検索

夏に受けたダメージヘアには、“透けグレージュカラー”で透明感を。

アッシュにグレーを足したグレージュカラーは、どんな髪でもきれいに見せてくれる魔法の色。

アッシュやマット、透明感を引き出す色はいくつかあるけれど、今は断然、無彩色のモノトーンカラーが人気です。特に夏の終わり、ダメージを受けて褪色した髪色をどうしよう・・!という時にこそ、真価を発揮。

グレーを含んだ絶妙な色味が、髪の黄みをしっかりと打ち消してたっぷりの透け感を与えてくれるんです。

 

今回は青山の高感度サロン「JENO」から届いたおしゃれヘアをご紹介します。

 

 

グレージュを主役にした、シンプルマッシュショート。

 

グレージュカラーと相性がいいのは、こんなストレートタッチのショート。前上がりのショートレイヤースタイルは、ボーイッシュな雰囲気が魅力です。そこに、マッシュラインの前髪で丸みをつくり、可愛さもひとさじ。

 

オイルワックスを、前髪やえりあしなどポイントでもみ込んで。ドライとまとまり感の質感ミックスが、初秋の雰囲気にぴったり。

 

model:ヘンリーシェイ

stylist:佐藤若奈(JENO)

 

 

 

ラフなワンカールボブもグレージュでグッとおしゃれに。

 

暗い色でも軽い。このグレージュカラーならではの独特な質感は、重めのボブスタイルをおしゃれに見せるのにもひと役します。こちらのボブは、眉上バングと内側を削るイングラデーションを施し、まとまりやすく動いてもきれいな形がポイント。

 

毛先のみ26mmのアイロンでミックス巻きに。最後にドライヤーで軽くくずすことで作り込み過ぎない、ラフなニュアンスが出せるそう。オーガニックワックスをなじませて完成です。

 

model:羽久亜風鈴

stylist:松田亮葉(JENO)

 

 

パーマをプラスしてふわっとさせるのも相性よし。

 

もっとラフに動かしたい、アイロンで巻くのはちょっと面倒。そんな人はゆるめのパーマを。ふんわりとした抜け感とグレージュの透明感と組み合わさって、エアリーなボブが完成します。

 

パーマのおかげでスタイリングもらくちん。半乾きの状態でフォームをなじませて後は自然乾燥でOKです。

 

model:大津彩美

stylist:松田亮葉(JENO)

 

 

SALON DATA

JENO ジェノ

 

 

東京都渋谷区神宮前5-47-12 パインビレッジアネックスB1F

tel:03-6419-3855

open:11:00~20:00(月・木)、11:00~21:00(水)、12:00~21:00(金)、10:00~20:00(土)、10:00~19:00(日・祝)

火曜休み

http://jeno.jp

 

 

Share
はてなブックマーク

COLUMN

関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!