自信のない目元をチャームポイントへと昇格させる!  一重や奥二重を印象的に見せるアイメイクレッスン Part 1

ぱっちり二重だったら…。もっと大きかったら……。顔のパーツのなかでもとりわけ重要な目には、誰しも悩みのひとつやふたつはあるもの。特に一重や奥二重の人は自分に似合うアイメイクに迷っている人も多いのでは?? そんな悩み多き目元をぐっと魅力的にできるアイメイクのコツを人気のヘア&メイクアップアーティストの松田未来さんに教えてもらいました。難しいテクニックを使わずとも、定番のアイテムを使った簡単なステップで、コンプレックスに感じていた一重や奥二重をもっと素敵に! これまで気づいていなかった新たな自分の魅力を発見できるかもしれませんよ。

 

TOPICS

Lesson 01. blue color 寒色カラーで涼しげな表情を引き立てる

Lesson 02. glossy eyes まぶたのツヤだけで存在感を放つ

Lesson 03. pink color 暖色カラーは涙袋に濃く塗って

 

Lesson 01. blue color

寒色カラーで涼しげな表情を引き立てる

まぶた全体に水色をのせて涼しげに

一見、野暮ったくなりがちな水色。もともと涼しげな一重や奥二重だからこそ、クールな寒色系のアイカラーがよく似合い、単色でふわっとのせるだけで知的なまなざしが完成します。

 

STEP1.アイカラーをまぶたの際にちょんちょんとのせる。

STEP2.指先を使って、外側に向かって薄くなるようにアイホール全体に伸ばす。

 

 

Lesson1.おすすめアイテム

1_THREE アルカミスト ツイストフォーアイ 04(モデル使用色)

まぶたになじませて指でひとなでするだけでマットな質感を楽しめるリキッドタイプのアイカラー。まぶた全体に塗っても、ライン状に細く引いてもOK。透明感あふれるブルー。¥3,500/THREE

2_ONLY MINERALS ミネラルピグメント N04 マジック

透明感とツヤを自然に添えるシアーなミントグリーンが涼しげなメイクアップカラー。ミネラル100%で、目元や頬、唇など顔中どこでも使え、オフするときも石けんですっきりと落とせるのが嬉しい。¥1,800/ヤーマン

 

 

 

 

Lesson 02. glossy eyes

まぶたのツヤだけで存在感を放つ

ハイライトのツヤ感で目元に立体感を

一重や奥二重ならではの雰囲気ある目元を素のままいかすため、あえて色はのせずにハイライトをオン。濡れたようなツヤ感と立体感が生まれ、ナチュラルだけどこなれた印象に仕上がります。

 

アイホール全体にシャンパンゴールドのハイライトをのせる。やさしく指ですべらせるように塗り広げて。

 

 

Lesson2.おすすめアイテム

1_shiro シルクハイライター 8H01 シャンパン(モデル使用色)

濡れたようなツヤ感で透明感と立体感を演出するハイライター。ベーシックに使いやすいホワイトベージュ。明るさを足したいときに◎。¥4,400/シロ

2_rms beauty ルミナイザークワッド

4色のハイライターがひとつのパレットに。頬骨の上や鼻筋、目頭、デコルテなどマルチに使用可能。手軽にツヤ感や立体感を演出できる。¥6,200/アルファネット

 

 

 

 

Lesson 03.pink color

暖色カラーは涙袋に濃く塗って

上まぶたは淡く、下まぶたは濃く入れる

はれぼったくなりやすいピンクなどの暖色系のアイカラーを使うなら、上まぶたはアイホール全体に淡くさりげなくのせ、涙袋に濃く入れるのがポイント。下まぶたに陰影が生まれて、深みのある目元に。

STEP1.淡いピンクを指先に取り、上まぶたのアイホール全体に広げる。

 

STEP2.濃いピンクを指先に取り、涙袋にのせて目元を引きしめる。

 

 

Lesson3.おすすめアイテム

1_to/one ペタル アイシャドウ 01(モデル使用色)

やわらかく透明感のあるまぶたに仕上げる。手持ちのアイカラーに重ねてニュアンスを楽しむのもおすすめ。¥2,200/トーン

2_naturaglacé アイカラーパレット 03

まぶたに溶け込むようななめらかなテクスチャーで、目元に美しい発色と立体感を与える。フェミニンで上品なピンクブラウン。¥3,600/ネイチャーズウェイ

 

 

 

 

 

 

 

SHOP LIST

THREE tel:0120-898-003

ヤーマン tel:0120-776-282

シロ tel:0120-275-606

アルファネット tel:03-6427-8177

トーン tel:03-5774-5565

ネイチャーズウェイ tel:0120-060802

 

 

kiitos. vol.13「チャームポイントを増やそう!」より

photograph:Yuya Shimahara (model), Yumiko Yokota [STUDIO BANBAN] (item)

styling:Mina Takaue

hair&make-up:Mirai Matsuda

model:Jessica

edit&text:Chie Sakuma

re-edit:Midori Seki