フローリングの部屋をナチュラルで落ち着いた空間にするインテリア 7つのお手本をご紹介します

お部屋が明るく見え、カフェのように暮らせる白系フローリング。最近の新築やデザイナーズでも増えてきています。どんなインテリアが似合うのか、まとめてみました。
お部屋が明るく見え、カフェのように暮らせる白系フローリング。最近の新築やデザイナーズでも増えてきています。どんなインテリアが似合うのか、まとめてみました。

 

 

ナチュラルで落ち着く空間に

BOHOスタイル

都会的でモダンな印象のニューヨーク・ソーホースタイルと、民族的なボヘミアンスタイルを組み合わせたのが「BOHO」。白やベージュを基調につくっていくと、民族的なアイテムを取り入れても派手になりすぎず、落ち着いた雰囲気に。リゾートや海の気配を感じさせ、爽やかな印象のお部屋です。

 

カフェスタイル

カーテンやベッドリネンなど大きな部分を占める布は全て白で統一、イエローやベージュを差し色にした、柔らかい印象のカフェスタイルのお部屋。

 

北欧スタイル

貼ってはがせる壁紙で、お部屋の一部を大人っぽいブルーグレーに。ソファやベッドリネンの色味もそれに合わせて配色された、居心地の良い北欧インテリアのワンルーム。

 

モノトーンテイストで、引き締まった部屋に

白×ダークブルー×ブラック

床は白、天井はダークブルー、建具はブラックとメリハリある配色が特徴のデザイナーズのお部屋。合わせる家具も、ブルーやグレーを選んだことで全体に調和し整った雰囲気のお部屋に。

 

白×ブルー×ブラック

あえて家具には「黒」を差し色に選び、引き締まった印象のワンルームのお部屋。背の高い家具は白を選んだことで、大きめの家具でも圧迫感はありません。

 

個性的なカラーリングも白系フローリングならうまくまとまる

白系フローリング×ビビッドカラー

オレンジなどの鮮やかな色、大きなフラワーモチーフが印象的なお部屋。白系フローリングで部屋の印象が統一されているため、大胆な色や柄も試せます。

 

白系フローリング×ピンク&グレー

貼ってはがせる壁紙やカーテンに大人っぽいピンクグレー、そして差し色に鮮やかなブルーを使った、白系フローリングのお部屋。

 

このお部屋をもっと見る

 

 

 

 

 

 

*

出典: goodroom journal 

記事提供元:リノベーション・デザイナーズ賃貸 goodroom(グッドルーム)

デザイナーズ、リノベーションなど、おしゃれな賃貸サイト・アプリ「goodroom」を運営しています。

インテリアや、ひとり暮らし、ふたり暮らしのアイディアなど、賃貸でも自分らしい暮らしを楽しむためのヒントをお届けします。

おしゃれ賃貸サイト・アプリ goodroom

https://www.goodrooms.jp/

goodroom journal

https://www.goodrooms.jp/journal/

goodroom journal 暮らしの実例

https://www.goodrooms.jp/journal/?cat=101

 

 

*