2019年ボジョレー・ヌーヴォー解禁!ジョルジュ デュブッフ社新酒ワインはチャーミングな味と香り

今年もボジョレー・ヌーヴォーの季節がやってきました。 解禁日である11月21日0時にボジョパ会場で、いち早く今年のボジョレー・ヌーヴォーを味わってきました!

今年は11月21日0時に解禁したボジョレー・ヌーヴォー。

ボジョレー・ヌーヴォーはフランスの法律で、毎年11月の第3木曜日に一斉に解禁することが決められています。この解禁日までは誰も飲むことができないため、世界中のワインファンはこの日を待ち望みながら過ごすそうです。
実は世界の中でも日本の解禁が一番早く、本場フランスでの解禁より8時間も前にボジョレー・ヌーヴォーを味わうことができます。

ボジョパ会場では、サントリーワインインターナショナル株式会社 代表取締役社長 宮下 敏氏、ジョルジュ デュブッフ社のボジョレー王子ことアドリアン デュブッフ ラコンブ氏、ワインソムリエでありサントリーワイン・ブランドアドバイザーの岩田 渉氏が登壇して、ボジョレー ヌーヴォーの魅力や2019年作の特徴について解説してくださいました。

採れたてのぶどうでつくった新しい、今しか飲めない旬のワイン。

試飲したのは「ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー 2019」。
当時無名だったボジョレー地方のワインを世界的に名の知れたワインとして広めたのが、ボジョレーの帝王と呼ばれる醸造家ジョルジュ・デュブッフ氏。
名醸造家であり、ボジョレー・ヌーヴォーを世界的に有名なワインとして磨き上げたジョルジュ・デュブッフ社の新酒です。

フランス・ボジョレー地方の特徴

ボジョレー・ヌーボーは、その名前の通りフランスの「ボジョレー地方」でつくられています。ボジョレー地方は緑の豊かな丘陵地帯なので太陽の光がよくあたり、良いぶどうが育つ地形です。
また、フランスのぶどう畑は日本とは違い、果実が棚田からぶら下がる栽培形式ではなく、小さなぶどうの木をどこまでも続くように植えて栽培するスタイルです。

使うぶどうはフルーティーなガメ品種

「ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー 2019」は「ガメ(Gamay)」いう品種のぶどうからできています。ガメ種は、原産地であるフランス・ボジョレー地方で世界の半分強を栽培しています。そのため、ボジョレー地方でつくられる赤ワインは多くがガメ種からつくられるとのこと。

「ボジョレー・ヌーヴォー」がワインとしても、その言葉としても世界的に有名になったので、ガメ種は「ボジョレー・ヌーヴォー」のぶどう品種と思われがちですが、ボジョレー地方ではヌーヴォー以外の赤ワインも製造しています。「ヌーヴォー」ではないボジョレーワインもぜひ試してみたいですね!

ソムリエの岩田氏は、「ガメ種は合わせる料理の汎用性が高い品種」だとおっしゃっていました。マリアージュを楽しむのにはもってこいのぶどうのようです。

2019年ボジョレー・ヌーヴォーの出来について

ボジョレー・ヌーヴォーは採れたばかりのぶどうでつくるワインだから、フレッシュさに魅力があるワイン。

今年の出来栄えについて、ジョルジュ・デュブッフ社の輸入部長であり、次期継承者のアドリアン デュブッフ ラコンブ氏は、「ビンテージが難しい年だった」と評価。
2019年は、春には霜が降り、夏は熱波、その後は雹が降るという気候変動が非常に大きい年だったと振り返ります。気まぐれな天候によって、なかには使えなくなってしまったぶどうもあり、その収穫量は全体で前年度比20%もダウンしたとのこと。

今年は天候の影響でぶどうの品質が担保されにくかった年ですが、地元生産農家との長年のつながりの中で、どこよりも早く良い状態のぶどうを買い付けるチャンスを持っているジョルジュ・デュブッフ社では、最高品質のものばかりを揃えることができました。
良い状態のぶどうの中から、さらにいいものを厳選してつくったのが、「ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー 2019」です。

また、今年は昨年よりも解禁日が1週間遅かったため、ギリギリまで収穫期を延ばしてぶどうが育つタイミングまで待ち、少しでもワインがおいしくできあがるように取り組みました。
厳選し最高品質のものだけでつくった自信作の2019年のボジョレー・ヌーヴォー。おいしさは保証済みです!

