今注目のアレンジコーヒーって知ってる?…オススメカフェベーカリー巡り

コーヒー芸人「コーヒールンバ」の平岡佐智男さんにおススメのカフェベーカリーを巡り、今注目のアレンジコーヒーについてお話を聞きました。

ここ最近、コーヒー店×ベーカリーの出店が相次いでいます。
スターバックスがイタリアンベーカリー「プリンチ」の日本初単独店「プリンチ 代官山T-SITE」を代官山に、猿田彦珈琲が自社プロデュースによる初のベーカリーブランド「オキーニョ」を池袋にオープン。美味しいコーヒーと美味しいパンを同時に楽しむことはスタンダードといっても過言ではありません。
「パンブームに乗ってコーヒーにこだわるベーカリーが増えている。ベーカリーのコーヒーはパンに合うように作られているので、パンだけでなくコーヒーを楽しむためにベーカリーに行くという楽しみ方がおすすめ」と語るのはベーカリーのコーヒーに注目している、お笑いコンビ「コーヒールンバ」の平岡佐智男さん。そこでコーヒー芸人の平岡さんが厳選した、コーヒーとパンが両方楽しめるお店をご紹介。さらに平岡さんおすすめのベーカリーのパンとコーヒーの組み合わせを伺いました。

 

コーヒー芸人おすすめ、都内でパンとコーヒーが楽しめる名店

『パンとエスプレッソと』アイスカプチーノ×フレンチトースト

フレンチトースト(左) アイスカプチーノ(右)

アイスカプチーノ
表参道にある人気ベーカリー。店名の通りパンとコーヒーが楽しめるお店で、素材を活かしたサンドイッチやフレンチトースト、立方体の食パン「ムー」など、オリジナリティのあるパンを常時30種類ほど販売。
平岡さんおススメポイント
「アイスカプチーノはこのお店の人気メニュー。今でこそアイスカプチーノを出すお店は増えましたが、ここはその中でも先駆け的な存在。ポイントはカプチーノの上に乗った、シェイクされたモコモコのミルク。キメが細かい飲み口なのに、ミルキーでまろやかな味わいです。柔らかい食パンと合わせて、食感を楽しめるコーヒーです」

 

『CAMELBACK sandwich&espresso』すし屋の玉子サンド×カフェラテ

すし屋の玉子サンド(左)×カフェラテ(右)

話題の奥渋谷エリアにひっそりと佇む、テイクアウト専門の穴場カフェ。オーナーは元寿司職人という経歴で、厚みのある生地で和風な味付けの玉子を包んだ「すしやの玉子サンド」が名物となっている。その他にも、絶品サンドイッチとの相性が良いこだわりのコーヒーにはファンが多い。
平岡さんおススメポイント
「本格的なコーヒーと独創的なサンドイッチを楽しめます。」

 

『15℃』白あんのあんぱん×カプチーノ

白あんのあんぱん(左)×カプチーノ(右)

代々木八幡にある大人気ブーランジェリー「365日」の姉妹店。有名イタリアンやレストランにも卸している「カフェ ファソン」のコーヒーを使用しているのが特徴。パンだけでなく、ケーキやスイーツ、和食や洋食など、幅広いメニューを取り揃えている。
平岡さんおススメポイント「『カフェ ファソン』さんのオーナーは、オリジナルブレンドを作るのがとても上手で、そのお店ごとに合うブレンドを提供してくれます。ファソンのコーヒーを使っているというだけでここのお店はコーヒーへの信頼度がとても高い。「15℃」のパンだけに合った、とっておきのオリジナルブレンドを楽しめます」

 

『3丁目のちいさなパン屋さん』クロワッサン×パン好きのカフェオレ

パン好きのカフェオレ(左) クロワッサン(右)

新宿三丁目にあるかわいらしいパン屋さん。
平岡さんおススメポイント「3丁目のちいさなパン屋さんのクロワッサンは外のパリパリをくぐり抜けるともちもち生地のゾーンがとても広い!何層にも重なった生地が織りなす弾力が美味しい気持ちいい。そしてなんといってもバターの香りがコーヒー欲をそそります。優しいバターの香りと『パン好きのカフェオレ』のミルク感が相性抜群。この『パン好きのカフェオレ』と3丁目のちいさなパン屋さんのクロワッサン、朝ももちろんいいですが食べ応えもあるクロワッサンなのでランチに食べていただいて、午後の仕事の活力としていただいてもいいのではないでしょうか!』

 

パン好きなら知っている「パン好きのカフェオレ」

ベーカリーを中心に2019年4月1日から販売が開始され、販売店舗数を拡大している「パン好きのカフェオレ」。「パン好き」のために作られたこの商品の特徴やミルクがたっぷり入ったミルクコーヒーについて、平岡さんはこう分析します。

平岡さん「生乳94%とほとんどミルクで占めていますが、香りはしっかりとコーヒー。一口目は甘さやミルクの味わいが強いですが、コーヒーがしっかり残る飲後感やスッキリ感は他の濃いカフェオレにも負けないくらい。注目すべきは最初と最後の感じ方が違うこと。6パーセントに入っているグアテマラ産コーヒーが効いているので、コーヒー好きも納得の味に仕上がっていると思います。コーヒーの中には、ミルクや砂糖を入れた方が美味しくなるものもあります。ブラックだとわかりにくいコーヒー自体が持っている甘さが、ミルクや砂糖を入れることでその甘さの輪郭がハッキリすることも。この『パン好きのカフェオレ』もまさにそういう味わい。パッケージにあるように、クロワッサンのように小麦の香りがふわっと感じられるパンとの相性が良いカフェオレです。他にも、バターが効いているパン、弾力や食感のあるパン、チーズと合わせたパンやベリーなどフルーツ感の強いパンなどと、一緒に楽しむ飲み方をおすすめしたいです。」

 

ミルクコーヒーがいまアツい!

「パン好きのカフェオレ」に限らず、最近ではミルク多めコーヒーの商品や専門店が続々登場。そうしたじわじわ広がるミルクコーヒーの人気には、どのような背景があるの平岡さんに聞いてみました。
平岡さん「ミルクがたっぷり入ったミルクコーヒーは、カフェオレの一種。カフェオレは、コーヒーを飲む上でより美味しく楽しむアレンジコーヒーのひとつのジャンルです。300年以上前にフランスで生まれたカフェオレは、アレンジコーヒーとしてとても優秀だから現代にまでその飲み方が残っているとも言えます。一昔前は「コーヒー好き=ブラックコーヒーしか飲まない」といったイメージがありましたが、最近はアレンジコーヒーが広がって、ミルクコーヒーを出すお店や商品も増えている印象があります。かつてはコーヒーが苦いから飲みやすくするという考え方でしたが、今はより豊かな香りやまろやかさ、コーヒーが持つ側面の引き出し方が求められています。ミルクだけでなく、黒糖やライムなどと合わせてコーヒーを引き立たせる動きも多くなりました。
こうしたアレンジコーヒーの広がりの背景には、誰でも自分が本当に美味しく飲めるようになった時代の変化や食文化の多様性があると思います。僕が司会をしているジャパンバリスタチャンピオンシップの競技の中にも「シグネーチャービバレッジ(アレンジコーヒー)」という項目があるくらい。アレンジコーヒーはコーヒーの美味しさを本当に熟知していないとできないもの。コーヒーの美味しさをまず知ってもらう入り口として、そしてコーヒーをより自分らしく楽しむ手段として、アレンジコーヒーは今後もコーヒー業界において非常に重要なキーワードになると思います」