【渋谷蚤の市】“人と人をつなぐ”アットホームなマーケット会場レポート

東京・渋谷の住友不動産渋谷ガーデンタワー屋外広場で、毎月第二日曜日に開催されている「渋谷蚤の市」に行ってきました。アットホームな蚤の市会場をレポートします。

東京・渋谷の住友不動産渋谷ガーデンタワー屋外広場で、月に一度、蚤の市が開催されていることをご存知でしょうか?

「渋谷蚤の市」は、毎月第二日曜日に開催されている地域の青空マーケットです。

国内外からアンティークやヴィンテージ、古道具などを取り扱うショップが集う以外に、南平台町会が出店する「南平台BAZAR」も同時開催されています。

街と人、地域をつなぐ蚤の市

渋谷蚤の市は、初開催から80ブースがほぼ埋まってしまうほどの人気ぶりで、現在は100ブース近くの出店者が軒を連ねるファンの多いマルシェ。

それでも、渋谷蚤の市を運営する会社の一つ「家貨屋 kakaya」のスタッフである飯島さんは、蚤の市の開催に携わるなかで、この場所へお客さんが集まるようになるまでには少し時間がかかったと当時を振り返ります。

会場は渋谷駅から徒歩10分ほどですが、南平台町はどちらかと言うと少し奥まったエリア。
いろいろな広報手段を試みながらも、なかなか人の目に止まらない期間が続いたそうです。

しかししばらくして、なぜかデンマークからのアクセスが爆発的に伸び、外国人のお客さんが増えたことをきっかけに口コミを通して、知る人ぞ知る蚤の市となりました。

飯島さんは、「“渋谷”というエリアだからこそ起こった奇跡」だと街の魅力を語ります。

「家貨屋 kakaya」は渋谷蚤の市のほかにも、東京・日本橋や茨城の「こもれび森のイバライド」など、各地でマーケットを開催しているとうかがいましたが、人口の多さや場所は違えど、まちに住む人が“つながり”を求めているのは、都会も地方も変わらないと、蚤の市を開くたびに感じるのだそう。

「地域が求める“つながり”をつくる助けになれば」との想いで開催している渋谷蚤の市は、訪れる人だけなく出店者をもファンにしてしまう、アットホームさが魅力です。

渋谷蚤の市 出店ブースをピックアップ!

今回は、第19回渋谷蚤の市に出店していたショップ・ブースをピックアップして紹介します。

KOLBENOVA

「旅の蚤の市」がテーマのKOLBENOVA。
旅先で出会った、東洋・西洋のアンティークやブロカントを販売しています。
ヨーロッパの国々を旅しながら買い集めた食器や小物は、どれもココロときめくアイテムばかり。見ているだけでも楽しくなってきます!

日本にいながらにして、異国の空気が感じられるアンティークたちへ会いに、KOLBENOVAを訪ねに行ってみてはいかが?

出店情報・オンラインショップ
https://soouk.jp/kolbenova/
https://kolbenova.theshop.jp/

Kimono Koshida Japan

アンティーク・ヴィンテージ着物を販売しているKimono Koshida Japanでは、普段着としても使えるアイテムを揃えています。
通常はオンラインショップのみでの販売なので、手に取って羽織ってみることができる機会は貴重な機会。

着物以外にも帯、帯締め、扇子などのアイテムもお値打ち価格で並びます。
ぜひ掘り出し物を探してほしいショップです。

オンラインショップ・Instagram
http://kimono-koshida.com/
kimono_koshida_japan

レトロなレコードポスターも販売

古いレコードジャケットをポスターとして販売しているブースも。
このレトロな雰囲気は、年代を重ねないと出てこない味!

レコード型のピアスや麻雀牌をモチーフにしたイヤリングなど、ラインアップされたアクセサリーも個性的でした。
次回も出店されるかもしれないので、会場で出会った際はぜひブースに立ち寄ってみてください。

福島・会津から参加の骨董店

日本の古き良きものを販売している会津の骨董屋さん。お茶碗や小引き出しなどの古道具に加え、ボロ・アンティーク着物も販売しています。
京都をはじめとする全国各地から仕入れをされているそうですが、ボロは捨てられてしまうことも多く、今はなかなか良品が手に入らないとのこと。

実はこの日、海外のビッグネームがマーケット会場に来ていて、ボロを大量に購入する場面に遭遇。
(「こっからここまで全部ください」は、漫画の中だけの世界ではありませんでした…)
古いものの価値が見直されている時代で、ファッションとして注目を集めている日本のボロ。
もしおじいさん、おばあさんから受け継いだものがおウチにあればラッキーかも?! (大切にしましょう)