フレッシュ&カジュアル!可憐な2019年ボジョレー・ヌーヴォー

時計の針が0時を指して、ボジョレー・ヌーヴォーが解禁!

「ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー 2019」が開けられると、まるで会場に花が開いたかのような甘い香りが立ち込めました。岩田氏はこの豊かな香りを「赤や紫の花を思わせる香水のようなワイン」と表現。華やかな活力感溢れるアロマが気分を上げてくれます!

2019年のボジョレー・ヌーヴォーは、いちごやラズベリーなどの赤いフルーツを思わせる明るい味わいが特徴。みずみずしいジューシーさのなかに甘酸っぱさが豊かに香ります。
「チャーミング」と言葉がマッチするワイン!

岩田氏のフードペアリングのおすすめは、日本食。焼き鳥のタレのような甘辛さが香る料理や、家庭でつくる肉じゃが、野菜など、前菜〜メインまでフルコースで楽しんでもらえる味わいです。
赤ワインには「肉」というイメージがありますが、魚にもぜひ合わせてほしいと岩田氏。料理とワインを合わせるコツは、ワインの「色」で合わせること。赤ワインには赤い魚…サーモンやマグロなどが合うそうです。

ボジョレー・ヌーヴォーの魅力は何と言ってもその飲みやすさ。フレッシュで軽い飲み口は、どんな料理にも合わせやすい、フードフレンドリーなワインです!

今年はスパーリング・ヌーヴォーも登場!

2019年の新しいラインアップとして、「ジョルジュ デュブッフ ガメ スパークリング ヌーヴォー 2019」がお披露目されました。

赤ワインのスパークリングで、アルコール度数は低め。普段ワインを飲まない人でもカクテル感覚で楽しめる軽い味わいが特徴です。

カシスやいちごを連想するほのかな香りとジャムのような甘い味わいは、料理はもちろん、スイーツにも合わせやすいスパークリングワインです。

女子会で手土産にすれば絶対に喜ばれる味も見た目も可愛いワインです。クリスマスにぴったり!

ボジョレー・ヌヴォーは分かち合うためにつくられたワイン

フランスには、日本のように四季折々で季節を愛でる習慣はありません。
だからこそ年に一度しかないボジョレー・ヌーヴォーを開ける日は特別で、家族や友人と幸せを分かち合う、とっておきのイベントなのです。

手塩にかけたワインが世の中に出て、できあがった新酒のコルクを抜くその瞬間は一年でこの日しかなく、唯一無二なのだとアドリアン氏は考えます。

岩田氏も、ワインは人と人とをつなぐものであり、飲むことで幸せを運んでくれるのだと語ります。

宮下社長は、今日をきっかけにワインに興味を持ち、ワインをきっかけに仲間を増やし、その仲間とおいしいワインを飲み続けてほしいと、壇上で願われていました。

ワインに関わる人の持ち場はそれぞれ違っても、人との出会い、その人とのつながり、ワインを中心にした空間や気持ちのシェアを大切さに思う心は、みんな同じなのだと感じました。

解禁のこの日を待つ間の時間も、ボジョレー・ヌーヴォーの楽しみのひとつ。ツリーの下のプレゼントをクリスマスの朝に開ける子供の気分でワクワクドキドキ。
大地がくれた自然の恵みを大切な人と一緒に祝う瞬間。
誰かと分かち合う、そんなワインの嗜み方。

ボジョレー・ヌーヴォーの楽しみ方を一つでも多く知ることで、11月の第3木曜日があなたにとってもかけがえのない1日になりますように。

Sante!

 

《サントリー ボジョレー・ヌーヴォー2019詳細》
・ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー 2019
・ジョルジュ デュブッフ ガメ スパークリング ヌーヴォー 2019
https://www.suntory.co.jp/wine/special/kaikin/?nouveau=1

《ニュースリリース》
https://www.suntory.co.jp/news/article/13605.html

 

text:Mizuki