家賃と通勤時間、どっちを優先すべきですか?【プチDIY女子達のお部屋案内】

通勤時間が短いに越したことがないけれど、どのぐらいの時間、家賃で妥協すべきなのか……。そんな風にお悩みの方のために、データをみながら、ライフスタイルに合った「通勤時間診断」をお届けします。

Q. 家賃と通勤時間、どちらをとるか迷っています

春から新社会人になり、渋谷の会社に勤務します。一人暮らしを始める予定ですが、家賃をとるか、通勤時間をとるかで迷っています。

A. 自分の生活スタイルを予想して、選びましょう

社会人の「4人中3人」は「家賃」を優先しています

まずは、ふつうの社会人って、どんなお部屋に住んでるのか、ちょっとデータを調べてみましょう。「マイナビ 学生の窓口」が2017年に一人暮らしの社会人男女77人に調査したところによると、「住むところを決めるとき、通勤時間と家賃の安さのどちらを優先しますか?」という質問に対し、4人に3人に当たる76.6%が「家賃」と回答しています。交通費は全額支給される会社が多いですし、やはり「貯金」や「好きなことにお金を使う」ために我慢をする方が多いんですね。

家探しで重視するのは「家賃の安さor通勤時間」どっち? 76.6%の社会人が家探しで「家賃」と回答!より)

 

首都圏一人暮らしの平均通勤時間は「47分」です

次に、2018年のアットホームの調査によれば、都内勤務の20~30代賃貸一人暮らし会社員の通勤時間の平均はドアtoドアで「47分」。“理想”は「29分」、”限界”は「65分」という結果になりました。同じ調査で注目したいのは、「通勤時間を短くするために、引越しをした経験はありますか?」という質問。この質問に、「ある」と回答した方は 37.3%と4割近くにもなりました。やはり、最初は「大丈夫」と思っていても、徐々に辛くなるという経験をしている方も多いようです。いくら家賃を優先したいといっても、多くの方が「限界」と答えた60分以上の通勤時間になるようなエリアは、少し考えたほうがいいのかもしれません。

アットホーム「都内勤務 20~30代賃貸一人暮らし会社員の「電車通勤実態」より)

 

タイプ別! 通勤時間診断

首都圏の色々なエリアで、一人暮らしの方のお部屋を取材してきた私。都心エリア、郊外エリア、どちらを選んだ方もそれぞれに「気に入っています!」と答えてくれましたが、ライフスタイルをお伺いしてみると、「なるほど、ここに住むのにぴったり」と感じることが多かったです。やはり、後悔のないお部屋探しのためには、自分のライフスタイルを予想してエリアを選ぶのが大切。ちょっと強引ですが、思いきって3つのタイプに分けて、どのエリアがおすすめか、まとめてみます。

「仕事」満喫タイプ

・バリバリ働いて、たくさん稼ぎたい
・飲み会や、ライブなど、夜はよく出歩いている
・みんなでワイワイ遊ぶのが好き

→ 通勤時間「ドアtoドアで30分以内」 家賃「9〜11万円台」をおすすめ

仕事満喫派におすすめのエリアはここ:【渋谷に近い賃貸】で住みやすい街はここ!グッドルームのおすすめ9駅まとめ

 

「家時間」満喫タイプ

・ワークライフバランス重視。お金はコツコツ貯める
・平日の夜も、自炊や趣味、勉強など、自分の時間を確保したい
・家にいる時間や、公園やカフェで一人で過ごす時間が大切

→ 通勤時間「ドアtoドアで45分以内」 家賃「6〜8万円台」をおすすめ

「家時間」を大事にしたいなら、おしゃれなカフェや雑貨屋さん、インテリアショップも多い中央線沿線もおすすめ:【中央線沿線】の住みやすい街はどこ?グッドルームスタッフのおすすめ6駅まとめ

 

「アウトドア」満喫タイプ

・サーフィン、キャンプなど、アウトドアの趣味がある
・平日は寝に帰るだけ、休日は早朝から遊びに行く
・車や、ロードバイクを持っている

→ 通勤時間「ドアtoドアで60分以内」 郊外の家がおすすめ(広さによって家賃色々)

憧れの湘南・茅ヶ崎エリアは渋谷まで電車で50〜60分:都会からの移住者の多い街。茅ケ崎で新たな一歩を踏み出してみませんか。

 

 

 

*

出典: goodroom journal 

記事提供元:リノベーション・デザイナーズ賃貸 goodroom(グッドルーム)

デザイナーズ、リノベーションなど、おしゃれな賃貸サイト・アプリ「goodroom」を運営しています。

インテリアや、ひとり暮らし、ふたり暮らしのアイディアなど、賃貸でも自分らしい暮らしを楽しむためのヒントをお届けします。

おしゃれ賃貸サイト・アプリ goodroom

https://www.goodrooms.jp/

goodroom journal

https://www.goodrooms.jp/journal/

goodroom journal 暮らしの実例

https://www.goodrooms.jp/journal/?cat=101

 

 

*