検索

半径10キロの新鮮な食材でフレンチイタリアン、唐津市の「Y’S KITCHEN」【九州編】Bliss! Happy Foodie Life ー Vol.3

I ain't no Foodie! 至福の時間は美味しいときに訪れる  食べて!飲んで!恋をして!

今、地方のレストランが面白い!そういう話を耳にすることが結構ありませんか?

地方のレストランの最大の魅力は、その土地の食材との距離がとても近いということ。

新鮮な食材はそれだけでもとても美味しいけど、その食材を更に美しく、美味しく変えたお料理に出会った感動をご紹介します。

 

何年か前に、烏賊を食べに呼子に行った時に泊まった唐津は、初めて訪れたのに、妙に居心地の良さを感じた土地だった。それから、なぜか、唐津が好きになり、毎年のように通っている。

 

唐津は、素朴さが魅力の唐津焼という陶器で有名で、虹の松原や唐津城のように自然と歴史が調和しているのどかな土地。また、玄界灘で採れる新鮮な魚介類、佐賀牛というブランド肉もある食材の宝庫で、そんな土地に、美味しいお店がないはずがない。今回ご紹介する「Y'S KITCHEN」は、そんな唐津にあるフレンチ・イタリアンレストラン。

 

お店の場所は、二丈浜玉バイパスの側道にあり、旅行者にとっては、少し見つけにくいかもしれなのでタクシーがおすすめ。白い建物に、赤い屋根のスッキリした可愛い建物が「Y'S KITCHEN」。

 

予約制で、予約の際にコースを選ぶ。この日は8,000円のコースをチョイス。

メニューには、使う食材が書かれていて、どんな風に料理されるのかな、と想像しながら待つのが楽しい。

 

一皿目、呼子の赤ウニ、福富のトウモロコシ

プリンとした新鮮な赤ウニと、ふわとろのトウモロコシのムース

 

対馬の真鯖、オカヒジキ、下にパプリカ

(Instagramの投稿で見て、予約の際に、メニューに加えてほしいと伝えた一皿)

 

神集島のクロアワビ、アイコ(トマト)

 

神集島のワタリガニ、自家製のキタッラ(パスタ)

 

 

鎮西町の甘鯛、ガスパチョ

甘鯛は皮はパリッと、白身はプリッと

 

 

A5 佐賀牛マルシン肉、ニンニクソース

マルシンはモモにある希少部位(柔らかい赤身で程よい脂)

 

ババナポレターナ、ブルーベリーアイス、シャインマスカット

 

この日の食材は、鎮西町と対馬は少し遠いけれど、ほとんどはお店から半径10キロ程度の範囲内で採れたもので、中江シェフは、新鮮な食材の魅力を更に引き立たせるように、丁寧に、優しく調理している。唐津焼の器との調和もよく、食材から器まで、全てその土地のものを使えるという、本当の"Eat Local"に出会えるお店。これだけの食材を使ったお料理、東京ではなかなか食べられない。ここにも、「わざわざの価値」を見つけた。

 

 

Y'S KITCHEN

〒847-0084
佐賀県唐津市和多田西山 3-36

TEL:0955-72-8716

OPEN:Lunch : 12:00〜15:00(L.O14:00)

            Dinner :18:00〜22:00(L.O 20:30)

CLOSED:水曜日(祝日の場合は翌日)

http://www.yskitchen.jp/index.html

 

Share
はてなブックマーク

関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!