検索

ヨーロッパ各国で出会った歴史的で普遍的なものと今が融合されたお店。【東奔西走の旅5(広島編)】

クリエイティブディレクター、塚本さんが広島で出会った素敵なお店とモノ。

広島の街を歩いていると、ふと素敵なお店に出会うことも多く、
仕事で訪れる度に新たな出会いがうまれます。
突然、行列のできるお好み焼き屋さんを見つけたり、
偶然か必然か、そんな空気を感じる場所かも知れません。
 
 
市内の喧騒から少し離れた場所には、ゆったりした公園。
昼休憩を終えたOLさんたちがベンチで談笑。そんな光景を横目に、
歩いていると……
 
 
 
ちょうど、路地の角に素敵なお店を見つけ、フラッと立ち寄りました。
扉を開けると静かな空気が流れていて、街の様子と似た感じがしました。
オープンしたのは2015年7月だそうですが、
もともと、長年フランスに住んでいたオーナーがオープンしたショップです。
 
 
 
 
ショップはギャラリーも兼ねていて、
オーナー自らがチョイスしたものを扱っています。
もともと収集していたヨーロッパ各国の古いもの。
古いものは、感覚と直感をもとに、
長年多くのものを見てきた経験により選んでいるそうです。
 
 現代の工芸作品は、日本の作り手さんのもので、
軽井沢や静岡、大阪などから集められています。
個人の作家からブランドまで、価値を共鳴するような方々の作品を、
ご自身のフィルタを通して発信していました。
 
 
 
 
アートピースな作品をみているような錯覚になりますが、これらも売り物です。
主に100年から200年前くらいのものが多いそうです。
 
 
 
 
壁面の白、棚のグレーとコントラストが絵になりますね。
 
 
 
 
 そして、お店の奥には洋服もセレクトされているのが見えました。
 
 
 
 
 
素敵なワンピース。
こちらは、オーガニックな素材を現代の形に落とし込む「THE HINOKI」というブランドのもの。
 
 
 
 
 シンプルで使いやすそうな「MITTAN」や「CSMIC WONDER」の洋服を扱っています。
 
 
 
 
 
  
作り手のプロセスを伝えられるように、
作家さんの工房を訪れ、直接話し合い、
長く残るものを広島で紹介するために、
今後も様々なイベントの企画をしていくそうです。
 
そして、お店の2階でも新しいことが動き出すとか。
詳しくはウェブなどでチェックしてみてくださいね。
 
 
★cite' shop&gallery★
 
広島市中区幟町9-1
TEL : 082-576-2255
OPEN : 11:00 - 19:00
定休日 火曜日・水曜日
 
 www.cite.jp
Share
はてなブックマーク

COLUMN

関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!