疲れ目を解消して、もっと美しく! いつも印象的な目元でいるためのアイケア&ビューティーメソッド

目元の悩みを増やすNG行為や、習慣づけたい日々の目元ケア

せっかく自分らしく素敵なアイメイクを楽しんでも、目元に不調があるのは残念。そんな悩みを解消すべく、人気まつ毛エクステサロン「MANHATTAN」を経営する目元プロデューサー・垣内綾子さんに、どんなときも印象的な目元でいるための方法をお聞きしました。

これまでに1万人以上の目元を美しく変え、多くの女性の目元を知る彼女が考える“美しい目元”とはどんなものなのでしょうか?

澄んだ白目を育んで透明感のある印象的な目元に

垣内さんが重視するのは、“白目の美しさ”。日本の女性の多くは、黒目コンタクトを使ったりして黒目を大きく見せたいと思いがちですが、印象的な目元をつくるには白目をいかにキレイに見せるかがとても重要。目は顔のなかで唯一水分をたたえているパーツで、その水分に反射して生まれる白目の輝きこそが、透明感やイキイキとした目元の印象をつくるのだそうです。

現代の女性はスマートフォンやパソコンの使いすぎなどで慢性的に“目の疲れ”を感じている人、過度なビューラー使いや摩擦などによって目元に悩みを抱えている人がたくさん。日常生活のなかで無意識にやってしまいがちなNG行為をご紹介。誰でもいくつか思い当たる項目があるのではないでしょうか?

 

目元の悩みを増やす、6つのNG行為

  1. PCやスマホで目を酷使する

    まばたきの回数が減り、乾燥をまねいて緊張状態に。ブルーライトによるドライアイで疲れ目になりやすい。

  2. アイメイクをしっかり落とさない

    クレンジング不足で目元に油分が残ると酸化してまつ毛にダニが異常繁殖し、トラブルをまねいてしまうことも。

  3. 目元をよくこする

    目元は皮脂腺が少なく、繊細で摩擦に弱い場所。ゴシゴシこすると、皮膚を傷つけて老化の原因に。

  4. 過度なビューラーで刺激を与える

    力任せにひっぱったり、圧をかけすぎるとまつ毛が抜け、毛根そのものに傷がつき、生えてこなくなることも。

  5. 眼精疲労やコリを放置する

    血行不良によるコリや目の疲れを放っておくと、目元のシワやたるみなど老化の一因に。

  6. 目元のケア不足で乾燥している

    目元の皮膚はほかのパーツに比べて1/4の薄さと言われるほど、とても繊細。乾燥しやすいので、保湿が足りないと小ジワの原因に。

 

 

 

印象的な目元をつくる、6つの心がけ

日々のちょっとした心がけで、美しい目元はつくれます。こまめに取り入れて、コリや疲れをためない習慣を!

 

1. 目元をしっかり保湿する

目元はほかの皮膚に比べて薄いため、乾燥しやすく、小ジワなど老化のサインが目立ちやすい場所。アイクリームでしっかり保湿しましょう。

指の腹を使って丁寧に塗り、目尻はシワを伸ばして入れ込んで。

 

2. くすみはツヤ感と血色感で払拭

くすみやクマをコンシーラーで隠そうとすると、つい厚塗り感が出てしまう。それよりも頬にチークをのせて血色感をプラスして、ベースメイクでツヤ肌に整えて。血色と光の効果で、目元が明るく見えます。

 

3. 目元を温めて血流アップ

目に疲れを感じているときは、目を温めて血流をよくするのが効果的。電子レンジで温めた蒸しタオルや市販の目を温めるアイテムをそっと目の上にのせて休息させて。疲労感がやわらぎ、リラックスできます。

 

4. 目薬で白目をキレイに見せる

パソコンやスマートフォンをなるべく見ないようにして目を休ませるのがいちばんだけれど、そうはいかないもの。疲れ目や充血が気になったら、ときには目薬に頼ると白目がクリアに。ただし、差しすぎには注意して。

サンテ ボーティエ® ¥1,500(kiitos.編集部調べ)/参天製薬

瞳のターンオーバー(代謝)を促すタウリンを配合し、香水のようなローズの香りの目薬。充血や疲れ目をケアして瞳をクリアにしてくれる。目薬に見えないシンプルなボトルもおしゃれ。

 

5. 眼輪筋を鍛えてたるみを防ぐ

年齢とともに落ちやすい上下のまぶたは、眼輪筋を鍛えるとたるみが改善され、まぶたがしっかり上がるようになります。身体と同じように負荷をかけて筋力アップを。

STEP

① 眉の下に人差し指をおく。

②目を開けたまま指で眉を持ち上げる。

 

③指を固定したまま目を閉じて5秒キープしたら、5秒かけて開く。同様にして1分間繰り返す。

 

 

6. マッサージでコリをほぐす

目の疲れを感じたら、放っておかずにマッサージでコリをほぐすのが○。押すときはイタ気持ちいいくらいがベスト。マッサージクリームを目元に十分に塗ってからはじめましょう。

 

POINT

①眉頭と眉骨下のくぼみ → ②目尻からこめかみ → ③アイホールの下 の順でまんべんなくコリをほぐす。

 

 

STEP

①親指を曲げて第一関節をしっかり当て、グッと押しながら眉頭から眉尻まで上に向かって流す。

 

②目尻からこめかみを上下にグリグリ。こめかみ下のくぼみにある「太陽」のツボを押すと疲れ目に◎。

 

③そのまま下まぶたに下ろして目尻から目頭までゆっくりググっと押し当て、コリをほぐす。

 

 

上記の6つが垣内さんのおすすめするメソッド。「目元は繊細な場所だからこそ、陶器のようにやさしく扱って、イキイキとした目元を育んでください。目元が変わると自信につながり、メイクが楽しくなったり表情もやわらかく穏やかになりますよ!」

 

 

垣内綾子さん PROFILE

目元プロデューサー。芸能人も多数通う人気まつ毛エクステサロン「MANHATTAN」を経営する。目元診断に定評があり、これまで目元を美しく変えてきた人数は1万人以上。著書に『人生が動き出す! ナチュラルデカ目の作り方』(ワニブックス)がある。

https://manhattan-eyelash.com

 

 

 

SHOP LIST
参天製薬 tel:0120-127-023

kiitos. vol.13「印象的な目元でいるためにしておきたいこと」より
illustration : Maori Sakai
photograph : Yumiko Yokota [STUDIO BANBAN]
edit&text : Chie Sakuma
re-edit : Midori Seki