ファッションから絵画まで!なんでもアリのデザインイベント【デザインフェスタvol.50】会場レポート

2019年11月16日(土)・17日(日)に開催されたアジア最大級のアートイベント「デザインフェスタVol.50」。記念すべき第50回目となった今回は、東京ビッグサイト西展示棟全館に加え南展示棟1・2ホールを追加した過去最大数となる4,500ブース・13,000人を超えるアーティストが出展!デザインの祭典に今回も潜入します!

1994年にスタートし今年は25周年目にあたるアジア最大級のアートイベント・デザインフェスタ。

プロアマ・国籍・年齢・性別は一切不問。オリジナル作品であれば無審査で参加することができるアートの祭典です。春・夏・秋の年3回開催し、この冬開催で第50回目を迎えます。

今回は50回目を記念して、会場となる東京ビッグサイトの西展示棟全館に加え、南展示棟1・2ホールを追加し過去最大数となる4,500ブース・13,000人を超えるアーティストが出展。

イベント初日は、開場前から長蛇の列ができる盛況ぶり!
人気ブースは早くから並ばないと売り切れてしまったり、2日間のうちどちらかの日程でしか参加しないブースもあるので、お目当のアーティストがいる場合は事前にチェックしておくのが鉄則です。

それでは、気になったブースをチェックしていきましょう!

ファッションから絵画までなんでもアリのデザインフェスタ

会場はイラスト・絵画からマルチメディア、ファッション、工芸など様々なジャンルにエリア分けされますが、今回は約4,500ブースと出店数が多いためか、オールジャンルのエリアも多くありました。

【koyomi】1点もののお洋服を丁寧に。

1点ものにこだわってお洋服づくりをしているkoyomiさん。
ドールが着ている小花柄のワンピースはsold outしたそう!襟元と袖の赤いフリルはベルベット素材。にくめない顔をしたねこのトレーナーもとっても可愛くて、どれも欲しくなるデザインばかり。
作家さんのkoyomiさんは朗らかで笑顔が素敵でした!

1点もののお洋服 koyomi
https://www.instagram.com/koyomi_on/
https://minne.com/@koyomi

【369-cat】ナチュラルで着心地の良いお洋服づくり。

ふんわりとしたシルエットが可愛いだけでなく、体を締め付けない着心地の良さがある369-catのお洋服。作家さん着用のタックフレアパンツは、コットン100%のネル生地で素材も柔らか。しかもロング丈のお洋服なので、トイレに行った時にも困らないよう裾がボタンで止められる仕様。
かゆい所に手が届くようなデザイン!

369-cat
https://www.instagram.com/369_cat/
https://minne.com/@369-cat

【zoomie】品のあるかわいい大人のアクセサリー。

石塑(せきそ)粘土という素材で動物モチーフのアクセサリーを一点ずつ手づくりしている作家さん。
顔が少しずつ違うので、どの子にしようか迷ってしまいます。シンプルなシャツや帽子のアクセントにつけても可愛いです。新作はたれ耳のうさぎモチーフ。ドット柄のねこも初登場。

zoomie
https://www.instagram.com/zoomie_mzh/
https://www.zoomie.jp/

【むにゅ】へんてこなのに可愛くて気になる!

へんてこもの製作者のむにゅさん(写真左)がつくるアイテムは、ポップでキャッチーなアイテムばかり。昔懐かしい感じがするのに、なんだか斬新で新鮮。よくわからないけど可愛い!
むにゅさんのブースには、”へんてこもの”アイテムを求めて待機列ができていました。一度見たら忘れられないおとぼけ顔がたまらない。

むにゅ
https://munyumuunyu.stores.jp/
https://minne.com/@munyumuunyu

【チームしっくしく】14年間交換日記を続ける仲良しユニット。

主にペン画で作品をつくる塩川真由美さん(写真左)と、油画や立体作品の制作を得意とするかのうあすかさん(写真右)のユニット・チームしっくしく。デザインフェスタには小物アイテムの物販とライブペイントで参加されていました。なんとお二人は、14年間も交換日記を続けているそう!
おそろいの白いワンピースは裾に刺繍帯をつけてアレンジ。ファッションにもこだわったおしゃれユニットは、2020年1月31日から東京・高円寺で個展を開催予定。

チームしっくしく
個展「ライフ」
2020年1月31日(金)〜2月9日(日)12:00〜20:00
※最終日は18:00まで。月・火休廊。
場所:吉野純粋蜂蜜の店ギャラリー
東京杉並区高円寺北3-35-24(TEL 03-3337-8813)
※2階ギャラリー入場時は1階はちみつ店に声かけ

陶器作品も充実。つくり手の個性が溢れる。

デザインフェスタは陶器作品も充実しています。おしゃれで個性的なデザインは、普通のショップではなかなか見つからないものばかり。
また、陶器は基本的に一つひとつ手づくりされるので、どれもすべて一点もの。この世に一つしかないオリジナルだからこそじっくりと選びたい!

ガラス面が美しい、ちょっと大きめなぐい呑

近藤 九心(こんどう ここのしん)
https://www.instagram.com/kokonosin/?hl=ja
https://www.iichi.com/shop/X2637745

ちょっと風変わり?だけどクセになるドットのテーブウェア。

山口 由次(やまぐち ゆうじ)
http://yuji-yamaguchi.com/
https://www.creema.jp/c/yuji-pottery

暗いエリアのアーティストたち

夏開催に引き続き登場した「暗いエリア」では、暗さを活かしたブースが並びます。このエリアだけちょっと不思議な空気を醸していて”デザインフェスタらしい”雰囲気。
次回開催でもこのエリアが設置されていれば、ぜひ立ち寄ってみてほしいです!

