1Kのお部屋をシンプルに私らしく暮らすコツ【プチDIY女子達のお部屋案内】

一人暮らしのお部屋を快適に保つには、定期的に物の量を見直して、生活動線に合わせた場所にきちんとしまうこと。そんな風に心地よい暮らしを作っていらっしゃる、1Kのお部屋におじゃましました。

 

朝の光が心地よい8畳の1K

YouTubeで日々の生活の様子を発信していらっしゃるおにょこさん。一人暮らしをしていらっしゃるお部屋は、25㎡、居室は8畳ほどの1Kのお部屋です。

2ヶ月ほど前に、5.5畳のお部屋から8畳のお部屋へお引越し。

 

窓が2面にあって、朝の光が気持ちよく入るところがポイントだったそう。

 

床をなるべく広く見せるようにしているため、開放感があって気持ち良い空間になっています。

 

効率の良い動線を考えて

お引越しにあたって買い足したのは、こちらのイームズリプロダクトのチェアとテーブル。一人暮らしにとてもちょうどよいサイズ感が気に入っています。

 

合わせているスツールは、なんとお兄さんが小学生の時に工作教室で作ったもの!椅子にも、テーブルにもなるのがポイントとのこと。

 

なるべく収納アイテムや家具を増やさないようにして、広い空間をキープしているおにょこさん。ポイントは、「収納アイテムを増やす前に、物の量を見直すこと」、そして「2WAYで使える家具を選ぶこと」。
どこに物をおけば一番効率よく使えるかを考えて、工夫していらっしゃいます。

 

例えば、先ほどのスツールは朝、チェストの前に移動して、コスメグッズの入ったひきだしをあけ、鏡をおけば、ドレッサースペースに早変わり。ちなみにこのチェストはお母様から譲り受けたもの。なんと、縦においても使えるようになっているそうで、驚きです。

 

クローゼットの中身も、このとおり。ぎゅうぎゅうに詰め込むのではなく、さっと取り出せる量に収まっているのが素晴らしい。

 

毎日の生活の動線を考えて、「使うものは使う場所へ」しまうことを心がけていらっしゃるおにょこさん。例えば、タオルや下着類などは、クローゼットではなく脱衣所にしまっています。

 

お風呂場もスッキリ整頓。シャンプーボトルなども全て浮かせておいてあるため、しっかり乾きます。

 

キッチンも、よく使うものがわかりやすい場所にあって、使いやすそうでした。

 

ラグをメインに決めるカラーバランス

unicoで買ったお気に入りのラグをメインに、合わせる布を決めていったというおにょこさん。特に気に入っているベッド周りは、深みのあるカラーのクッションや

 

同じ植物モチーフの布を合わせて、あたたかみがあって落ち着いた印象に整えています。

 

カーテンは真っ白でシンプルに。ユザワヤで買った布にタックを寄せながらクリップで止めただけ。

 

 

チェストの上には、無印良品のスタッキングシェルフを置いて、好きな雑貨を飾っています。

 

一人暮らしの毎日の生活をきちんと整えて、気持ちよく暮らしているおにょこさん。掃除や片付けも、工夫自体を楽しんでいらっしゃるのが伝わってきて、とても素敵でした。

 

おにょこさんのInstagramアカウントはこちら
https://www.instagram.com/ayaooott/

 

 

 

 

 

*

出典: goodroom journal 

記事提供元:リノベーション・デザイナーズ賃貸 goodroom(グッドルーム)

デザイナーズ、リノベーションなど、おしゃれな賃貸サイト・アプリ「goodroom」を運営しています。

インテリアや、ひとり暮らし、ふたり暮らしのアイディアなど、賃貸でも自分らしい暮らしを楽しむためのヒントをお届けします。

おしゃれ賃貸サイト・アプリ goodroom

https://www.goodrooms.jp/

goodroom journal

https://www.goodrooms.jp/journal/

goodroom journal 暮らしの実例

https://www.goodrooms.jp/journal/?cat=101

 

 

*