2 étape (kayo kobayashi)

ブースに並んだカラフルなソックスや帽子は、すべて手編み。
ルームソックスとしてではなく、普段使いのソックスとして使えるように作っているそうです。

あたたかくてかわいくて実用的。自分用にもプレゼントにも、もらってうれしいアイテム!ビビットカラーがコーディネートのアクセントになりそう。

オンラインショップ(minne)
https://minne.com/@sok

GiPSY

GiPSYのコンセプトは、「真夜中に小箱あけてほくそ笑む」。
なんとも摩訶不思議なオリジナルアクセサリーを手づくりする作家の町田さん。言葉のチョイスも、真夜中にこっそり自分だけが楽しむような秘密感が漂います。

好きなものを「ついつい盛り過ぎてしまう」ため、アクセサリーはちょっと大き目サイズ。
「最近の雑誌は横書きが多いので、縦書きの文字列を見るとワクワクします」と、言葉選びにとっても敏感。新作が気になるアーティストです。

オンラインショップ・Instagram
https://gipsydondon.shop/
https://www.instagram.com/gipsydondon/

おかし工房 もーういっこ

おかし工房 もーういっこのお菓子は、無添加でつくられる安心おやつ。
スーパーフードを混ぜ込んだスイーツで、栄養価が高いのも特徴です。グルテンフリー、アレルギーにも配慮しているので、体調に合わせてスイーツを選ぶことができます。
小麦・卵・乳不使用のライスブランバーは、噛み応えもあって香ばしさも満点。小腹満たしにぴったり。

卵や乳製品などの動物性原料を使わないお菓子が多いのでヴィーガンの人にもおすすめです。
甘さ控えめのスノーボールも、卵なし。ホロホロ食感でおいしい!
実店舗はなく工房でお菓子をつくっているので、イベントでの購入やオンラインで注文を。

工房HP
https://www.mouicco8.com/

富士山南ろく銘茶 勝亦園

静岡に茶畑を持つお茶屋さん。会場では飲み歩き用のお茶の販売もしていました。
なんと1杯200円で、足し湯ができるうれしいサービスも!
お茶を飲みながら蚤の市を見て回り、一回りしてお湯がなくなった頃にまたおかわりができます。

緑茶やほうじ茶などの定番茶や和紅茶もラインアップ。実際に飲んでみてからお土産に買って帰れるのがいいですね。一煎目と二煎目で味が変わるので、最後まで茶葉を楽しんでください!

公式HP
https://katsumataen.com/

カレーとキッシュとケーキのお店 キリン食堂

キリン食堂は、管理栄養士がつくるカレーと、パティシエールがつくるキッシュ・スイーツのカフェ&デリ。この日は冬らしいメニューで、「白菜と豚肉のキッシュ」「きのこのキッシュ」など数種類のキッシュが並んでいました。

角切り野菜がゴロゴロ入った「大山どりと旬野菜のスープカレー」は、自家製ナンと一緒にいただきます。
まろやかさがあって子供でも食べやすいスープカレーは、トマトの優しい酸味と野菜だしがよく出ていて、ゆっくりと味わいたくなります。ナンは甘めで、まるでブリオッシュのような上品な印象。

食べているうちにナンが冷めてしまっても、細かくちぎってスープカップの中に入れてしまいましょう!ひたひたにして食べるナンもおいしい!

熱々自家製チャイは、ふんわりとした甘さでデザート感があります。
甘みは強く出るのではなく、お茶の中でスパイスと一体となって、まるで和三盆を食べているかのような上質さを感じる、キリン食堂ならではの味わいです。気持ちがほっとするおいしさ。

Instagram
https://www.instagram.com/kirinshokudou/?hl=ja

渋谷のアットホームな蚤の市!毎月第二日曜に開催

どのショップ・ブースの出店者さんも、とってもフレンドリーでした!
毎月リピートして訪れたくなる理由が、行けば必ずわかります。

地域のつながりを大切にする「まちの蚤の市」に、あなたも足を運んでみませんか?

《渋谷蚤の市 開催情報》
毎月第二日曜日開催
場所:住友不動産渋谷ガーデンタワー屋外広場
(東京都 渋谷区南平台町16-17ベルサール渋谷ガーデン広場)
同時開催:南平台町会による「南平台BAZAR」
※雨天中止