デミカップやカフェオレ・ボウルでつくったペンダントライト。
取っ手付きのデミカップはソーサーも逆さまに。

東京・南青山にある「YOSHIKUNI ITO」のブース。一つずつ割った鉢に多肉植物を寄せ植えしたアレンジ作品。退廃的なイメージが暗いエリアにマッチしていました。

みんなが知っているおとぎ話をモチーフにしたペーパークラフト。中に豆電球を仕込むことでシルエットが照らし出されます。折りたたみ式ですが一瞬で立ち上がるデザインで、贈り物にも喜ばれそうですね!

音楽をメインにしたアーティストやパフォーマーも

デザインフェスタはオリジナル作品であればなんでもアリ!のデザインの祭典。音楽をメインにしたアーティストも多数参加しています。
世界観をつくり込んだパフォーマーたちと直接話ができるのもデザフェスの醍醐味なので、気になったブースではどんどん話しかけちゃいましょう!

【iaitokyo】ロボット頭 / Robot Head Girl

なぞのロボット頭の女の子に扮するのはアーティストのiaitokyoさん。音楽とイラストで綴る少し変わったセカイ『パラダイムシーズ』のメインキャラクターだそう。
新作「傘の下で降る雨」を2019年12月26日よりデザイン・フェスタ・ギャラリー原宿で開催予定。トウキョウパラドックスのセカイで不思議な住人たちが繰り広げる物語を垣間見ることができます。

iaitokyo
「傘の下で降る雨」展
2019年12月26日(木)〜29日(日)11:00~20:00
※初日は15:00から、最終日は17:00まで。
デザイン・フェスタ・ギャラリー原宿
東京都渋谷区神宮前3-20-18(TEL 03-3479-1442)

 【唄芝居ニルノラフ】物語を紡ぐアコースティックユニット

2015年に絵本や童話のような物語を唄で表現する”唄芝居プロジェクト”として「ニルノラフ」の活動を開始したシンガーソングライターのにるのさん(写真右)。2017年からはイラストレーターのTashiro Yugoさん(写真左)が芝居絵を担当し、ユニットして活動しています。

Tashiro Yugoさんの描く優しいビジュアルに、にるのさんの繊細でメロディックな歌声が調和したイマジネーションをかき立ててくれる優美な唄芝居。あったかい気持ちになりました。

唄芝居ニルノラフ
2019年11月30日(土)、12月1日(日)に「ときわ台Cave」で単独公演開催。
https://www.nilnoraf.site/
twitter @Asxce1013

こだわりブースが軒を連ねる屋外フードエリアでひと休み

前回開催よりフード店舗が16店舗も増えた本開催。
フードエリア・カフェエリアは屋内ブースと屋外のキッチンカーで楽しむことができます。フードエリア・カフェエリアは点在していますが、全てのエリアで飲食・休憩スペースが設けられているので、ひと休みする場所には困らないかと。

【ROCKET CHICKEN】重くない!新感覚のフライドチキン!

2014年に湘南の小田急電鉄江ノ島線「六会日大前駅」に創業した「ロケットキッチン(ROCKET CHICKEN)」は、学生が多いエリアで健康に良く、味も見た目も一生の思い出に残るような名物をつくろうと考えたのが発端。サクサク、柔らか。油で揚げているのに重くない。自家製タルタルソースでいただく最高のチキンが自慢のお店です。

名物のロケットチキン3ピースにライスのセットを注文。ピクルスから漬け込んだタルタルソースの上に、てりやき・スイートチリ・レッチリの3種類のソースをお好みで。すりおろしにんにくもお店のおすすめ!
クリスピータイプのサクサク衣の中にはさっぱりとした鶏の胸肉が。パサパサ感はなくふっくら柔らか。油っぽさがないのでいくつでも食べられそうです!お肉がさっぱりしている分、タルタルソースやお好みのソース、にんにくなどで自由に味付けすることでコクをプラス。
評判通りのおいしさで、湘南まで通いたくなる味でした。

ROCKET CHICKEN 六会日大前駅(本店)
神奈川県藤沢市亀井野1-7-9 2階(TEL 0466-52-4454)
https://www.rocket-chicken.com/

【honobono工房】自家採蜜した天然蜂蜜でつくるはちみつドリンク

神奈川県でミツバチを育てている茅ヶ崎のはちみつ屋さん。自家採蜜した天然蜂蜜をはじめ、各地の国産蜂蜜でつくる栄養たっぷりのドリンクは、優しくてマイルドな味わいに。
看板商品の「はちみつジンジャー」やオリジナルのはちみつビール、カクテルなど、はちみつ好きにはたまらないお店。

honobono工房ではオーガニック珈琲の提供もしています。どのドリンクも気になりますが、珈琲もはちみつも楽しめる「ハニーカフェオレ」を注文。

オーガニック珈琲と低温殺菌牛乳に国産の生はちみつで甘みを付けたカフェオレは、まろやかな甘みとさっぱりとした珈琲のコクがちょうどいい!大切に味わいたいドリンクでした。

honobono工房
神奈川県茅ヶ崎市旭が丘6-30(TEL 080-5540-1589)
http://honobono.weebly.com/

オーガニック移動カフェhonobono号
http://honobono-go.com/

次回開催も期待大!デザインフェスタvol.51

ショップブースやフードエリア以外にも、ステージ、ライブペイント、ワークショップなど、1日中アートを体感できる大イベント!

次回は2020年4月11日(土)・12日(日)東京ビッグサイト西ホール全館で開催予定です。
ぜひ足を運んでみてください!

デザインフェスタvol.51
開催日程:2020年4月11日(土)・12日(日)
場所:東京ビッグサイト西ホール全館
https://designfesta.com/

 

text : MIzuki Igarashi