検索
6
2017
NOVEMBER
MON

カジュアルにもクラシカルにも 永久定番の美しい『Nigel Cabourn(ナイジェル・ケーボン)』のトレンチでワンランク上のスタイルに!

定番アウター「トレンチ」は、格好良く着こなすもよし、かわいく着こなすもよし。クラシカルな形を踏襲したナイジェル・ケーボンの美しいシルエットのトレンチコート。


トレンチが様になる女性は素敵だ。ジャクリーン・ケネディがベルトを締め、トレンチを着てハイヒールで颯爽と歩いている姿は、キャリアウーマンのお手本のようで格好良かった。『シェルブールの雨傘』でトレンチを纏ったカトリーヌ・ドヌーヴはとびきりキュート。金髪をポニーテールにしてリボンを結んだヘアスタイルに、トレンチコートをワンピースのように着た姿はガーリースタイルのお手本のようだ。はたまた、少し着崩して襟を立てたジェーン・バーキンは格好良くもありセクシーだ。

 

今回紹介するトレンチコートはNigel Cabourn(ナイジェル・ケーボン)によるもの。ヴィンテージウエアのコレクターとして知られるデザイナーのナイジェルは、その膨大なコレクションからインスピレーションを受けて毎シーズンコレクションを発表している。このトレンチコートも1940年ごろに英国陸軍が着用していたものをベースにデザインされていて、大ぶりの襟やボリュームのあるシルエットが特徴的。

 

休日には、ハイネックにデニムとリュックを合わせて、あえてベルトはせず、カジュアルな着こなしで公園にでも出かけてみるのもおすすめ。

 

 

ベルトや肩のあて布、サイドポケットの位置など、ディテールももちろん当時のもを忠実に再現。メンズウエアをベースにしながらも着たときに美しいシルエットとなるように細部まで計算しつくされている。ベルトを締めれば、クラシカルな装いにもぴったりだ。

 

 

『シェルブールの雨傘』でチラリと見えるチェックの裏地がカトリーヌ・ドヌーヴのキュートさを際立たせたが、こちらも赤いチェックがかわいらしい。メンズライクな仕立てのなかにも、女性らしさがキラリと光る。素材にはオリジナルのキャバジンクロスを使用していて、ハリとツヤがありエレガント。

 

ゆったりとしたコーデでリラックスした装いをしたい日はベルトレスで、凛としたレディを気取りたい日はベルトを締めて、どんなスタイルにもぴったりはまる。トレンドに左右されないデザインで、素材からパーツに至るまでこだわり抜いて作られたこの一着をこれからの定番ワードローブに加えてみては?

 

トレンチコート¥74,000

Nigel Cabourn

http://www.cabourn.jp/

03-5457-5637(アウターリミッツ)

 

ウールフライスカットソー¥13,000/FilMelange(フィルメランジェ☎03-6447-1107)

デニム¥31,000/THE SHINZONE(シンゾーン ルミネ新宿店☎03-5909-4088)

ミドルカットサイドゴア¥57,000/BEAUTIFUL SHOES(ギャラリー・オブ・オーセンティック☎03-5808-7515)

デイパック¥20,000/GREGORY(サムソナイト・ジャパン☎0800-12-36910)

 

photograph:kimyongduck

styling:Mari Nagasaka

text : Tomomi Nishihara

Share
はてなブックマーク

2017年11月のテーマ この冬着たいアウターコレクション


トレンドのグレンチェックは古着のような仕立てのジャケットでロンドンの青年風に着こなして


キュートな裏地に心が踊る。女の子をきれいにみせてくれる美シルエットコート


シンプルなデザインが嬉しい。ふわっとゆるっとオーバーサイズで着たい中綿入りのコート


お洒落は我慢とはさようなら。驚くほど軽くて優しいコンフォートなアウターは永遠のワードローブ


アクティブな貴女のためのアウターはコレ!ガーリーにもハンサムにもなれる英国仕立てのショートジャケット


『LAVENHAM』のチェスターは3WAY仕様でエレガントにもカジュアルにも着回せる最強コート


ダークトーンの冬に明るさを。ロング丈のコートは抜け感のあるベージュカラーが正解。


トラッドの定番、愛らしさと清潔感を併せ持った『LONDON TRADITION』のダッフルコート


寒がり女子の心強い味方。ロングダウンが主役のウィンターコーディネート


視線をうばう、ダークグレーの暖かなコートで冬のドライブへ


ミニマル&ロング丈の縦長シルエットが、カジュアルな着こなしをクラスアップ。 名門スクールも信頼を寄せる、イギリス発『HTS』のフードコート


色も形も理想通り。この先もずっと着ていきたいコンフォートな『MASTER&Co.』の新作コート


どんなスタイルでもかっこよく見せてくれる英国仕立てのワークコート


大人になったら見つけたい、普遍的なのに退屈しないマイ・ベーシックコート


アウトドアブランドだって、おしゃれで負けません!北風が吹いたら『HELLY HANSEN』でウィンターマリンスタイル


最旬の“グレンチェック”アイテムはどう取り入れる?『CNLZ』のゆるっとロングコートがマストハブ!


ふんわりと包み込まれる幸せ感じる『ビームス ボーイ』のステンカラーコート 


天然素材を贅沢に使用したコンフォートな着心地は、もうやめられない。素材使いのエキスパート『FilMelange』の本命コート


オンもオフもこれ一着で。わがまま叶える『coen(コーエン)』のかわいいキルティングコート


スタイルUPを叶える鍵は、ウエストにあり。この冬はベルテッドコートでかっこイイ女。


一生モノになる、『Steven Alan』のロングコートを指名買い


『THE NORTH FACE (ザ・ノース・フェイス)』のコートはシンプルだけどハイテクな仕立てに脱帽です


レディな装いとも相性抜群、オトナにちょうどいいラフなムードが漂う都会派モッズコート


ベーシックな中に光るモードなセンス。毎日使うステディコートは生真面目すぎず、しなやかに


カジュアルにもクラシカルにも 永久定番の美しい『Nigel Cabourn(ナイジェル・ケーボン)』のトレンチでワンランク上のスタイルに!


大人のボーイッシュスタイルには『MHL』の辛口ミリタリージャケットを


伝統の『ハリスツイード』をドレスダウンして今年らしく。カラーバランスでオーバーサイズコートを軽やかに仕上げる。


春と秋だけじゃもったいない! 真冬にも着れる機能的な『MHL』のステンカラーコート


今日はスポーティーに、明日はローブのように羽織ってロマンチックに…シルエットで遊べる『nest Robe』のAラインコート


一兎追ったら三兎を得ちゃった!? 『Nigel Cabourn(ナイジェル・ケーボン)』のモッズコート一着で3通りの着回しが楽しめます


COLUMN

関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!