楽しく快適に暮らすための、自分にとって最適なインテリアの配置とは?【プチDIY女子達のお部屋案内】

小さなワンルーム・1Kのお部屋。家具や収納の配置を工夫して、「自分にとっていちばん暮らしやすい」導線をつくっている、素敵なお部屋にお邪魔しました。
小さなワンルーム・1Kのお部屋。家具や収納の配置を工夫して、「自分にとっていちばん暮らしやすい」導線をつくっている、素敵なお部屋にお邪魔しました。

 

こだわりの詰まった9畳の1K

グラフィックデザイナーをされているA5さん。駅に近く、眺めも良い9畳のほどの1Kのお部屋にお住まいです。

 

床や壁、建具も白で、インテリアの邪魔をしないお部屋。家具の配置を工夫していらっしゃるからか、とても広く見えます。

 

「間取り図が大好きで、大学時代に間取り図をテーマにした作品をつくってました」とのことで、とても気になります。早速、見せていただくことに。

 

こちらがA5さん制作の「MADORI FONT」。

 

文字のひとつひとつが、「間取り」になっているんです。これは可愛い!このフォントを活かしたグッズをつくって販売もされているそう。間取り図を見るのが大好きなグッドルームのスタッフたちに、すぐに教えたい……。

 

そんな風に「間取り」やインテリアを考えるのが大好きというA5さん。お部屋の中には、たくさんの工夫やこだわりがありました。

 

そのこだわりのひとつが、IKEAで天板と脚を購入されたというこちらのテーブル。

 

片側が丸いデザインで、絶妙なサイズ感。残念ながら、現在この天板は販売されていないということでしたが、ベッドのすぐ横に大きなカウンターテーブルがあるというスタイル、すごくいいですね!

 

「普段は窓側に向かって仕事をして。映画を見たり、くつろいだりするときはベッド側に座っています」

 

また、「大きな家具は白を選ぶ」のもA5さんのお部屋のルール。少ない収納を補うために、やはりIKEAで購入されたという大きめのクローゼットを置かれているのですが、「大きいものは白」のルールのおかげで、ほとんど圧迫感がありません。

 

偶然にも、備え付けのクローゼット(左側)とほぼ同じデザイン。洋服がたくさんあって収納場所に困っている人は、参考にしてみてほしいアイディア。

 

背の高い本棚も、白。天井の間のデッドスペースも見逃さず、「白いボックス」を使って活用しています。

 

よく使うものの「定位置」を決めて

小さなお部屋だからこそこだわりたいのは、ものの「定位置」。あちこちに分散させて置くのではなく、「使う場所に全てまとめて」置くのがポイント。

細々としたものはIKEAの「ロースコグ」ワゴンにまとめて。

 

身支度に必要なものが全てここにまとまっているので、出かける前の準備がスムーズに終わります。

 

キッチン側にスペースがないためお部屋の中にある冷蔵庫。横にはIKEAのキッチンワゴンを置いて、キッチンで使うものをまとめて収納。

 

お気に入りのデロンギのコーヒーメーカーで、家の中でもくつろぐ時間が持てます。

 

「いつでも必要なものが、すぐ手に届く」ように工夫されていた、A5さんのお部屋。こんな風に自分にとっていちばん使いやすく、居心地よく暮らしを整えていくのって、とても素敵だなと感じました。

 

 

A5さんのInstagramアカウントはこちら
https://www.instagram.com/yyyyy_00_0/

 

 

 

 

 

*

出典: goodroom journal 

記事提供元:リノベーション・デザイナーズ賃貸 goodroom(グッドルーム)

デザイナーズ、リノベーションなど、おしゃれな賃貸サイト・アプリ「goodroom」を運営しています。

インテリアや、ひとり暮らし、ふたり暮らしのアイディアなど、賃貸でも自分らしい暮らしを楽しむためのヒントをお届けします。

おしゃれ賃貸サイト・アプリ goodroom

https://www.goodrooms.jp/

goodroom journal

https://www.goodrooms.jp/journal/

goodroom journal 暮らしの実例

https://www.goodrooms.jp/journal/?cat=101

 

 

*