宮沢賢治・中原中也・竹久夢二が想い描いた夜空。プラネタリウム作品『東京の天の川を忘れない』1/31〜

2020年1月31日(金)より「プラネタリア TOKYO」で新しいプラネタリウム作品「東京の天の川を忘れない」が上映開始となります。ナレーションに芥川賞作家・又吉直樹さんを迎えた新作の紹介です。

有楽町マリオンにある「コニカミノルタプラネタリア TOKYO」では、2020年1月31日(金)から新しいプラネタリウム作品『東京の天の川を忘れない』の上映が始まります。

宮沢賢治・中原中也・竹久夢二が描く世界観

明治モダン・大正ロマンを代表する文化人である宮沢賢治・中原中也・竹久夢二。
彼らが生きた時代には、東京都心でも肉眼で天の川を見ることができたと言います。

夜空に浮かぶ天の川や降るような星たちを眺めた3人の文化人は、それを小説、詩、絵画のなかでそれぞれ表現しました。

現代まで多くの人に読み継がれ、鑑賞された長く愛される作品を、世に残した文化人たち。
『東京の天の川を忘れない』では、彼らの感性を通して夜空を眺め、都会ではもう肉眼では見ることができなくなってしまった天の川と星々に想いを馳せるノスタルジックな物語となっています。

芥川賞作家・又吉直樹さんがナレーションを担当

作中でナレーションを務めるのは、お笑い芸人であり芥川賞作家でもある又吉直樹さん。
数々のメディアでその才能を発揮する現代の文化人として、レトロでロマンチックな天文の世界を案内します。

さらに、作品を盛り上げる挿入歌には、歌手 椎名林檎さんの「丸ノ内サディスティック(EXPO Ver.)」を起用。東京という街の佇まいを表現するにはぴったりの選曲です。

ローレフォトで魅せる鮮やかで美しい映像

また映像には、様々な場所で撮影した写真を絵画のように再構成して”架空の世界”を表現する「ローレフォト」という手法を採用。

初めてみる景色なのにどことなく懐かしい気持ちを抱く、なんとも不思議な世界へ誘われます。
映像制作は、ローレフォト・アーティストの寅貝真知子さんが担当。

ノスタルジックな世界に足を踏み入れたような体験は「コニカミノルタプラネタリア TOKYO」ならでは!

ネオンの明かりが消えて街が暗闇に包まれるとき、プラネタリウムドームの中にはかつての芸術家と文豪たちも見上げた東京の星空が輝き出します。

ノスタルジックに天の川を眺めるひととき、ぜひ楽しんでみてください。

 

text: Mizuki Igarashi