが主役のウィンターコーディネート


視線をうばう、ダークグレーの暖かなコートで冬のドライブへ


ミニマル&ロング丈の縦長シルエットが、カジュアルな着こなしをクラスアップ。 名門スクールも信頼を寄せる、イギリス発『HTS』のフードコート


色も形も理想通り。この先もずっと着ていきたいコンフォートな『MASTER&Co.』の新作コート


どんなスタイルでもかっこよく見せてくれる英国仕立てのワークコート


大人になったら見つけたい、普遍的なのに退屈しないマイ・ベーシックコート


アウトドアブランドだって、おしゃれで負けません!北風が吹いたら『HELLY HANSEN』でウィンターマリンスタイル


最旬の“グレンチェック”アイテムはどう取り入れる?『CNLZ』のゆるっとロングコートがマストハブ!


ふんわりと包み込まれる幸せ感じる『ビームス ボーイ』のステンカラーコート 


天然素材を贅沢に使用したコンフォートな着心地は、もうやめられない。素材使いのエキスパート『FilMelange』の本命コート


オンもオフもこれ一着で。わがまま叶える『coen(コーエン)』のかわいいキルティングコート


スタイルUPを叶える鍵は、ウエストにあり。この冬はベルテッドコートでかっこイイ女。


一生モノになる、『Steven Alan』のロングコートを指名買い


『THE NORTH FACE (ザ・ノース・フェイス)』のコートはシンプルだけどハイテクな仕立てに脱帽です


レディな装いとも相性抜群、オトナにちょうどいいラフなムードが漂う都会派モッズコート


ベーシックな中に光るモードなセンス。毎日使うステディコートは生真面目すぎず、しなやかに


カジュアルにもクラシカルにも 永久定番の美しい『Nigel Cabourn(ナイジェル・ケーボン)』のトレンチでワンランク上のスタイルに!


大人のボーイッシュスタイルには『MHL』の辛口ミリタリージャケットを


伝統の『ハリスツイード』をドレスダウンして今年らしく。カラーバランスでオーバーサイズコートを軽やかに仕上げる。


春と秋だけじゃもったいない! 真冬にも着れる機能的な『MHL』のステンカラーコート


今日はスポーティーに、明日はローブのように羽織ってロマンチックに…シルエットで遊べる『nest Robe』のAラインコート


一兎追ったら三兎を得ちゃった!? 『Nigel Cabourn(ナイジェル・ケーボン)』のモッズコート一着で3通りの着回しが楽しめます


おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!