鮮やかなで、統一感がある色づかい うまくまとまるワンルームのインテリア

気軽に変えることができる「布」のアイテムをうまく使って、自分らしいカラーコーディネートを楽しんでいらっしゃる6畳の1Kのお部屋に伺いました。
気軽に変えることができる「布」のアイテムをうまく使って、自分らしいカラーコーディネートを楽しんでいらっしゃる6畳の1Kのお部屋に伺いました。

 

 

新築の1Kでスタートする一人暮らし

グラフィックデザイナーのeriさんが暮らすのは、20㎡ほどの1Kのお部屋。一人暮らしのスタートをきっかけに、昨年5月からここで暮らしはじめました。

居室は6畳ほど。大きな窓のある明るいお部屋です。

 

壁には印象的なフラワーモチーフの布を飾って。

 

ベッドに本棚、ローテーブルと、それに小さなデスクまで。コンパクトな空間に、必要なものがしっかりおさまっていますね。

 

部屋探しをしていて見つけたのが、新築のこちらのお部屋。2口ガスコンロ、バストイレ別など条件が整っていたことももちろん、床や建具が全て白系の落ち着いたトーンでまとまっていることも決め手になったそう。

 

 

きちんとしまう

余計なものがほとんどなくすっきりとして見えるeriさんのお部屋。秘密は、「しっかりと見えない場所にしまう」こと。「例えば書類はすぐファイリングしてしまう。寝かせた瞬間ゴミになってしまうので、すぐ片付けるようにしています」。Instagramにお部屋の写真をあげることも、片付けの原動力になっているんだそう。

IKEAで購入したデスクも、実は収納の役目も果たしています。

 

こちらの引き出しの中に細々としたものをしまっているんですね。細かく仕切って整理整頓すればたくさん入る!

 

クローゼット手前にあるスタンドミラーは、開けるといろんなものがしまえるようになっています。これは便利。

 

 

自分らしく彩る

はじめは部屋に合わせて、「白」でまとめたインテリアにしようかと考えていた eri さん、「でも、好きなものを集めたら白にはならなかったんです」とのこと。お部屋は eri さんらしいフラワーモチーフのアイテムや鮮やかなカラーのものが集まってコーディネートされています。

FrancFrancで買ったローテーブルは、引っ越す時に一番最初に決めたもの。柄の入ったテーブル、お部屋のアクセントになってとても素敵です。

 

壁にかけられた布ともよくコーディネートされているベッドのクッション。「リネン類が一番気軽に変えやすいので、ガラッと変えてみることもあります」

 

 

テーブルや、本棚の上にはお花を飾って。

 

誰のお部屋にも似ていない自分らしいスタイルを作られていたeriさんのお部屋。「○○風」にとらわれずに自由にカラーコーディネートを楽しまれているのがとても素敵だなぁと思いました。

eriさんのInstagramアカウントはこちら
https://www.instagram.com/_erkmb_/

 

 

 

 

*

出典: goodroom journal 

記事提供元:リノベーション・デザイナーズ賃貸 goodroom(グッドルーム)

デザイナーズ、リノベーションなど、おしゃれな賃貸サイト・アプリ「goodroom」を運営しています。

インテリアや、ひとり暮らし、ふたり暮らしのアイディアなど、賃貸でも自分らしい暮らしを楽しむためのヒントをお届けします。

おしゃれ賃貸サイト・アプリ goodroom

https://www.goodrooms.jp/

goodroom journal

https://www.goodrooms.jp/journal/

goodroom journal 暮らしの実例

https://www.goodrooms.jp/journal/?cat=101

 

 

*